ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ワールドカップ/世界大会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ワールドカップ/世界大会」に関する情報が集まったページです。

キャッシュレス決済のもどかしさも:
サラリーマン川柳、令和最初の1位は「最強スクラム 妻・娘」
第一生命保険が、恒例の「サラリーマン川柳」上位作品を発表。ラグビーワールドカップやキャッシュレス決済など、2019年の世相を反映した作品が並んだ。(2020/5/28)

パラ・パワーリフティングがオンラインでW杯 「選手がモチベーションを保てるよう」
新型コロナウイルスの感染拡大でスポーツ大会が相次いで中止や延期になる中、選手のモチベーションを上げようと、パラリンピックの正式競技、パラ・パワーリフティングは「オンラインワールドカップ」を開催した。動画を基に成績を付けて順位を争う。(2020/5/20)

個人とチームをどうリンクさせるのか:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が後輩たちに語る「チームの作り方」
 2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗は試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。後編ではBBTがラグビーチームのリコーブラックラムズ向けに全10回の人材育成講義「MFP(Make Future Project)」を実施しており、その中で行った廣瀬の講義の様子をレポートする。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーをまとめてきた廣瀬の知見を生かした講義だ。(2020/3/19)

常勝チームの根底にあるもの:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が語る「リーダーの在り方」
2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗さんは試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。廣瀬さんに「リーダー論」を中心にビジネスにも応用できるチーム作りの考え方を聞いた。(2020/3/18)

元なでしこジャパン・大野忍、誰よりも明るく“現役引退”を発表 丸山桂里奈、川澄奈穂美らW杯優勝メンバーがメッセージ
とにかく明るい大野さん。(2020/2/6)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

車・バイク大好きものづくりコンサルタントが見た学生フォーミュラ2019:
学生もEV開発に試行錯誤、先輩から後輩への技術伝承も課題に
ラグビーワールドカップで日本がアイルランドに勝利し、沸きに沸いた静岡県袋井市・掛川市内の小笠総合運動公園(通称「エコパ」)。その約1カ月前の8月27〜31日に「第17回学生フォーミュラ日本大会2019」(以下、学生フォーミュラ)が開催されました。2019年もピットレポートを中心に学生さんの熱き活動を伝えていきたいと思います。(2019/11/11)

今日のリサーチ:
ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。(2019/11/7)

「デクラークが生で見れたのは嬉しかった」 オードリー若林、実姉とラグビーW杯を生観戦
中学時代はラグビー部だった若林さん。(2019/10/28)

「日本代表として参戦だにゃ〜!」 ラグビーワールドカップを全力で応援する猫ちゃんがかわいい
そこだにゃ! ジャッカルだにゃ!(2019/10/26)

スピン経済の歩き方:
ラグビーW杯の成功で見えた「武道ツーリズム」のポテンシャル
南アフリカに敗れてしまったものの、イベント的には大きな盛り上がりを見せているラグビーW杯。大喜びしている人たちが山ほどいる中で、筆者の窪田氏は「スポーツツーリズム」に大きな可能性があるのではないかとみている。スポーツの中でも、特に期待しているのは……。(2019/10/23)

実はこんなこともやっていた:
あの名場面をすぐ見られる! ラグビーW杯“デジタル”写真展
読売新聞社は、「ラグビーワールドカップ2019」の試合写真を大型ディスプレイに表示する「ラグビーW杯デジタル報道写真展」(以下、写真展)を、NTTドコモとキヤノンの協力の下、ベルサール汐留(東京都中央区)で開催した。(2019/10/21)

今日のリサーチ:
「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化があったのでしょうか。誰が一番熱くなっているのでしょうか。(2019/10/17)

キングカズ&三浦りさ子、ラグビーW杯スコットランド戦を生観戦 歴史的瞬間に立ち会い「感動しました!」
少年ようなキングカズ。(2019/10/14)

ラグビーW杯、「日本 対 スコットランド」開催決定 台風19号の影響で中止も検討されていた
一部店舗が休業するなどの影響を鑑みて飲料持込可。(2019/10/13)

「Creepy Nuts」DJ松永、DJの世界大会で優勝 “世界一のDJ”に祝福の声「有言実行し続けてまじでかっこいい」
有言実行! おめでとうございます!(2019/9/29)

ラグビーワールドカップ、批判浴びた「食品持込規制」を23日から緩和へ
「すぐ売り切れてしまって買えない」など批判の声があがっていました。(2019/9/23)

