ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「動的」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「動的」に関する情報が集まったページです。

SQL Server動的管理ビューレファレンス(2):
Always On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回はAlways On 可用性グループで試行したページの自動修復情報を出力する「sys.dm_hadr_auto_page_repair」を解説します。(2020/3/6)

28GHz帯5G電波の透過や反射を制御 ドコモが実証実験に成功
NTTドコはAGC協力のもと、高い透明性を維持しながら電波の反射・透過を制御する「透明動的メタサーフェス」のプロトタイプを開発。基地局の設置が困難な場所でもきめ細やかな5Gエリアの構築が可能となる。(2020/1/20)

あらためて考えるSD-WAN導入の目的:
PR:SD-WANで実現する「WANの完全仮想化」、インターネットブレークアウトだけがSD-WANの価値ではない
「インターネットブレークアウトのためだけにSD-WANを導入することは非常にもったいないこと」とシスコシステムズは言う。なぜならば、単一機能の実現を目指すことによって、硬直化したWAN環境を根本的に見直す機会を先延ばししてしまうリスクが生じるためだ。世界に目を向けると、SD-WANによる「WANの完全仮想化」の実現により、トップ企業や組織はその競争力をさらに向上させている。総合的なSD-WANアーキテクチャには、WAN活用の最適化を促し、「CI/CD」や「クラウドファースト」という言葉に象徴される企業の機動的なIT活用を支える力があるからだ。あらためて、SD-WANがユーザーにもたらす価値とは何だろうか。(2019/10/23)

アナログ・デバイセズ ADuM4122:
2段階ドライブ能力を持つ絶縁型ゲートドライバー
アナログ・デバイセズは、2段階のドライブ能力を持つ絶縁型ゲートドライバー「ADuM4122」を発表した。同ドライバーを採用することで、低速および高速スイッチングへの動的な移行が可能となり、高効率のままEM放射と消費電力を抑えられる。(2019/10/4)

DT10活用セミナー 成功体験を共有する「Heartland Day 2019」:
PR:東芝テックとクラリオンの事例から探る、ソフトウェアの動きを“見える化”する動的テストツールの活用法
ハートランド・データの動的テストツール「DT10」のユーザーが、自らの改善例を紹介する事例紹介セミナーが今年(2019年)も開催された。本年から「Heartland Day 2019」と改称されたが、全てのDTユーザーに成功体験を共有する目的に変わりはない。当日は東芝テックやクラリオンのスペシャルセッションに聴講者の熱い視線が注がれた。(2019/9/27)

学生フォーミュラ2019:
波乱の学生フォーミュラ2019、名工大が安定感ある走りで優勝
「学生フォーミュラ日本大会2019」が2019年8月27〜31日にかけてエコパ(小笠原総合運動公園、静岡県袋井市・掛川市内)で開催された。強豪校がマシントラブルに見舞われる中、名古屋工業大学が動的審査のエンデュランス(約20kmの耐久走行)で圧倒的な走りを見せ、悲願となる初の総合優勝を遂げた。(2019/9/3)

FAニュース:
省スペースでチタンなど難削材にも対応、高速、高精度の立形マシニングセンタ
DMG森精機は、省スペースで自動化できる立形マシニングセンタ「DMP 70」を発売した。優れた動的性能と高速、高精度加工により、自動車部品の量産加工から医療部品、難削材の加工に柔軟に対応する。(2019/7/26)

定期的な見直しが大切
VDIの“リソース過剰割り当て”を防ぐ方法 「動的メモリ」は要注意?
IT管理者は仮想デスクトップインフラ(VDI)のリソースをバランスよく割り当てる必要がある。そのための方策を幾つか紹介しよう。(2019/7/19)

医療技術ニュース:
メタボリックシンドロームの未病を科学的に検出
富山大学は、動的ネットワークバイオマーカー理論に基づくデータ解析により、メタボリックシンドロームの未病を科学的に検出した。予防および先制医療への活用が期待される。(2019/7/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(84):
Azure Update Managementの新機能――Azure以外のマシンの動的グループ
「Azure Update Management」で、Azure以外のマシンの動的対象化が正式に利用可能になりました。動的対象化(動的グループ)は更新プログラムの展開ごとにメンバーが評価されるため、特に定期実行スケジュールにおいて、これまでのマシンの個別指定よりも柔軟性が増します。(2019/7/16)

CAEニュース:
機械学習処理を活用したJAXA開発の国産解析技術をヴァイナスが商用化
ヴァイナスは、機械学習処理による固有直交分解(POD)、動的モード分解(DMD)システム「FBasis V1」の国内リリースを2019年7月4日から開始すると発表した。(2019/7/3)

