ニュース
» 2014年06月13日 19時55分 UPDATE

ドイツのW杯優勝に向けた秘密兵器? SAPと独サッカー連盟が新ソリューションを発表

サッカー向けソリューション「SAP Match Insights」をSAPとDFBが発表。データ分析によって選手のパフォーマンス向上を図る。

[ITmedia]

 独SAPは6月11日(現地時間)、ドイツサッカー連盟(DFB)との共同イノベーションプロジェクトの成果として、サッカー向けソリューション「SAP Match Insights」を発表した。本ソリューションを活用することで選手のパフォーマンスを高め、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会の優勝を目指す。

 Match Insightsは、インメモリコンピューティング「SAP HANA」プラットフォーム上で実行するもので、選手のトレーニングや事前対策、トーナメントの分析をスムーズに行うことができる。加えて、監督やスカウトは、大量のデータを処理し、各試合の主要な状況を評価することで、選手、チームのパフォーマンス向上に役立てる。Match Insightsのユーザーインタフェースは、選手や監督が容易に使用できるものだという。さっそくW杯の各試合の対策と事後分析を行っていく。

 ドイツ代表チームのマネジャーで、SAPのブランドアンバサダーでもあるオリバー・ビアホフ氏は「例えば、10分間で10人の選手と3つのボールによって、700万件以上のデータポイントが生成されることもある。HANAであれば、これらをリアルタイムで処理、分析することで、トレーニングをカスタマイズし、次の試合の対策を立てられる」とコメントする。

 DFBは以前にもHANAベースのCRMソリューションやチケッティングソフトウェアを実装し、成果を上げているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -