ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スポーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!スポーツ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でスポーツ関連の質問をチェック
「スポーツ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
1日だけのロマンスカー・ゼルビア号 「歩く楽しさ」でファンを増やす、小田急の狙い
小田急電鉄は、FC町田ゼルビアとコラボした臨時ロマンスカーを運行した。自社開発の歩数アプリ「ARUCLUB」で、サポーターたちが“みんなで1000万歩”を達成したからだ。アプリを通じてスポーツチームとコラボすることで、小田急のファンを広げる面白い取り組みだ。(2020/2/21)

池田純のBizスポーツ:
ここにきて、プロ野球以外でもIT企業が続々とスポーツビジネスに参入するワケ 「ITスポーツ第2世代」の狙いに迫る
楽天、ソフトバンク、DeNAに続き、IT企業のプロスポーツ参入が増えている。メルカリ、ミクシィ、サイバーエージェントら「ITスポーツ第2世代」の狙いはどこにあるのだろうか? そして、どのような未来が待っているのか? 横浜DeNAベイスターズの初代球団社長、池田純氏が斬る。(2020/2/20)

日本eスポーツ市場規模、2019年は60億円を突破 2022年には倍増との予想
5G開始による通信環境の進歩で、モバイル上での競技や観戦が活発になると予測。(2020/2/14)

「未来のスポーツの先生」はAI? スマホ動画で「お手本との違い」が分かる時代に
ジムにトレーナーがいない時間帯でも、AIが「正しい姿勢で筋トレができるよう」教えてくれるようになるかもしれない。(2020/2/14)

ワークマンが沖縄でも伸びている、その背景
作業服やアウトドア、スポーツウエアなどを販売するワークマンのカジュアルウエアを充実させた新業態「WORKMAN plus」。都内のショッピングモールに出店し、その後、店舗数をどんどん増やしているが、沖縄はどうなのか。(2020/2/12)

今日のリサーチ:
F1層(20〜34歳の女性)のスポーツ観戦、4割が「にわかファン」の自覚あり――ミュゼマーケティング調べ
女性のスポーツ観戦に関する意識調査です。(2020/2/6)

Spotify、スポーツPodcastのRingerを買収 「MAUの16%がPodcastを利用」
Podcastに注力するSpotifyが、スポーツPodcastのThe Ringerを買収する。同社は第4四半期決算発表で、MAUの16%がPodcastを利用し、総再生時間は昨年より200%増加したと語った。(2020/2/6)

PR:今から古参になれる! スポーツ×ライブの新感覚ステージ「スポきゅん!」公演前のメンバーインタビュー【ファンサ体験もあるよ】
イ、イケメンの宝石箱や〜!!!!(錯乱)(2020/2/7)

ナイキ話題のシューズ、そもそもなぜ厚底なのか
男女のマラソンや駅伝で好記録が相次ぎ、多くの選手が履いていたことで話題となった米スポーツ用品大手、ナイキ社製の「厚底シューズ」。そもそも、なぜ厚底がいいのか。(2020/2/3)

セレッソ大阪が映像制作会社設立 スポーツ中継「DAZN」の放映権料値上げ受け
セレッソ大阪の関連団体は、試合の中継映像を制作する会社「Studio Sakura Entertainment」を設立した。動画配信サービス「DAZN」の運営会社がJリーグの放映権を高額で取得したことを受け、新たな収入源の確保を狙う。(2020/2/3)

オフィスの空きスペースを「スポーツ空間」に変える法人サービス登場 福利厚生向けとしてテスト提供
ストレス発散に良さそう。(2020/2/3)

里崎智也インタビュー【前編】:
WBCで日本を優勝に導いた里崎智也が語る「プロ野球ビジネスのオモテとウラ」
第1回のWBCで侍ジャパンを世界一に導いた里崎智也。現役時代から頭脳派捕手として知られ、組織論のスペシャリストでもある里崎は、将来、「千葉ロッテマリーンズの社長になりたい」と公言するほど、ビジネスへの感度が高い。そんな里崎に、スポーツビジネスの観点から、日本のプロ野球ビジネスの「オモテとウラ」を聞いた。(2020/1/31)

