ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ワールドカップ/世界大会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワールドカップ/世界大会」に関する情報が集まったページです。

ゲーム会社の社長(74)、柔道世界大会で優勝 記念セールを開催
ゲームメーカーのサクセスは、同社代表・吉成隆杜さん(74)が柔道世界大会で優勝したことを記念して、セールを開催すると発表した。(2023/11/21)

黒木啓司&宮崎麗果、ラグビーW杯決勝を現地で観戦 「本当にお似合い夫婦」「生ハカ見れて最高ですね」と反響
「応援に力が入りすぎて肩が凝りました」(2023/10/29)

ジグソーパズルが好きすぎる杏、スペインで世界大会に出場 ハイレベルな戦いに「うそでしょ!」「世界の壁厚い」
かねてジグソーパズルにハマっていることを明かしていました。(2023/10/21)

ラグビーワールドカップ2023の舞台裏【後編】
5Gとプライベート5Gの“兼用通信”がなぜW杯で必要だったのか NTT子会社が開発
NTTの子会社トランザテルが、フランスの自治体からラグビーワールドカップ期間中に安全を確保するためのシステムを受注した。同社はどのようなシステムを開発したのか。(2023/10/13)

NEWS Weekly Top10:
“龍神”復活! 男子バレーがトレンドを席巻する日がついに来た
「龍神NIPPON」こと男子バレー日本代表がワールドカップでスロベニアにストレートで勝利し、パリオリンピックの切符を取った。Xは歓喜にわき、「男子バレー」「龍神NIPPON」「パリ五輪」「藤井さん」など関連ワードがトレンドを席巻した。(2023/10/10)

ラグビーW杯敗退で涙の稲垣啓太、妻・貴子の目元をぬぐう姿に感動の声 「本当に素敵」「見るたびに泣ける!」
同大会で稲垣選手は代表通算50試合を達成。(2023/10/10)

デヴィッド・ベッカム、98年W杯での“後ろ蹴り”一発退場→総だたき騒動を振り返る 「悲しくなった」「絶対にレッドじゃなかった」と反響
当のシメオネも“レッドカードじゃない”に1票。(2023/10/6)

ラグビーワールドカップ2023の舞台裏【前編】
ラグビーW杯で飛躍する技術 フランス代表は“話題のあれ”で試合に挑む
スポーツの国際大会の成功には、選手以外の尽力が欠かせない。フランスで開幕したラグビーワールドカップ2023では、通信事業者が手を尽くして支えている。(2023/10/6)

“学校観戦”のため客に「席の移動」を当日要請 日本バレーボール協会がW杯バレーでの「運営の不手際」謝罪
客への事前連絡はなかったといいます。(2023/10/5)

ラグビー日本代表、W杯2勝目 “笑わない男”稲垣敬太、妻・貴子との愛あふれるハグに感動の声「まじで素敵な夫婦」「泣ける」
W杯2勝目おめでとう!(2023/9/29)

「やりやがったなフジテレビ!」川合俊一、バレーW杯で“進化したイジり”を発見してしまう ファンには好評
普通に混ざってるの面白い。(2023/9/26)

ラグビーW杯公式ビール:
なぜ? 見慣れた「ドライ」かと思えば「スーパートライ」 アサヒの思惑
9月8日に開幕したラグビーのW杯フランス大会で、グラウンド脇の電子看板に「Aaah! SUPER TRY」と、選手の好プレーをたたえるような表示が行われている。だが書体も色も、日本で見慣れた「Asahi SUPER DRY」にそっくり。実は……。(2023/9/17)

渡邊雄太の妻・久慈暁子、“W杯日本代表ファミリー”と豪華食事会ショット 森カンナと並んだ姿も「奥さん同士仲良し」
豪華〜!(2023/9/14)

“笑わない男”稲垣敬太、ラグビー日本代表50試合&W杯初戦勝利の達成で妻・貴子「彼の姿に心が震えました」
おめでとおおおおおおおおお!(2023/9/11)

サッカー日本代表がドイツに快勝、W杯に続く2連勝を各国メディアはどう報じた?
ドイツ国内では、同国のハンジ・フリック監督に厳しい声が。(2023/9/10)

エンタメ×ビジネスを科学する:
W杯の快挙で注目急上昇 バスケは「国民的スポーツ興行」になるか?
FIBAバスケットボールワールドカップ2023の日本代表の快挙が話題だ。48年ぶりの自力出場となる、パリ五輪への出場権を獲得した。国内ではBリーグも盛り上がりつつあるなか、バスケは野球やサッカーと並ぶ「国民的スポーツ興行」になるか。(2023/9/8)

ガリットチュウ福島、柔術世界大会優勝で豪華メンバーと祝勝会 ロス在住芸人&日本代表キャプテンに挟まれ「お祝いしてもろた」
吉田選手いるのスゴい。(2023/9/6)

馬場雄大の妻・森カンナ、パリ五輪出場決定に大興奮「パリに行けるぞー!!!」 W杯では“美しい涙”も話題に
パリでも応援お願いします!(2023/9/3)