トヨタ紡績、国内初出展:
「人の感情を読み取るシート」で快適環境を実現
トヨタ紡績は、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、乗員の感情を判断して車室内環境を快適なものに変化させる動的快適システム「Aces IUS」を国内初出展した。(2019/5/29)

「涙出る」「感動的なシーン」 高橋ユウ、ハワイ挙式の“裏側”で母と抱き合う幸せいっぱいの家族ショットに反響
これは泣いちゃう。(2019/5/22)

既存SQLクエリをテストしてすぐ書き換え可能
動的SQLも漏れなくチェックするDB移行支援ツール「Insight Database Testing」
インサイトテクノロジーが新たに販売開始したデータベース移行支援ツールが「Insight Database Testing」だ。ユーザーは移行先データベースでSQL文を実行した結果を確認し、その場でSQL文の修正とテスト実行ができる。(2019/5/8)

キーワードは「可視化」と「インテリジェント化」:
PR:新たな脅威に動的に対応し、利便性とセキュリティを両立させる“次々世代”ファイアウォール/IPSの実力
一般企業でも大学でも、クラウド利用が進むことで、ネットワークセキュリティについての考え方を変えざるを得ない状況が生まれている。もはや「利便性とセキュリティは両立しない」と言っていられる時代ではなくなってきた。そうした中、同志社大学の見いだした“現実解”とは?(2019/4/24)

京大の「ニコ動的講義」が話題に 講師と学生がスライド上のコメントを介して交流
講師と学生のやりとりが、生主と視聴者のそれ。(2019/4/12)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(1):
SQL Serverの動的管理ビューとは?
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。(2019/3/29)

使えるダイナミック広告 特別編:
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動的リターゲティングで成果を出すための3つのポイント
Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の動的ディスプレイ広告とはどのようなものか。その魅力と運用のポイントを解説する。(2019/3/27)

ユーザーに合わせた広告クリエイティブを自動生成:
ヤフー、YDNに新メニュー「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」を追加
ヤフーは「動的ディスプレイ広告(Dynamic Ads for Display)」の提供を開始した。(2019/2/15)

MONOist 2019年展望:
レベル3の自動運転の普及は伸び悩む? 提案は無人運転シャトルや小口配送に
「レベル3のシェアは2030年から横ばい」という市場予測を反映してか、2019年のCESでは無人運転車に関する展示が多くみられた。ドライバーが運転に復帰する必要のあるレベル3の自動運転と、システムが全ての動的運転タスクを担うレベル4〜5。それぞれについて、2019年は法的な議論や技術の熟成が一層進みそうだ。(2019/1/22)

デジタル変革のカベにぶつかった企業に贈る:
PR:コンテナ/Kubernetesで「クラウドネイティブ」のメリットを最大限享受するために避けては通れない道
企業が「スピード」と「柔軟性」を得るためのアプローチの一つとして注目を集めるようになった「クラウドネイティブ」。「マイクロサービス」や「コンテナ/Kubernetes」などのキーワードは理解されてきてはいるものの、実際に取り組みを進めるとうまく現場に落とし込めず、結果、コンテナベースでマイクロサービスを動的にスケーリングさせられないなど、カベにぶつかることが多い。では、そのカベはどうすれば壊せるのだろうか。(2018/11/29)

Dockerコンテナとネットワーク(後編)
コンテナ/マイクロサービスが機能する鍵は「DNS」
コンテナを動的に立ち上げてマイクロサービスとして機能させるには、各コンポーネントが相互にリンクしていなければならない。そのために必要なものとは?(2018/11/21)

Tech TIPS:
念願の動的な解像度変更に対応したWindows 10の「Microsoftリモートデスクトップ」アプリを使う
Microsoft Store版のリモートデスクトップ接続アプリは、複数の接続をまとめて管理する機能や動的な画面解像度(画面サイズ)の変更をサポートしている。ただし日本語キーボードのサポートにやや難があるので注意が必要だ。(2018/11/16)

3Dプリンタニュース:
数十秒で出力できる3D造形装置、東大とJSTが開発
東京大学と科学技術振興機構(JST)は、数秒から数十秒で出力でき、素材も再利用可能な3次元物体造形装置「Dynablock」を開発した。色や質感や形が動的に変わる機能性を持つ物体の造形や、3次元実体ディスプレイへの応用を目指す。(2018/11/2)

