ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「e-Sports」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「e-Sports」に関する情報が集まったページです。

eスポーツで不登校を克服 ゲームを通して社会性を養う高校
eスポーツの専門コースを持つ大阪府のルネサンス大阪高等学校では、eスポーツを通じて、不登校や引きこもりだった生徒の社会復帰を後押ししている。ゲーム依存症などネガティブな面もあるが社会性を育む教材として使えるなど利点もあるため、今後の研究に期待が掛かる。(2020/1/15)

東京eスポーツフェスタ:
「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」決勝戦、Youtubeで生配信
eスポーツイベントを運営するRAGEは、1月11日に開催する「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント大会」の決勝を当日の17時頃からYoutubeチャンネル「esprts_RAGE」で生配信する。(2020/1/10)

CES 2020:
全機能をサポートするミドルレンジGPU 「Radeon RX 5600」シリーズの実力は?
AMDが、Radeon 5000シリーズのミドルレンジ向けGPUの新製品を4つ発表した。「CES 2020」の基調講演では、デスクトップPC向けの「Radeon RX 5700 XT」に焦点を当てた説明が行われた。その実力は、いかに?(2020/1/9)

CES 2020:
ゲーミングノート「Dell G5 15 Special Edition」にRyzenモデル登場 最新CPU+GPU搭載で799.99ドルから
DellブランドのゲーミングノートPCに最新RyzenとRadeonを搭載するモデルが登場。価格は799.99ドルからと、ゲーミングノートPCとしては手頃だ。合わせて、Alienwareブランドの最新ゲーミングディスプレイも登場する。(2020/1/7)

ASUSとNVIDIAが360Hz駆動対応のeスポーツ向け高機能ゲーミングディスプレイを開発
ASUSとNVIDIAは、360Hz駆動を実現したG-SYNC対応ゲーミング液晶ディスプレイの発表を行った。(2020/1/6)

21年卒に聞く「希望の就職先」、商社・旅行会社・メーカーが人気 IT系ではAmazonが上位に
21年に卒業予定の大学生・大学院生が、「将来はここに就職したい」と考えている企業は? 就職情報サイトを運営する学情が調査結果を発表。1位は伊藤忠商事で2位はJTBグループだった。IT企業ではアマゾンジャパン(17位)が最上位だった。(2020/1/6)

食品メーカーも好調:
前年107位の任天堂が9位に躍進 21年卒の就活人気企業ランキング
就活情報サイトを運営する学情が、21年卒の就活人気企業ランキングを発表。1位は伊藤忠商事で、総合商社や食品メーカーが好調だった。(2020/1/5)

武器は「マウス」と「キーボード」:
高校生たちが青春をかける熱き戦い――「第2回全国高校eスポーツ選手権大会」決勝戦レポート
12月28日と29日の両日で、毎日新聞とサードウェーブが共催する「第2回全国高校eスポーツ選手権大会」の決勝トーナメントが開催された。この記事では、高校生たちが2つのPCゲームで火花を散らした模様をお伝えする。(2019/12/30)

「第2回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会が12月28日と29日に開催 EBiS303にて
サードウェーブと毎日新聞社は12月28日と29日に、全国の高校生を対象にした「第2回全国高校eスポーツ選手権」の決勝大会を、東京・恵比寿のEBiS303で開催する。観戦は無料で、公式サイトで申し込みを受け付けている。(2019/12/27)

日本最大級のeスポーツ施設「REDEE」、20年3月大阪にオープン
日本最大級のeスポーツ施設「REDEE WORLD」が2020年3月に大阪で開業予定。eスポーツの大会を開催できる会場や、ゲームを遊べるエリアなどを用意する。(2019/12/25)

折りたたみ、中国メーカーの躍進、5G──2020年のスマートフォンはどうなる? 19年の業界トレンドまとめ
2020年には次世代通信規格「5G」の商用サービス開始を控えており、ハイエンドスマホの動向も気になるところ。今年のスマホトレンドを振り返りながら2020年を展望する。(2019/12/24)

軽減税率、闇営業……今年の「新語・流行語」に景気減速の兆し
今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」の年間大賞に、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表のスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」が輝いた。令和の新時代を迎え、日本列島全体が明るい空気に包まれた今年ならではの言葉といえる。(2019/12/18)