Innovative Tech:
カメラ映像から複数人の動きを骨格・筋レベルで同時検出 東大とドコモがモーションキャプチャ技術発表
動きの激しい、多人数がプレイするスポーツでモーションキャプチャが可能な技術が開発された。(2020/1/30)

このeマイナースポーツがスゴい:
どうぶつタワーバトルがeスポーツ化していないのは“ゲームとして優秀過ぎるから”かもしれない
これからのDTBの話をしよう。(2020/2/18)

Atariがゲームホテルをオープンへ VR・ARゲームも活用、eスポーツ施設も
2020年春に米アリゾナ州フェニックスにて着工予定です。(2020/1/28)

アタリ、AR/VRゲームが楽しめ、eスポーツスタジオも備えるホテルを米国で開業へ
往年のゲームメーカーAtariが、「あらゆる年齢層がAR/VRゲームを楽しめる」コンセプトのホテルを米国で開業すると発表した。アーケードバーやeスポーツイベントを開催できるスタジオも備える見込みだ。(2020/1/28)

このeマイナースポーツがスゴい:
ブームから2年越しに考える、なぜ「どうぶつタワーバトル」は“次世代eスポーツ”と呼ばれたのか
今なお続くトッププレイヤーたちの戦い。(2020/2/4)

iPS細胞から作った軟骨の移植手術、厚労省が了承 京大が実施へ
厚生労働省は、iPS細胞から作った軟骨組織を患者に移植して治療する臨床研究について、計画の実施を了承した。近く、交通事故やスポーツで膝の軟骨を損傷するなどした患者を対象に手術を行う。(2020/1/27)

YouTube、Blizzardのeスポーツ大会実況権をTwitchから奪取 Google Cloudをインフラに
Googleがゲーム大手のActivision Blizzardとの戦略的提携を結んだ。これまでAmazon傘下のTwitchで実況してきた「Overwatch」などのeスポーツ大会の独占的実況権をYouTubeが獲得。Google Cloudがゲームホスティングインフラになる。(2020/1/26)

香川県のネット・ゲーム規制条例案、事業者にも自主規制求める文面 eスポーツの活発化にも言及
香川県のネット・ゲーム依存症対策条例案に、ゲーム開発者や通信事業者に向けた項目があると一部で話題になっている。同県はゲーム開発事業者などに依存性のあるゲームについては自主的に規制するよう求めるとしている。(2020/1/22)

アディダスが「ポケモン」コラボのスポーツウェアを発売 野球やテニスのボールが「モンスターボール」風に
ポケモンのドット絵もかわいい。(2020/1/22)

熱い逆転劇に観客どよめく ポケモンGOが見せたeスポーツとしての素質
「東京eスポーツフェスタ」でスマートフォンゲーム「ポケモンGO」の大会が行われました。エキシビジョン的な位置付けですが、その決勝戦を見た人たちは「興奮した」「鳥肌が立った」と高く評価したようです。(2020/1/21)

NTT、タイトーなどと組みeスポーツへ参入 秋葉原UDXに専用施設をオープン、「闘神祭」の主催も
NTTアドなどの関連会社とスカパーJSATも参加。おのおのが得意分野を担い、イベントの運営や人材教育などを行います。(2020/1/21)

NTT東西など、eスポーツ分野で新会社 大会運営・人材育成・動画配信など開始 秋葉原に専用施設も
NTT東西などが新会社「NTTe-Sports」を設立する。NTTグループの通信網や「ローカル5G」などの技術を生かし、eスポーツ施設の運営、動画コンテンツの配信、自治体と連携したイベントの開催などを手掛けていく。(2020/1/21)

