ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「動的」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「動的」に関する情報が集まったページです。

Innovative Tech:
“押し心地”が自動で変わるボタン キーボードやゲームコントローラーに応用 未来大が開発
公立はこだて未来大学の塚田研究室に所属する研究者らは、押しボタンの押し心地(重さ、深さ、カチッといった感触など)を動的に変更できるデバイスを提案した研究報告を発表した。(2024/1/18)

Innovative Tech:
ストリートビュー内をアニメ化する技術、米ワシントン大が開発 自然に振る舞う人や車が行き交う
米ワシントン大学に所属する研究者らは、Google Street Viewなどの静止画をアニメーション化する手法を提案した研究報告を発表した。静止したシーンの画像に自然に振る舞う歩行者と車を自動的に配置することで動画に変換する。(2023/12/19)

組み込み開発ニュース:
マスワークスがテスト/解析機能を拡充、故障注入の前倒しと動的テストが可能に
マスワークスのモデルベース開発環境「MATLAB/Simulink」は半年に1回のアップデートを行うことで知られている。2023年9月発表の「R2023b」ではテスト/解析関連の機能を大幅に拡充した。(2023/12/12)

医療技術ニュース:
生体の撮影も可能な、動的条件下でのX線CT撮影技術を開発
早稲田大学は、ストロボ効果を利用した動的条件下でのX線CT撮影技術を開発した。心臓のように繰り返し変形するものであれば、生体の動的X線撮影も可能になる技術だ。(2023/11/28)

ドローン:
大林組とトップライズが世界初、トンネル坑内の動的障害物を回避する自律飛行ドローンを実証
大林組とトップライズは、カーネギーメロン大学 嶋田憲司氏の協力を得て、トンネル坑内の非GNSS環境下で3D地図をリアルタイムに自動生成して、作業者や重機を回避しながら、掘削形状を計測するドローンを開発した。(2023/11/16)

「Python」と「Go」の違いを比較【第3回】
PythonとGoを「型」で比較 「動的型付け」「静的型付け」の違いは?
プログラミング言語「Python」と「Go」は、変数の型の付け方に違いがある。Pythonが採用するのは「動的型付け」、Goは「静的型付け」だ。両者は何が違うのか。(2023/5/26)

FAニュース:
動的挙動を再現可能なプロセスデジタルツインを開発、AGCがVCMプラントに適用
AGCは、インドネシアの化学品製造/販売子会社であるアサヒマス・ケミカルのVCM(塩化ビニルモノマー)製造プラントで運用を開始したプロセスデジタルツインについて説明した。(2023/4/18)

組み込み開発ニュース:
MATLAB/Simulinkに動的テストの開発を支援する新製品を追加
MathWorksは、モデルべース開発環境「MATLAB/Simulink」製品ファミリーの最新版「Release 2023a(R2023a)」を発表した。(2023/4/13)

製造ITニュース:
NEC、重要な領域を自動抽出して映像分析を効率化するAI技術開発
NECは、多量の映像内で分析すべき重要な領域を自動的に抽出するなど、映像分析処理を効率化するAI技術「アプリケーションアウェアICT制御技術」を開発した。(2023/4/10)

AWSチートシート:
APIテストに便利! 「Amazon API Gateway」と「Amazon S3」で作る、レスポンスを動的かつ簡単に変更できるAPIモック
AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は「Amazon API Gateway」と「Amazon S3」を利用して、レスポンスを動的かつ簡単に変更できるAPIモックを作る方法を紹介します。(2023/2/2)

単一GPUの分割利用も可能:
GPUを動的に割り当てて機械学習における利用の無駄を減らす、Run:aiが日本で本格事業展開
機械学習におけるGPUの利用効率を高める仕組みを提供する企業、Run:aiが日本で事業展開を本格化している。GPUクラスタを動的に割り当てることで、無駄を減らせるという。小数点以下の単位での割り当ても可能だ。(2022/12/20)

人工知能ニュース:
ルネサスのエッジAIが従来比1000倍の性能を達成、エンドポイント学習でも成果
NEDOとルネサス エレクトロニクスが、従来比で最大10倍の電力効率となる1W当たり10TOPSを達成可能なエッジAIチップを開発。ルネサスが2018年から展開してきたDRP(動的再構成プロセッサ)ベースの「DRP-AI」を改良したもので、精度低下を抑制できるAIモデル軽量化技術として知られる「枝刈り」を適用した推論アルゴリズムを効率良く処理できる。(2022/12/9)