アレクサンダーが「フォートナイト」世界大会の賞金約200万円を寄付 病気の子どもと家族のため
さすが太っ腹。(2019/9/11)

ラグビーワールドカップ2019日本大会、“ファン獲得”へ来場者のID情報を活用
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」では、“ファン獲得”に向けたCX(カスタマーエクスペリエンス)基盤として、NECの「ファンマーケティングソリューション」を導入する。大会チケットの購入時に登録されるID情報を基に来場者属性などを“見える化”し、日本ラグビーのファン拡大、発展につなげる。(2019/9/3)

ティッシュを小さく丸めるだけの「ティッシュポップコーン世界大会」が開催 優勝賞金はまさかの100万円
ウソみたいな本当の大会。(2019/8/31)

新宿スバルビル跡地、暫定的に利用開始 「ラグビーワールドカップ メガストア」出店も予定
8月22日から「ODAKYU SHINJUKU PARK」としてオープン。(2019/8/7)

ドコモが「5G」プレサービス詳細を発表 試合会場以外でも5Gを体験できる
NTTドコモは、2019年9月に開始する「5G」プレサービスの詳細を案内した。ラグビーワールドカップ2019の会場やライブビューイング会場で5Gサービスを提供する。5G端末を使い、試合の様子を多視点で視聴できるようになる。(2019/7/26)

ラグビーワールドカップ2019日本大会、ボランティアスタッフの本人確認を自動化へ
2019年秋に開催される「ラグビーワールドカップ2019日本大会」に、マイナンバーカードなどの公的身分証明書によるボランティアスタッフの本人確認作業を効率化するNECの「ボランティア本人確認支援システム」が採用された。ボランティア約1万3000人の本人確認に活用される。(2019/7/12)

ドコモの5Gプレサービスは「全国で」「地域に根ざしたもの」も想定
ドコモは、ラグビーワールドカップの始まる2019年9月20日から5Gのプレサービスを開始する。提供するのはスポーツ関連のサービスだけではない。「地域に根ざしたサービスも準備している」という。(2019/5/30)

ドコモ、2019年9月20日に5Gプレサービス開始 米Magic Leapとの提携も
NTTドコモが、4月26日に実施した2018年度の決算説明会で「5G」サービスの詳細を発表した。5Gのプレサービスは、ラグビーワールドカップに合わせ、2019年9月20日に開始する。MR領域を強化すべく、米Magic Leapと資本提携を行い、同社製品をドコモが販売する。(2019/4/26)

「勝利の女神!」 おのののか、バスケ男子W杯進出に喜ぶ姿でファンのテンションを爆上がりさせる
バスケ男子日本代表が見せた“奇跡の逆転劇”。(2019/2/26)

ピーダブルビーの松並亮輔氏:
はんだ付け世界大会、日本代表が史上初の快挙で優勝
エレクトロニクスの国際標準化団体IPCが主催するはんだ付けコンテストの世界大会「IPCはんだ付・リワークワールドチャンピオンシップ2019」(米国サンディエゴ)が2019年1月29〜30日に開催され、日本代表でピーダブルビーの松並亮輔氏が優勝した。今回で9回目を迎えた同大会での日本代表の優勝は初めて。また、史上初のパーフェクトスコアを達成する快挙も成し遂げた。(2019/2/5)

PR:Twitterトレンド大賞2018、最もツイートが盛り上がったのは「W杯(サッカー)」 特別賞に「クッパ姫」「Vtuber」なども
みんなのツイートが、トレンドになる。(2018/12/27)

「ストV」公式世界大会「カプコンカップ2018」でガチくん選手が優勝
ベスト3は日本人が独占。(2018/12/17)

G-Tune、ゲーミングPCなど計50台をシャドウバース世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2018」に提供
マウスコンピューターは、幕張メッセで開催予定のシャドウバース世界大会「Shadowverse World Grand Prix 2018」への機材提供を発表した。(2018/12/14)

Google検索の2018年まとめ、日本の「急上昇」は「ワールドカップ」や「漫画村」
Googleが毎年恒例「Year in Search:検索で振り返る」の2018年版を公開した。日本で急上昇した検索語として「漫画村」や「仮想通貨とは」、「バーチャル ユーチューバーの仕組み」などがランクインした。(2018/12/13)

ごちうさレクサスにリトバスジムニーも! 静岡「富士山コスプレ世界大会」に集結した痛車を撮ってきたよ
ラブライブの痛車も多かったです(2018/12/1)