ポケモンGOのeスポーツ大会が開催決定 ポケモン集め→バトルの2段構えで体力&知力が試される
予選のポケモン集めが早かった順に上位16人が決勝トーナメントへ。(2019/12/17)

ポケモンGO、eスポーツになる 20年1月にお台場でイベント実施
2020年1月に開催するeスポーツの祭典「東京 eスポーツフェスタ」で「ポケモンGO ゲット&バトルトーナメント」が実施される。(2019/12/16)

“ビーマニ”がeスポーツ化 プロテスト合格者でチーム対抗戦 20年5月から
コナミアミューズメントが「beatmania IIDX」をeスポーツ化。プロリーグ 「BEMANI PRO LEAGUE」を2020年5月から始める。追ってプロテストを開催し、合格者のみで4人1組のチーム戦を行う。(2019/12/13)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「ハイエンドに集中する方針は間違っていない」 ASUSに聞く「ROG Phone II」の秘密とSIMフリー戦略
2019年から、ハイエンドモデルに注力する戦略にシフトしたASUS。ミドルレンジ以下のモデルを大幅に減らしつつも、フリップカメラを搭載した「ZenFone 6」や「ROG Phone II」は、“ASUSらしさ”がいかんなく発揮された端末だ。ROG Phone IIの特徴を中心に、ASUS JAPANの端末戦略を聞いた。(2019/12/12)

HHKBがラインアップを一新:
PFUの「Happy Hacking Keyboard Professional」がUSB Type-CとBluetooth両対応に進化、シンプルな有線モデルも用意
PFUが、「Happy Hacking Keyboard Professional」シリーズのラインアップを一新した。何を残して何を新しくしたのか、発表会の模様をお届けする。(2019/12/11)

AMDが「Radeon Software」最新版をリリース UIを一新し安定性も向上
AMDのGPU「Radeon」用のソフトウェアが最新版となった。グラフィックスドライバーの安定性を向上し、ゲーミングに便利な機能を追加・改善した。(2019/12/10)

Xtrfy、eスポーツ対応をうたうUK配列ゲーミングキーボード
テクテクは、Xtrfyブランド製のUK配列ゲーミングキーボード「K4」シリーズ2製品の取り扱いを開始する。(2019/12/6)

格ゲーの駆け引きはAIにもできる? 憧れのプロ選手、AI化の可能性も
ゲーム業界のAI活用が進んでいる。最近では、人間の操作を学習するキャラクターAIも登場。テクニカルライターの西川善司さんが、昨今のゲームAI事情をまとめた。(2019/12/6)

無線LANはWi-Fi 6よりも「IPv6ブースト」が狙い目:
PR:「IPv6ブースト」って何だ? アイ・オー・データ機器のWi-Fiルーターがインターネットを加速する
無線LANの新規格Wi-Fi 6が話題を集めている。しかし、インターネット回りの高速化は他にも手がある。その1つ、アイ・オー・データ機器が手がける「IPv6ブースト」に注目した。(2019/12/5)

JeSU、物議を醸した「プロライセンス制度」の説明文を掲載 “ライセンス外の賞金制大会”は「実施できる」
プロライセンス制を介しない賞金制大会が実施できる可能性にも言及しています。(2019/12/2)

【追記あり】プロゲーマー・ももち選手がJeSUのプロライセンスを取得
ライセンス制の是非を巡って議論が続いていました。【追記】ももち選手による報告内容を追記しました。(2019/12/2)

高橋名人の仕事哲学【中編】:
高橋名人が明かす「裏技」誕生秘話 私が「冒険島」になった理由
かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。在職中は「名人」として全国各地を渡り歩き、テレビゲームの普及活動に務めただけでなく、「裏技」「ゲームは1日1時間」という言葉の考案者の一人でもある。中編では、いかにしてファミコンの「名人」になったのか、「裏技」という言葉はどうやって生まれたのか。その誕生秘話をお届けしよう。(2019/11/29)

これが“ときど式”努力のやり方 東大卒プロゲーマー・ときどが実践する「努力2.0」がビジネス書に
格闘ゲーマーからビジネスパーソンまで。(2019/11/29)

高橋名人の仕事哲学【前編】:
“元祖プロゲーマー”高橋名人が明かす「日本のeスポーツの課題と戦略」
かつて「名人」と呼ばれた男がいたことを覚えているだろうか――。ハドソンの広報・宣伝マンを務め、「16連射」で名高い高橋名人だ。名人は近年、「一般社団法人e-sports促進機構」の代表理事を歴任するなど、国内のeスポーツ振興にも尽力している。日本のeスポーツはどうなっているのか。現状の問題は何なのか。高橋名人を直撃した。(2019/11/28)