Innovative Tech:
“けもみみ”の動きと感情の関係、電通大が調査 3Dモデルの球体に耳を生やして検証
電気通信大学野嶋研究室に所属する四條らの研究チームは、「獣の耳」(けもみみ)の動的姿勢とそれが与える感情を調査した研究報告を発表した。けもみみの動きによって、その動作を見ている者がどのように感じるかを調査した。(2022/12/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(162):
拡張キー管理プロバイダーを使用しているセッションの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、拡張キー管理プロバイダーを使用しているセッションの情報を出力する方法について解説します。(2022/12/6)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(161):
拡張キー管理プロバイダーに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、拡張キー管理プロバイダーに関する情報の出力について解説します。(2022/12/5)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(160):
拡張キー管理プロバイダーによって提供されるキーに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、拡張キー管理プロバイダーによって提供されるキーに関する情報の出力について解説します。(2022/11/29)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(159):
拡張キー管理プロバイダーのアルゴリズムに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、拡張キー管理プロバイダーのアルゴリズムに関する情報を出力する方法について解説します。(2022/11/28)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(158):
エンクレーブを使用するAlways Encryptedのパフォーマンスに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、エンクレーブを使用するAlways Encryptedのパフォーマンスに関する情報の出力について解説します。(2022/11/22)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(157):
監査アクションが適用されるオブジェクトのクラス名に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、監査アクションが適用されるオブジェクトのクラス名に関する情報の出力について解説します。(2022/11/21)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(156):
監査アクションと監査アクショングループの一覧を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、監査アクションと監査アクショングループの一覧を出力する方法について解説します。(2022/10/24)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(155):
リソースガバナーの外部リソースプールの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースガバナーの外部リソースプールの情報を出力する方法について解説します。(2022/10/18)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(154):
リソースガバナーワークロードグループの統計と構成情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースガバナーワークロードグループの統計と構成情報を出力する方法について解説します。(2022/10/17)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(153):
リソースプールのアフィニティに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースプールのアフィニティに関する情報を出力する方法について解説します。(2022/10/12)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(152):
リソースプールのディスクのI/O統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースプールのディスクのI/O統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/10/11)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(151):
外部リソースプールのアフィニティに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、外部リソースプールのアフィニティに関する情報の出力について解説します。(2022/10/4)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(150):
リソースガバナーのリソースプールの構成と状態情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースガバナーのリソースプールの構成と状態情報の出力について解説します。(2022/10/3)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(149):
リソースガバナーの構成情報を取得する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、リソースガバナーの構成情報を取得する方法について解説します。(2022/9/27)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(148):
レプリケートされたトランザクションや変更データキャプチャートランザクションの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、レプリケートされたトランザクションや変更データキャプチャートランザクションの情報の出力について解説します。(2022/9/26)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(147):
レプリケートされているトランザクションに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、レプリケートされているトランザクションに関する情報の出力について解説します。(2022/9/21)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(146):
レプリケートされたスキーマに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、レプリケートされたスキーマに関する情報の出力について解説します。(2022/9/20)

車両デザイン:
スバル「クロストレック」が全面改良、動的質感にさらなる磨き
SUBARU(スバル)は2022年9月15日、全面改良する「クロストレック(CROSSTREK)」を世界初公開した。2023年以降に日本市場に導入し、順次各国に展開する。日本での受注は2022年秋以降を予定している。(2022/9/16)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(145):
レプリケートされたアーティクルに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、レプリケートされたアーティクルに関する情報の出力について解説します。(2022/9/13)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(144):
アクティブなクエリ通知サブスクリプションに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、アクティブなクエリ通知サブスクリプションに関する情報の出力について解説します。(2022/9/12)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(143):
対象オブジェクトを参照する参照元エンティティの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、対象オブジェクトを参照する参照元エンティティの情報を出力する方法について解説します。(2022/9/6)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(142):
対象オブジェクトが参照する参照先エンティティの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、対象オブジェクトが参照する参照先エンティティの情報を出力する方法について解説します。(2022/9/5)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(141):
統計情報のプロパティに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、統計情報のプロパティに関する情報の出力について解説します。(2022/8/30)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(140):
統計のヒストグラムに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、統計のヒストグラムに関する情報の出力について解説します。(2022/8/29)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(139):
パーティション単位の統計情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、パーティション単位の統計情報を出力する方法について解説します。(2022/8/23)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(138):
インメモリOLTPメモリコンシューマーの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPメモリコンシューマーの情報を出力する方法について解説します。(2022/8/22)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(137):
インメモリOLTPガベージコレクションワーカーキューの情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPガベージコレクションワーカーキューの情報の出力について解説します。(2022/8/16)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(136):
インメモリOLTPテーブルのメモリ消費量に関する統計を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPテーブルのメモリ消費量に関する統計の出力について解説します。(2022/8/15)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(135):
メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルの操作行数の統計に関する情報の出力について解説します。(2022/8/9)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(134):
インメモリOLTPの内部システムのハッシュバケットに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPの内部システムのハッシュバケットに関する情報を出力する方法について解説します。(2022/8/8)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(133):
メモリ最適化テーブルのチェックポイントファイルに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルのチェックポイントファイルに関する情報の出力について解説します。(2022/8/2)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(132):
インメモリOLTPトランザクションの統計情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPトランザクションの統計情報の出力について解説します。(2022/8/1)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(131):
インメモリOLTPガベージコレクションの統計情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPガベージコレクションの統計情報の出力について解説します。(2022/7/26)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(130):
アクティブなインメモリOLTPトランザクションの一覧を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、アクティブなインメモリOLTPトランザクションの一覧を出力する方法について解説します。(2022/7/25)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(129):
メモリ最適化テーブルの非クラスタ化インデックスの統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルの非クラスタ化インデックスの統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/20)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(128):
インメモリOLTPの内部システムのメモリ使用量に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インメモリOLTPの内部システムのメモリ使用量に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(127):
メモリ最適化テーブルのインデックス使用統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、メモリ最適化テーブルのインデックス使用統計に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。