ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「優勝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「優勝」に関する情報が集まったページです。

「お料理ヘタクソ選手権」の優勝候補 べっこう飴を作ろうとしたらできた「毒の沼地」が逆にクオリティー高い
「毒魔法オジョウズ選手権」でも1位かもしれない。(2019/4/15)

「お父さん、これ優勝でしょう」 綾小路翔、父親の死去を“名文”とともに報告 とんねるず、宇多田ヒカルらが供花を送る
綾小路さん「彼は僕の人生最大のライバルだったのかも知れません」。(2019/4/9)

美脚ハイキックがさく裂! 15歳のハーフモデル、キックボクシングデビュー戦で優勝「もっと強くなりたい」
これからが楽しみ。(2019/3/5)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
優勝8回、総額1千万円超の賞金をゲットした起業家に「プレゼンの極意」を聞いてみた――Empath CSO 山崎はずむさん(後編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。なぜ、音声感情解析技術「Empath」は海外のピッチコンテストで注目されているのか、この仕事を始めるきっかけは何だったのかを同社共同創業者でCSOの山崎はずむさんに聞きました。(2019/2/27)

「EVO Japan 2019」鉄拳7で無名のパキスタン人選手が鮮烈優勝 鉄拳クラスタがざわつく
圧倒的な防御力を見せつけました。(2019/2/19)

IBM Think 2019:
ハンディは一切なし、IBM製AIと人間が“討論”でガチ対決 20分間の激論を制したのは?
IBMが手掛けたディベート(討論)用AI「Project Debater」が、実際にディベート大会で優勝経験もある人間と、数百人の前で本気の対決を繰り広げた。その実際の模様と、開発の意外な目的とは。(2019/2/15)

ピーダブルビーの松並亮輔氏:
はんだ付け世界大会、日本代表が史上初の快挙で優勝
エレクトロニクスの国際標準化団体IPCが主催するはんだ付けコンテストの世界大会「IPCはんだ付・リワークワールドチャンピオンシップ2019」(米国サンディエゴ)が2019年1月29〜30日に開催され、日本代表でピーダブルビーの松並亮輔氏が優勝した。今回で9回目を迎えた同大会での日本代表の優勝は初めて。また、史上初のパーフェクトスコアを達成する快挙も成し遂げた。(2019/2/5)

全豪オープン優勝の大坂なおみ、トロフィーへのキスショットを公開 世界中からお祝いの言葉集まる
ついに世界ランキング1位へ。(2019/1/27)

大坂なおみ、全豪オープン優勝! 日本人勢初のシングルス世界ランキング1位の快挙
歴史に残る快挙を達成です!(2019/1/26)

パンの形状に秘密あり:
ファミマのうまいパン決定戦 山パンの全国制覇を阻んだ神戸屋の策略
ファミマの「うまいパン決定戦」優勝メーカーが決まった。全国制覇を狙っていた山崎製パンだったが、神戸屋に阻止された。その背景にあった神戸屋の策略とは?(2019/1/24)

大手コンサル会社も参入:
優勝賞金1億円超えも eスポーツの市場拡大は本物か
コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ」。大手コンサルティング会社も事業に参入し、ゲーム業界の外へとビジネスチャンスの広がりも見せ始めた。国内でも優勝賞金が1億円を超える大会が開催されるなど話題性も手伝って、認知度も高まりつつある。果たして市場拡大の勢いは本物なのか? 普及元年になる1年の幕が上がった。(2019/1/17)

「ストV」公式世界大会「カプコンカップ2018」でガチくん選手が優勝
ベスト3は日本人が独占。(2018/12/17)

「まさかの結果で」 阿佐ヶ谷姉妹、「THE W」優勝後初のブログ更新であらためて心境語る ネタの裏話も 
斉木しげるさん、ムロツヨシさんからはお祝いメッセージが。(2018/12/15)

優勝賞品にスカイラインER34 PS4「グランツーリスモ」を使ったe-Sports大会「ROOTS」12月8日に開催
「ドリフトキング」土屋圭市さんが解説を務める(2018/12/2)

ゆるキャラグランプリ2018でキモヲタカッパ「カパル」が優勝 10年以上放置された過去もある苦労キャラ
おめでとうございます。(2018/11/18)