世界体操に「自動採点システム」 国際体操連盟が採用決定 富士通と開発
国際体操連盟と富士通は、共同開発してきた体操競技の採点システムを、体操連盟が採用することを決めたと発表した。今後のワールドカップで実運用テストを行い、来年ドイツで行われる世界体操競技選手権大会で導入する予定だ。(2018/11/22)

地元商店街でグルメ満喫 静岡「富士山コスプレ世界大会」開催、2日間で約100台の痛車が集結
地元商店街を中心に開催。(2018/11/17)

開いた口が塞がらない……! マジック世界大会優勝者が演技を公開、圧倒的な不思議技の数々を見せつける
生で見てみたい!(2018/11/11)

人体切断や空中浮遊で「戦う」! “ヤバい人たち”が集うマジックの世界大会では何が起こっているのか?
「ステージで蝶を出したマジシャンがいたんですよ。そしたら……」(2018/11/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「渋谷ハロウィーン騒動」が東京五輪とラグビーW杯に飛び火する危険性
渋谷の街が、今年も荒れに荒れた。ハロウィーンである。たくさんの若者たちがやって来て大騒ぎをしていたが、このままで本当にいいのか。“渋谷暴徒化”を未然に阻止しなければ、ラグビーW杯や東京五輪に飛び火する危険性があるのだ。(2018/11/1)

ゲーマー日日新聞(出張版):
eスポーツ界を揺るがした「ソウルの歓喜」とは 「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会で何が起こったのか真剣に解説する
突如トレンド入りした「#DFMWIN」とは何だったのか。(2018/10/9)

「リーグ・オブ・レジェンド」世界大会、日本チームは2ラウンドで敗れる ユーザーからは「感動をありがとう」「よくがんばった」
日本チームが世界大会で1回戦を突破したのは今回が初めてでした。(2018/10/7)

「League of Legends」世界大会で日本チームが初の1回戦突破 歴史的勝利に「うおおおおお」「やったあああ」とファンから歓声
長い「LoL」の歴史の中でも、日本チームが世界大会で1回戦を突破したのは今回が初。(2018/10/5)

ドコモ、2019年9月に「5G」のプレサービスを提供へ
ドコモが「5G」通信を活用したプレサービスを2019年9月に提供する。同時期に開催されるラグビーワールドカップに合わせたもの。商用サービスは2020年春に開始する予定。(2018/10/3)

G-Tune、「DetonatioN Gaming」の世界大会出場を記念したキャンペーン
マウスコンピューターは、同社製ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i5540BA2-SP」を値引き提供するキャンペーンを開始した。(2018/10/2)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
W杯やオリンピックと同じ、4年に1回の「国際農機展」はスゴかった
まさにW杯と同時開催でした。(2018/7/24)

サッカーW杯ロシア大会、延べ1億7500万人がテレビの前で応援 深夜の対ベルギー戦も約3000万人が視聴
ビデオリサーチがサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の推計視聴者数を発表。日本代表戦は4試合で約1億7458万人が視聴したという。(2018/7/23)

「幸せオーラいっぱい」 剛力彩芽、W杯直後のフェスで絢香と2ショット 交際公言の前澤友作も同行
剛力さんの幸せオーラ。(2018/7/19)

定番の攻撃が拡大:
キヤノンITSが2018年6月のマルウェア検出状況を公開、複数のワールドカップ関連詐欺メールも
キヤノンITソリューションズは、2018年6月のマルウェア検出状況を公開した。「VBA/TrojanDownloader.Agent」が継続して数多く検出されていることや、WannaCryが突いてきたWindowsの脆弱性に対する攻撃が増加していることに注意を呼び掛けた。(2018/7/18)

「夢みたい。感謝」 剛力彩芽、W杯決勝を現地観戦 はじける笑顔に「もしや!」の声
笑顔がかわいいからオールオッケーです。(2018/7/16)

見たこともないくらい清潔な都市:
W杯取材記者が見た、ロシア「最高の素顔」
W杯開催国ロシアについて、「冷涼な気候と冷淡な国民」というお決まりのイメージは誤解。取材で訪問した記者は一様に、自分たちが目にしたロシアの姿に喜び、啓発され、少なからず自分を恥ずかしく思った。(2018/7/10)

「めっちゃ顔ゆるんでる」 日本代表の乾貴士、W杯帰国後に大ファンの小島瑠璃子と2ショットで満面の笑み
こじるりのファンだったか。(2018/7/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。