「ROG Phone II」発表会レポート ゲームプレイを支援する周辺機器にも注目
ASUSの最新ゲーミングスマホ「ROG Phone II」は、高いスペックはもちろんだが、ゲームプレイを支援する周辺機器にも注目したい。ゲームパッドや2画面化するアイテムがある。「ROG Kunai Core Gamepad」と「TwinView Dock II」をセットにしたモデルも。(2019/11/20)

スマホ片手に体育の授業 ARゲームを教育に取り入れた高校
筑波大学附属高等学校がスマートフォンのARゲームを使った体育の授業を報道陣に公開した。きっかけは生徒が作った企画書。スマートフォンを片手に武道場を走ったり、飛び跳ねたりする。(2019/11/12)

国内eスポーツ大会の賞金減額問題、JeSUがライセンス制度に関する説明文を作成中 公開日は未定
東京ゲームショウ2019で行われたeスポーツ大会の賞金について、JeSUに取材を申し入れました。(2019/11/8)

いよいよ発足:
eスポーツ、高校でも普及するか 全国高等学校eスポーツ連盟が乗り越えるべきハードルと見習うべき「米国モデル」
全国高等学校eスポーツ連盟(JHSEF)が11月1日に発足。eスポーツに関する啓発活動などを交え、保護者や教師などに存在する「eスポーツ=ゲーム」という認識を払拭(ふっしょく)していくという。海外にを移すと、米国では学術的調査やビジネスとの関連付けで着々と加盟校を増やしている。(2019/11/8)

ミクシィ「モンスト」のキーマンを直撃【後編】:
高額賞金難しいeスポーツ 「モンスト」が“1億円の大会”を運営する秘訣に迫る
全世界で5000万人以上が遊ぶeスポーツ「モンスターストライク」――。日本では法律の壁などもあり、高額賞金が難しいとされる中、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」は、国内初の賞金総額1億円の大会となった。賞金総額1億円という「不可能を可能にした仕掛け」はどこから生まれたのか。大会の運営責任者であるミクシィの田村征也執行役員に聞いた。(2019/11/8)

“教育現場でのeスポーツ”を支える「全国高等学校eスポーツ連盟」が正式に設立
毎日新聞社とサードウェーブは、一般社団法人全国高等学校eスポーツ連盟の設立を発表した。(2019/11/7)

高校でのeスポーツ普及を後押し 全国組織「全国高等学校eスポーツ連盟 」設立
毎日新聞とサードウェーブが、高校eスポーツの全国組織「全国高等学校eスポーツ連盟 」を設立した。eスポーツクラブの設立を支援したり、全国大会を開いたりする他、eスポーツの利点と課題を研究する。(2019/11/7)

プロジェクト:
竹芝地区再開発の名称が「東京ポートシティ竹芝」に決定
東急不動産と鹿島建設が、東京都港区で、展開する「竹芝地区開発計画」はA街区のオフィスタワーと、B街区のレジデンスタワーで構成されている。A街区にはオフィスビルや展示場、飲食店などが設置され、B街区には共同住宅や店舗、保育所などが整備される。2019年11月5日、両街区の総称が「東京ポートシティ竹芝」に決まった。(2019/11/7)

ミクシィ「モンスト」のキーマンを直撃【前編】:
賞金総額1億円! 14万人超が決勝を“観戦”した「モンストグランプリ」運営責任者が明かす「eスポーツの隆盛」に欠かせないもの
全世界で5000万人以上が遊ぶeスポーツ「モンスターストライク」――。日本では法律の壁などもあり、高額賞金が難しいとされる中、「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」は、国内初の賞金総額1億円の大会となった。今後、日本のeスポーツがより盛り上がりを見せていくためにはどうすべきなのか。大会の運営責任者であるミクシィの田村征也執行役員にその戦略やビジョンを聞いた。(2019/11/7)

eスポーツイベント「RAGE」、11月23日に開催 メインスポンサーはシャープ
eスポーツイベント「RAGE 2019 Winter powered by SHARP」が11月23日に幕張メッセで開催される。メインスポンサーにはシャープが付き、会場では「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」「AQUOS zero2」の展示も行う。(2019/11/5)