フィギュアNHK杯優勝の紀平梨花さんはN高生
「NHK杯フィギュア」女子シングルで優勝した紀平梨花さんは、「N高等学校」(N高)の1年生だ。(2018/11/12)

初体験:
世界トップ級のプログラミング技術学ぶ 草津の中学生が高校生と交流会
最先端のプログラミング技術を学ぼうと、滋賀県の草津市立高穂中(同市追分町)の情報処理部と科学部の25人が、6月のロボカップジュニア世界大会で準優勝した立命館守山高(同県守山市三宅町)のサイテック部の生徒5人との交流会を開いた。(2018/11/12)

開いた口が塞がらない……! マジック世界大会優勝者が演技を公開、圧倒的な不思議技の数々を見せつける
生で見てみたい!(2018/11/11)

「さらなる進化楽しみっす」 安藤美姫、“西日本選手権”優勝の高橋大輔を密着2ショットで祝福
幼馴染で元戦友からの心強いエール。(2018/11/5)

建造中だった「ビグ・ザム」がついに完成! 学園祭のコスプレコンテストで見事3連覇を飾る
第53回かまた祭、感動! 優勝ビグ・ザム!(2018/10/29)

第42回世界オセロ選手権で小学5年生の福地啓介六段が優勝! 11歳128日で最年少優勝記録を4年更新する快挙
先読みの天才が世界でその力を発揮。(2018/10/14)

知られざる球団応援セールの仕組み:
そごう・西武内でライオンズVS. カープ? 優勝セールの真っ向勝負が生まれそうなワケ
そごう・西武でライオンズの優勝セールを実施してない店舗がある。どうしてそのようになっているのか広報担当者に聞いてみると、「非常に稀(まれ)」な状況になりそうだという。(2018/10/3)

「かーちかーちかっちかち〜」 カープ勝利の女神・菜乃花、特攻服で1年ぶり3度目の“優勝グラビア”
今年こそ“日本一のグラビア”を!(2018/9/27)

闇の宴「自分の史上最高にダサい服で集まる飲み会」開催 10万いいねを集めた優勝者のお召し物を御覧ください
飲み代がタダでも割に合わない気がしてきた……。(2018/9/19)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大坂なおみを悲しませる、マスコミの信じられない質問
一躍、時の人になった。テニスの全米オープン女子シングルスで日本人史上初の四大大会初優勝を成し遂げた世界ランキング7位・大坂なおみのことだ。ただ、マスコミから信じられない質問が飛び交っていて……。(2018/9/18)

大坂なおみ、優勝杯を手に両親と3ショット 「コム デ ギャルソン」も白いドレスで祝福
初優勝、おめでとうございます!(2018/9/10)

学生フォーミュラ2018:
学生フォーミュラ2018、前例のない事態の中で阪大が優勝、海外の大学が健闘
自動車技術会は2018年9月4〜8日、静岡県袋井市・掛川市内の小笠原総合運動公園(通称「エコパ」)で「第16回 全日本学生フォーミュラ大会」(以下、学生フォーミュラ)を開催した。今回もガソリン車(ICV)と電気自動車(EV)の2部門を設置し、実施した。今回の参加総数は98チーム(国内64チーム・海外17チーム)。今回の総合優勝は大阪大学。(2018/9/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
阪神タイガースが低迷している“元凶”は誰か
今季もまた阪神タイガースがリーグ優勝を逃そうとしている。リーグ優勝は2005年を最後に今季も含めて、もう13シーズンも縁がない。弱い虎にイライラを募らせているファンは多いだろうが、チームの低迷を招いている元凶は誰か。(2018/8/30)

eスポーツ大会の乱射事件、自殺した容疑者はマッデン公式大会優勝経験者
フロリダ州ジャクソンビルのeスポーツトーナメントの容疑者と犠牲者の身元が発表された。いずれもトーナメント参加者で、容疑者は会場にレーザーアタッチメントを付けた拳銃を会場に持ち込んでいた。(2018/8/28)