人工知能ニュース:
ルネサスの組み込みAIの性能が10倍に、独自開発の「DRP」で実現
ルネサス エレクトロニクスは、同社の組み込みAIソリューション「e-AI」における画像処理性能を従来比で10倍に向上できるマイクロプロセッサ「RZ/A2M」を開発した。最大の特徴は、独自に開発した動的に再構成が可能なプロセッサ技術「DRP」の採用になる。(2018/10/5)

DT10活用セミナー:
PR:三菱電機、オムロンが動的テストツール活用のリアルな成功事例を披露
ハートランド・データ「DT10」のユーザーが自らの改善例を紹介する事例紹介セミナーが今年(2018年)も開催された。今回は“コード変更による影響範囲の特定”にフォーカスした、三菱電機とオムロンのスペシャルセッションに注目が集まった。(2018/10/1)

変わるWindows、変わる情シス:
第27回 もう何も信じない――セキュリティの新常識「ゼロトラストネットワーク」って何ですか?
「信頼しない」ことを前提にしたアクセス認証のシステム「ゼロトラストネットワーク」を知っていますか? 機械学習をベースにした動的ポリシーで、どんな状況にも対応できるセキュアな環境を作る……難しそうに思うかもしれませんが、Windows 10を使いこなすことで、意外と簡単に実現できるのです。(2018/9/27)

今後は仮想化が進む
ネットワーク管理ツール「ADC」に加わる新機能 柔軟で動的なツールに変化
DevOpsの成熟とマイクロサービスの普及に伴い、アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)に魅力的な新機能が加わっている。ネットワーク管理者は今こそADCを見直してみよう。(2018/9/25)

Angular TIPS:
Angularでルーティング機能を実装するには? - RouterModule
RouterModuleを使用して、Angularアプリにルーティング機能を実装し、ページ内に表示する内容を動的に切り替える方法を説明。(2018/8/30)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly製品導入ガイド クラウドネイティブアプリケーション導入戦略ガイド
クラウドネイティブを採用すれば、アプリは一層動的になる。本稿ではクラウドネイティブアプリがいかにアジリティーを促進させるか、コンテナベースのプラットフォームをどう構築するか、開発者はどんなアプローチを採るべきかについて解説する。(2018/8/14)

対応製品の登場も間近:
「HDMI 2.1」 8K対応や動的HDRなど新機能を振り返る
「HDMI 2.1」は、テストスペックの仕様書が2018年第2〜第3四半期に段階的に公開される予定であり、実際に製品が市場に出てくるのは間近だと考えられる。そこで、HDMI 2.1の特徴的な機能を振り返ってみたい。(2018/7/24)

SQL Serverトレースフラグレファレンス(34):
【トレースフラグ 2371】──統計情報の自動更新における閾値の動的制御
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ2371の詳細と使い方」を解説します。(2018/7/24)

新会社を設立:
三井物産とヤフー、ダイナミックプライシング事業を本格始動 ぴあも参加
三井物産とヤフーは6月1日、需要と供給に応じてチケットなどを動的に価格調整する「ダイナミックプライシング」を手掛ける新会社「ダイナミックプラス」(東京都千代田区)を設立した。チケット最大手のぴあも資本参加する。(2018/6/4)

新たなエクスペリエンスを生むために
いまさら聞けないチャットbotと仮想アシスタントの違い
仮想アシスタントとチャットbotの違いについて、Forresterのトーマス・ハッソン氏に解説してもらった。同氏によると、一方は「動的FAQ」に、他方はサードパーティーの情報を集めるプログラムに近いという。(2018/5/28)

ウフル enebular:
エッジに組み込むAI推論モデルを動的に入れ替え、ウフルが「enebular」に新機能
ウフルはIoTサービス「enebular」について、AIのエッジ層での実運用を支援する「enebular AI empowerment」の開発を発表。2018年春から、enebular AI empowermentを用いたPoCを開始し、同年夏〜秋にかけて正式提供を始める計画だ。(2018/4/18)

人工知能ニュース:
エッジに組み込むAI推論モデルを動的に入れ替え、ウフルが「enebular」に新機能
ウフルは、IoTオーケストレーションサービス「enebular(エネブラー)」について、AIのエッジ層での実運用を支援する「enebular AI empowerment」の開発を発表。2018年春から、enebular AI empowermentを用いたPoC(概念実証)を開始し、同年夏〜秋にかけて正式提供を始める計画だ。(2018/4/3)

使えるダイナミック広告 最終回:
Indeedで求人効果を最大限に高めるデータフィード構築術
動的な広告配信をはじめ、企業が持つアイテムデータをデータフィードとして活用する手法が注目されています。今回は求人検索サイト「Indeed」におけるデータフィード活用について解説します。(2018/3/20)