サードウェーブ、ゲーミングPCを無料貸与する「新eスポーツ部発足支援プログラム」
サードウェーブは、ゲーミングPCと高速通信回線をセットにした1年間無償で提供する「新eスポーツ部発足支援プログラム」を開始した。(2020/1/21)

意外とかっこいい インド生産の150ccスポーツネイキッド、写真で見るスズキ「ジクサー」【写真15枚】
価格は35万円前後から。(2020/1/21)

女子アスリート新年会! 潮田玲子、宮里藍、田中琴乃、狩野舞子ら“日本スポーツ界の華”集結で笑顔が咲き誇る
みんな華があるなぁ。(2020/1/20)

映像から複数人の激しい動きを解析、東大とドコモが技術開発 ディープラーニング活用
東京大学とNTTドコモが、ディープラーニングを活用し、カメラ映像から複数人のモーションキャプチャーを行う技術を開発。スポーツやエンターテインメント領域、介護・リハビリ現場などでの活用を目指す。(2020/1/17)

新連載 池田純のBizスポーツ:
ソフトバンク、楽天、DeNA ……IT企業とスポーツビジネス  “三社三様”の関わり方
スポーツとビジネスに詳しい池田純氏の新連載。昨今、IT企業が続々とスポーツに参入している。プロ野球ではソフトバンク、楽天、DeNAが球団を経営。他にはミクシィ、アカツキ、メルカリといった名だたる企業がスポーツ業界に参入し始めている。まずはプロ野球3球団の例から、背景を読み解く。(2020/1/16)

eスポーツで不登校を克服 ゲームを通して社会性を養う高校
eスポーツの専門コースを持つ大阪府のルネサンス大阪高等学校では、eスポーツを通じて、不登校や引きこもりだった生徒の社会復帰を後押ししている。ゲーム依存症などネガティブな面もあるが社会性を育む教材として使えるなど利点もあるため、今後の研究に期待が掛かる。(2020/1/15)

美女揃いのステージで栄冠を手にしたのは……! オートサロン恒例「レースクイーン大賞」発表 RQ卒業する川村那月がグランプリ
またいつかモータースポーツの現場に戻って来てほしい。(2020/1/11)

東京eスポーツフェスタ:
「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」決勝戦、Youtubeで生配信
eスポーツイベントを運営するRAGEは、1月11日に開催する「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント大会」の決勝を当日の17時頃からYoutubeチャンネル「esprts_RAGE」で生配信する。(2020/1/10)

画像から人物の骨格を推定、ディープラーニング活用の無料サービス
画像から人物の骨格を自動で検出するAIツールを、ユーザーローカルが無償で公開。スポーツや医療、教育分野などでの活用を見込む。(2020/1/9)

うぉぉ、アレだ! ついに出る? スズキがスイスポの激シブマッチョカスタム「スイフトスポーツ カタナ」初披露
東京オートサロンで参考出品。すぐ正式販売すればいいのにー、ってやつ。(2020/1/8)

映像分析やSNS、4K8K放送――技術で変わる五輪の見方
スポーツ観戦の在り方は、映像技術やソーシャルメディアの発展で変化を続けている。映像分析による競技のデータ化や、SNSで情報発信しながらスポーツを楽しむ観戦スタイル、総務省が普及を目指す4K8K放送などにより、東京五輪でもさまざまな観戦風景が見られるだろう。(2020/1/8)

オフラインでもアウトドアマップが使えるWear OS搭載スマートウォッチ「SUUNTO 7」
フィンランドのSUUNTOがスポーツウォッチ「SUUNTO 7」を発売。Snapdragon Wear 3100を搭載したスマートウォッチでもある。フルカラーのアウトドア用マップを搭載し、オフラインでもルートを検索できる。(2020/1/7)

こんな深キョン見たことない! 深田恭子、ガシガシ鍛える筋トレ動画で“おっとりイメージ”を覆す
意外にもスポーティーな深田さん。(2020/1/6)