「ガリットチュウ」福島、柔術世界大会で優勝 悲願の金メダルに日の丸掲げ「去年のリベンジが出来ました!!」
おめでとうございます!(2023/9/3)

バスケW杯、テレ朝中継は「うるさすぎ」? 熱血ぶり賛否「実況に愛がある」「耐えられんかった」
広がる賛否の声。(2023/9/3)

元なでしこ岩渕真奈、現役引退を発表 W杯3大会でプレーしたスター惜しむ声「もっとプレーを見たかった」「引退マジか……」
9月8日には記者会見を開催する予定。(2023/9/1)

経済の「雑学」:
「バスケW杯」支える日の丸企業製ボール FIBAと40年の関係
日本のスポーツメーカーであるモルテンが「FIBA バスケットボール ワールドカップ 2023」の公式試合球を手掛けている。大会主催者FIBA(国際バスケットボール連盟)と同社は40年の関係性がある。(2023/8/29)

デジタル変革の旗手たち:
できることからDXにむかって――JFA 鈴木隆喜氏
「サムライ・ブルー」の愛称で親しまれているサッカー日本代表のイメージが強い日本サッカー協会(JFA)だが、実は代表チーム強化はその取り組みの1つにすぎない。サッカー競技の普及と振興を図り、国民の心身の健全な発達に寄与することを目的として設立された公益財団法人であり、その活動の幅は広い。現在の目標は、2050年にサッカーを愛する仲間であるサッカーファミリーを1000万人にすること、FIFAワールドカップを再び日本で開催し優勝することの2つである。取り組みの一環として、ITを活用したDXにも取り組んでいる。JFAのDX推進について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2023/8/29)

森カンナ、バスケW杯で見せた“妻の涙”が世界一美しい 野田洋次郎、吉高由里子らが反応「カンナの顔見て泣いた」
もらい泣きした。(2023/8/28)

森カンナ、バスケ日本代表・馬場雄大とのおちゃめな結婚式ショットを披露 W杯出場の夫に「とにかく楽しんで!」
楽しんで撮ったことが伝わる良い写真。(2023/8/25)

バスケW杯、きょう開幕 DAZNが全92試合配信 日本戦はテレ朝と日テレも放送
日本・フィリピン・インドネシアの3カ国共催の「FIBA バスケットボール ワールドカップ 2023」が開幕。「DAZN」が全92試合を配信する他、日本戦は日本テレビとテレビ朝日が地上波とBSで放送する。(2023/8/25)

サッカーW杯優勝ゴールを決めたスペイン代表、決勝直前に父親が亡くなっていた あとから知らされ「パパが力を与えてくれた」
優勝後に知らされたそうです。(2023/8/21)

W杯イングランド代表、相手選手を“踏みつけて”一発退場 試合後に謝罪も「代表から永久追放すべき」「恥を知れ」
試合はからくもイングランドが勝利。(2023/8/9)

Marketing Dive:
サッカー女子W杯動画をTikTokで流すのは、なぁぜなぁぜ? FIFAが提携した納得の理由
TikTokとFIFAが提携し、女子サッカーワールドカップ関連コンテンツをTikTokで配信している。FIFAがプロモーション先としてTikTokを選んだ理由は?(2023/8/7)

岡田准一&玉木宏、ブラジリアン柔術の世界大会に出場へ 岡田は師範の免許、玉木はボクシング歴15年超
8月末から3日間にかけて開催されます。(2023/8/4)

FAメルマガ 編集後記:
インド出身経営者の活躍とW杯ドイツ代表の敗退に無理やり見た共通点
キーワードは「カオス」です。(2023/6/23)

キャパシティーとスケール戦略の全貌:
なぜABEMAは「サッカーW杯」を安定配信できた? 担当者が明かすリアーキテクチャ、サービスメッシュ導入とは
ABEMAの配信プラットフォームはAmazon Web ServicesとGoogle Cloudの特徴をそれぞれ生かしたクラウドネイティブなアーキテクチャで構成されている。2022年に開催された「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の配信に当たって、安定配信を実現するためリアーキテクチャに取り組んだという。どのような取り組みだったのか。(2023/6/2)

プレイバック注目コンテンツ:
広告主にとっての「FIFAワールドカップ カタール 2022」
SAMURAI BLUEことサッカー日本代表の健闘が記憶に新しいFIFAワールドカップ カタール 2022。熱狂の裏側で広告業界には悲喜こもごもあったようで……。(2023/5/14)

AWS Summit Tokyo:
ABEMAの「サッカーW杯配信」が安定していた理由、CTOが明かすインフラの舞台裏
2022年、日本中を大きく沸かせたサッカー世界大会「FIFA ワールドカップ 2022」のインフラはなぜ安定していたか。AbemaTVのCTOが裏側を語った。(2023/4/21)

W杯後、初の日本代表戦 ABEMAが生放送、視聴数200万超え
中東カタールで2022年末に開催されたサッカーワールドカップ後、最初の親善試合が行われ、日本代表がウルグアイ代表と1対1で引き分けた。「ABEMA」はW杯に続き代表戦を生放送し、視聴数が200万を超えた。(2023/3/27)