Computer Weekly製品導入ガイド
アプリのクラウドネイティブ化とは何か
クラウドネイティブアプリケーションは、組織のニーズに合わせたより動的なサポートを実現する。では、クラウドネイティブとは何だろうか。(2018/3/9)

航空券を売って終わりではない:
ANAはなぜデジタルでの顧客体験向上を重視するのか
27万ページ超の巨大Webサイトを「動的」なものにするために何が必要なのか。ANAの担当者に、その考え方を聞いた。(2018/3/6)

豊富なガイダンス機能で操作をサポート:
ITオンチのアプリケーション操作をガイド――日立ソリューションズ、ユーザーエクスペリエンス改善ツール「WalkMe」を販売開始
日立ソリューションズは、Webアプリケーション向けの入力支援ツール「WalkMe」の販売を開始する。ITに不慣れなユーザー向けに「操作手順の吹き出し表示」「入力内容に応じた動的ガイダンス」「入力内容の自動チェック」などの機能を備え、操作中のトラブルや誤入力を防ぐ。(2018/2/9)

使えるダイナミック広告 第2回:
Facebook広告だからこそ実現するフルファネルダイナミック広告、効果的に活用するには?
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信するダイナミック広告が注目されています。今回はFacebookダイナミック広告について解説します。(2018/1/30)

使えるダイナミック広告 第1回:
「リタゲ」から「フルファネル」へ――知っていそうで知らないダイナミック広告の活用法
企業が持つアイテムデータを活用し動的(ダイナミック)に配信するダイナミック広告が注目されています。本連載ではその最新トレンドを紹介します。(2018/1/16)

コスト削減、柔軟性向上、インテリジェンス:
PR:中堅・中小企業にとっての「デジタル変革」とは? Webサービスで攻める方法
「デジタル変革」の時代は、実は中堅・中小企業にとって大きなチャンスだ。ただし、これは「ITを大企業よりも機動的・効果的に活用すれば」の話。では、どうしたらいいのだろうか。Webサービスの面から、これを探る。(2017/12/13)

日本NI VRTS:
車載ミリ波レーダー向けのテストシステム
日本ナショナルインスツルメンツは、自動運転車両に搭載するミリ波レーダー向けのテストシステム「Vehicle Radar Test System(VRTS)」を発表した。76〜81GHzのベクトル信号発生器とアナライザーを搭載し、動的に障害物をシミュレートできる。(2017/11/30)

DT10活用セミナー:
PR:車載製品用コード開発を最大90%改善、「動的テスト」3つの事例
開発者と共に進化する動的解析ツール、ハートランド・データ「DT10」のユーザーが自らの改善例を紹介する事例紹介セミナーが開催された。毎年好評のセミナーだが、今回は注目企業の最新事例紹介であることもあり、100名を超える来場者が参加し、DT10の導入効果に耳を傾けた。(2017/10/24)

フジテレビ、基幹ネットワークを「Cisco TrustSec」で刷新 5000台の通信を動的制御
フジテレビが「Cisco TrustSec」テクノロジーを活用し、基幹ネットワークを刷新。ユーザーベースの通信制御で業務効率化とセキュリティ強化を図る。(2017/10/2)

DT10 Automotive Edition:
動的テストツールの最新版が機能安全規格のツール認証を取得
ハートランド・データは、組み込みソフトウェア開発用の動的テストツール「DT10 Automotive Edition」の最新版が、機能安全規格のツール認証を取得したと発表した。最新版は、高品質のテストを高効率で実施できるよう機能を強化している。(2017/9/6)

マルウェア対策“一部”内製化大解剖(2):
Recruit-CSIRTがマルウェアの「培養」用に内製した動的解析環境、その目的と工夫とは
本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピュータインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする。今回は、代表的なマルウェア解析方法を紹介し、自社のみに影響があるマルウェアを「培養」するために構築した動的解析環境について解説する。(2017/7/10)

日本ノーベル Quality Commander:
USBメモリ抜き差し動作も自動化、組み込み機器向け自動テストシステムの最新版
日本ノーベルは、カーナビやスマホなど組み込み機器のソフトウェアテストを自動化する「Quality Commanderシリーズ」の最新版を販売する。ロボットハンドの動的切り替えに対応し、USBメモリの抜き差し動作も自動テストへ組み込める。(2017/5/18)

量子サイコロ実現か:
真にランダムな偏光をもつ単一光子の発生に成功
東北大学電気通信研究所は、ダイヤモンドを用いて、静的にも動的にも真にランダムな偏光状態にある単一光子を発生させることに成功した。(2017/5/1)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。