ASUSとNVIDIAが360Hz駆動対応のeスポーツ向け高機能ゲーミングディスプレイを開発
ASUSとNVIDIAは、360Hz駆動を実現したG-SYNC対応ゲーミング液晶ディスプレイの発表を行った。(2020/1/6)

武器は「マウス」と「キーボード」:
高校生たちが青春をかける熱き戦い――「第2回全国高校eスポーツ選手権大会」決勝戦レポート
12月28日と29日の両日で、毎日新聞とサードウェーブが共催する「第2回全国高校eスポーツ選手権大会」の決勝トーナメントが開催された。この記事では、高校生たちが2つのPCゲームで火花を散らした模様をお伝えする。(2019/12/30)

「第2回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会が12月28日と29日に開催 EBiS303にて
サードウェーブと毎日新聞社は12月28日と29日に、全国の高校生を対象にした「第2回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会を、東京・恵比寿のEBiS303で開催する。観戦は無料で、公式サイトで申し込みを受け付けている。(2019/12/27)

日本最大級のeスポーツ施設「REDEE」、20年3月大阪にオープン
日本最大級のeスポーツ施設「REDEE WORLD」が2020年3月に大阪で開業予定。eスポーツの大会を開催できる会場や、ゲームを遊べるエリアなどを用意する。(2019/12/25)

小5男子の体力、過去最低に スマホ普及で運動不足に?
スポーツ庁は、2019年度全国体力テストの結果を公表した。小中の男女とも成績を落とし、小5男子は調査開始以降で最低となった。スポーツ庁はスマートフォンの普及などで運動時間が減少したことが背景にあるとしている。(2019/12/25)

建材:
意匠性チタン「TranTixxii」が新潟県の基幹スポーツ施設「謙信公武道館」で採用
日本製鉄が2017年にリリースした意匠性チタン「TranTixxii」は、軽量(比重は、鉄の60%、銅の50%程度)で、高所作業の効率化や工期短縮、耐震性向上による躯体構造への負荷軽減に役立つ点などで評価されており、堅調に導入件数を増やしている。2019年12月1日には、新潟県上越市で開業した「謙信公武道館(新潟県立武道館)」の外装(屋根)とサインにも採用された。(2019/12/25)

マツダ「東京オートサロン」出展概要を発表 「CX-30」日本初公開のカスタムモデル、レーシーな「マツダモータースポーツコンセプト」など披露
MAZDA3やロードスターには「マツダモータースポーツコンセプト」が公開予定。(2019/12/24)

ポケモンGOのeスポーツ大会が開催決定 ポケモン集め→バトルの2段構えで体力&知力が試される
予選のポケモン集めが早かった順に上位16人が決勝トーナメントへ。(2019/12/17)

ガーミン初、ソーラー充電に対応したスポーツ向けGPSウォッチ発売 GPSや心拍計も搭載
ガーミンジャパンは、ランニングや登山、ゴルフなどのスポーツシーンを想定したGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売する。同社初のソーラー充電モデルだ。(2019/12/17)

ポケモンGO、eスポーツになる 20年1月にお台場でイベント実施
2020年1月に開催するeスポーツの祭典「東京 eスポーツフェスタ」で「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」が実施される。(2019/12/16)

2019年最も活躍したアスリートは「羽生結弦」 笹川スポーツ財団が調査結果公表
2019年のスポーツ界をプレイバック!(2019/12/13)

“ビーマニ”がeスポーツ化 プロテスト合格者でチーム対抗戦 20年5月から
コナミアミューズメントが「beatmania IIDX」をeスポーツ化。プロリーグ 「BEMANI PRO LEAGUE」を2020年5月から始める。追ってプロテストを開催し、合格者のみで4人1組のチーム戦を行う。(2019/12/13)

ガーミン、ソーラー充電付きGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」12月19日発売 13万円〜
ガーミンジャパンは、12月19日にマルチスポーツGPSウォッチ「fenix6X Pro Dual Power」を発売。同社初のソーラー充電機能を備え、スマートウォッチモードで合計約24時間分の充電が可能となる。(2019/12/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。