「“カプ婚”です!」 グラビアアイドル倉持由香、ゲーマーとの結婚を発表! 出会いのきっかけは「ストリートファイターIV」
交際期間は約10年とのこと。(2019/11/5)

eスポーツが身近に:
仮装しながらアキバでバトルロイヤル!?――マウスコンピューターの「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」レポート
各所でハロウィンパーティーが開かれる中、秋葉原ではマウスコンピューター主催「ドン勝ハロウィンナイト Vol.2」が開催された。「ドン勝」の称号を得たのは誰だ?(2019/11/5)

大阪・日本橋に“eスポーツ特化型ホテル”2020年4月開業へ 開業記念宿泊プランの販売開始
ホテル名は「e-ZONe 〜電脳空間〜」。(2019/11/4)

「どれだけ研鑽を積めばウメハラの領域にいけるのか」 東大卒プロゲーマー・ときどが語るeスポーツ界の新たな課題と“最強”への道筋
人気・実力ともにトップクラスのプロゲーマー。(2019/11/2)

開発陣に聞く:
ミッドレンジとハイエンドを“再定義” シャープに聞く、2019年秋冬モデルの狙い
シャープは電気通信事業法の改正法「なんとなくハイエンドスマホを選ぶ文化の終焉」と捉え、AQUOS senseシリーズを強化。メーカーの“顔”となるハイエンドスマートフォンにも、従来以上の明確な売りを作った。そんな同社の新戦略と、その下で生み出された各機種の特徴をインタビューで深掘りした。(2019/11/1)

2020年にヒットしそうなもの第1位はやっぱり「オリンピック」 博報堂生活総研「2020年ヒット予想」
オリンピック、始まったら楽しめる気はしている。(2019/10/31)

eスポーツにも最適:
ワンランク上のゲーミング環境を手に入れる! NEXTGEAR-NOTE i7941とマウス&ヘッドセット
2019年で15周年を迎えたマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」シリーズに、マウスやヘッドセットといったゲーミングデバイスが登場した。17.3型ノートPCのG-Tuneとセットで見ていこう。(2019/10/27)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
元FREETELの増田氏とタッグ Blacksharkが日本のSIMフリー市場に参入する狙い
Xiaomiが出資するBlacksharkのスマートフォン「Black Shark2」が日本で発売。メモリ6GB、ストレージ128GB版は、4万9800円(税別)という価格を打ち出した。ハイエンド機の割合が少ない日本のSIMフリー市場に、なぜBlacksharkは参入したのか?(2019/10/25)

eスポーツ「シャドウバース」プロリーグが地上波初放送 100万ドル獲得の世界王者ら激突
ついにテレビでeスポーツ大会が。(2019/10/23)

クリエイター向けの特別モデル「Xperia 1 Professional Edition」登場 SIMフリーで14万3000円(税別)
ソニーが「Xperia 1 Professional Edition」を10月25日に発売する。クリエイター向けにカスタマイズした特別仕様のモデル。1台ずつ測定器で色温度を調整し、USB Type-C経由で有線接続できる機能も備えた。デュアルSIMに対応し、ストレージは128GBを内蔵する。(2019/10/23)

「箱根や甲子園のような大会に」 eスポーツの大学リーグ創設へ、関西の大学生ら奮闘
関西の大学生が中心となりコンピューターゲームの腕前で勝敗を競う「eスポーツ」の学生リーグをつくる動きが出ている。(2019/10/23)

マウス、「よしもとゲーミング」参加イベントにゲーミングPCを機材提供
マウスコンピューターは、プロゲーミングチーム「よしもとゲーミング」が参加するイベントにG-Tune製品の機材提供を行うと発表した。(2019/10/18)

Planet9は日本でも展開:
AcerがゲーミングとChromebookに注力するワケ――ジェイソン・チェン会長兼CEOに聞く
日本エイサーが、税込み約350万円のゲーミングチェア「Predator Thronos」を日本でも投入した。来日しているAcerのジェイソン・チェン会長兼CEOにその狙いや今後の取り組みを聞いた。(2019/10/16)

約8割が「5G」を認知 期待は「ネット利用のしやすさ」 ジャストシステムの調査
ジャストシステムは、10月10日に「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年9月度)」の結果を発表した。約8割が「5G」を認知し、期待している内容は「インターネットが利用しやすくなる」が最も多くなった。(2019/10/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。