ワールドカップを支えたネットワーク【後編】
既設ケーブルで“400GbE” ワールドカップを支えた「光ファイバー技術」とは
2022年11月、中東カタールでサッカーのワールドカップが開催された。観客のワールドカップ視聴を支えた光ファイバーネットワークと、それを構成する技術とは。(2023/2/15)

代表ユニ以外も魅力的! W杯で話題の“謎の美女”、イメージ激変のゴスロリ姿に反響「可愛いすぎ」「お人形さんみたい」
なんでも似合う。(2023/2/10)

ワールドカップを支えたネットワーク【前編】
ワールドカップで“通信量が爆増” なぜネットワークは落ちなかったのか?
中東のネットワークベンダーGBIは、2022年11月のワールドカップ開催によるトラフィック増加を見込み、同社が提供する光ファイバーネットワークを強化した。(2023/2/8)

LINE4500人アンケート:
若者に流行のトピック 3位「silent」、2位「チェンソーマン」、1位は?
LINEリサーチは、全国の15〜24歳の男女を対象に、四半期ごとの「最近流行っているコト・モノ・ヒト」アンケートを実施し、2022年12月の結果を発表した。同時期の流行で総合1位だったのは「FIFAワールドカップ/W杯」(12.5%)だった。(2023/1/28)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
W杯で赤字のABEMA、巨額投資をどう回収? 「次の一手」を予想してみた
昨年末のW杯では、全試合無料生中継を実施したサイバーエージェントの「ABEMA」に注目が集まりました。巨額を投じたABEMAのメディア事業は現状なお赤字ですが、今回の投資によって2つの成長余地が生まれたと筆者は考えます。(2023/1/27)

「W杯コスト」で約12億円の営業赤字、サイバーエージェント1Q決算 ゲーム事業も“ウマ娘前”水準に?
サイバーエージェントは1月25日、2023年9月期第1四半期(10-12月)の決算を発表した。売上高は1675億7700万円で、前年同期比2.1%減。営業損益は12億5500万円の赤字、最終損益は50億200万円の赤字となった。(2023/1/25)

でも赤字:
藤田社長「W杯で価値向上」──ABEMA好調、売り上げが過去最高334億円
サイバーエージェントは2023年9月期(22年10〜12月)の決算を発表し、ABEMAの第1四半期の売り上げは、前年同期比34%増の334億円だった。藤田晋社長は「メディアとして確立する道筋が見えた」と話した。(2023/1/25)

Marketing Dive:
2022年のサッカーワールドカップ、熱狂の陰でマーケターが泣いた
実は、2022年にカタールで開催されたFIFAワールドカップには賛否両論があり、スポンサーにとっては難しい大会であった。(2023/1/19)

ドラマやバラエティ編も発表:
2022年の視聴率ランキング 3位「W杯 日本×ドイツ」、2位「紅白歌合戦」、1位は?
ビデオリサーチは「2022年テレビ視聴率総まとめ」を発表した。全ジャンルにおける視聴率3位は「FIFA ワールドカップ2022・日本×ドイツ」、2位は「第73回NHK紅白歌合戦(2部)」だった。(2023/1/15)

サッカー日本代表・三笘薫、花束を持つ姿をW杯の戦友たちにイジられる 「お花が綺麗って思える心持っててホッとしたよ」
新婚の愛妻へのプレゼント。(2023/1/13)

サッカー界の“王様”ペレが82歳で逝去 ロナウドやジーコらレジェンドが次々追悼メッセージ「彼の魔法は残り続ける」「ずっとお手本となる存在」
17歳で出場したW杯でブラジルを初優勝に導きました。(2022/12/30)

ABEMA、「FIFAワールドカップカタール大会」の試合別視聴者数ランキングを発表 1位は?
サイバーエージェントはABEMAで全64試合を無料生中継した「FIFA ワールドカップ カタール 2022」についての数値を発表した。試合別視聴者数ランキング1位は、日本代表がベスト8進出を懸けて挑んだ「日本対クロアチア」だった。(2022/12/30)

クロスロケーションズが調査:
W杯カタール大会 会場に訪れた「国別サポーター比率」で日本は3位 上位10カ国は?
位置情報分析サービスのクロスロケーションズ(東京都渋谷区)は、11〜12月に開催されたサッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会について、出場国別サポーターの人流を調査した。開催国のカタールを除いた国別の来訪割合1位はサウジアラビア(31.4%)だった。2位はアメリカ(31.0%)で、3位に日本(14.2%)が続いた。(2022/12/29)

ハイライト映像は3月末まで:
サッカーW杯の無料フルマッチ配信、12月末で終了 「ABEMA」が明らかに
ABEMAがフルマッチの無料見逃し配信を12月31日で終了すると明らかにした。ハイライト映像の無料配信は2023年3月31日まで続ける。(2022/12/29)

「なでしこジャパン」W杯優勝メンバー、“初めての同窓会”ショットに大反響 澤穂希、川澄奈穂美らがユニフォーム姿に
感動がよみがえる!(2022/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。