ブルゾンちえみ、「全日本ブラインドダンス選手権」優勝に感謝 ペア男性との2ショットも
ペアの男性に対してもリスペクトする言葉をつづっています。(2018/8/27)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
金農旋風を巻き起こした吉田輝星は、どんな投手になるのか
シンデレラボーイの誕生した。夏の甲子園で準優勝を手にした金足農業高校の吉田輝星投手だ。多くのメディアが大きく取り上げているが、彼はどのような投手になるのか。このままスター街道を歩むのか、それとも……。(2018/8/24)

「秋田人の誇り」「しったげ、かっこよがった!!」 佐々木希、準優勝の金足農業を秋田弁でたたえる
佐々木さん「忘れられない夏となりました」。(2018/8/22)

腕相撲激ヨワな女子高生が、全国大会優勝のマッチョマンから勝てる秘訣を教わってきた!
筋トレなしで、手っ取り早く強くなりたいっ!(2018/8/9)

こ、これは! ミニ四駆PROシリーズに「トヨタ TS050 HYBRID」登場
ル・マン優勝車だぁぁ。夏のイベントで先行販売!(2018/7/25)

プロ野球、eスポーツに参入 NBPとコナミ、「パワプロ・プロリーグ」開幕
プロ野球がeスポーツに本格参入。NBPとコナミが「パワプロ・プロリーグ」を開催。12球団のeスポーツ選手がパワプロシリーズで戦い、「日本シリーズ」で優勝者を決める。(2018/7/20)

史上初「人生ゲーム日本一決定戦」 優勝者には「人生ゲーム紙幣の肖像になれる権」
タカラトミーは「人生ゲーム」の発売50周年を記念して、初の「人生ゲーム日本一決定戦」を開催する。優勝者にはラスベガスツアーや「人生ゲーム紙幣の肖像になれる権」が贈られる。(2018/7/12)

祝トヨタチーム、ル・マン悲願の初勝利! 優勝記念フォトギャラリー
かっこいい「TS050 HYBRID」の勇姿。(写真250枚)(2018/6/18)

IPC はんだ付けコンテスト:
執念のはんだ付け技術で優勝! 3年ぶりの日本大会で
「JPCA Show 2018」(2018年6月6〜8日、東京ビッグサイト)で、3年ぶりに「IPC はんだ付けコンテスト日本大会」が開催された。出場した40人の熟練技術者のうち、見事優勝を手にしたのは……?(2018/6/11)

レッドブル・エアレース千葉2018:
「紙一重の差だった」 室屋義秀、痛恨のオーバーG失格で千葉大会連覇逃すも総合ランク3位をキープ
予選では3位につけ、優勝を狙えるポジションでした。(2018/5/28)

長友佑都、ガラタサライ優勝に「決断は正解ではなく、大正解だった」 セレモニーには妻・平愛梨も出席
セレモニーの動画では、侍になりきる長友さんの姿が。(2018/5/21)

おふざけペア優勝! 織田信成&村上佳菜子の“ゴリラ顔ダンス”が現役時代のような躍動感
ゴレイヌさんかな?(2018/4/28)

経営権取得を正式発表:
RIZAPは湘南ベルマーレの「優勝」にコミットできるのか
RIZAPグループが湘南ベルマーレの経営権を取得すると発表。3年間で10億円以上を同チームに投資するなどし、チームを強化するという。RIZAPグループの瀬戸健社長は「『タイトル獲得』にコミットする」と意気込む。(2018/4/6)

JeSUのプロライセンス認定タイトルに決定:
「ぷよぷよ」eスポーツに 初の大会は優勝賞金100万円
セガの「ぷよぷよ」シリーズがeスポーツに。JeSUのプロライセンス認定タイトルに決定した。4月14〜15日にJeSU認定の大会を開催する。(2018/3/12)

「ぷよぷよ」がeスポーツに 4月に優勝賞金100万円の大会
セガのパズルゲーム「ぷよぷよ」が、日本eスポーツ連合(JeSU)が発行するプロライセンスの認定タイトルになった。(2018/3/12)

Jリーグ、eスポーツ大会を初開催 優勝者は世界予選へ出場
Jリーグが「eスポーツ」の大会を初めて開催する。優勝者は、FIFAが主催する国際大会の世界予選へ出場できる。(2018/3/9)

「大切なことはだいたいR-1ぐらんぷりに教わった」 紺野ぶるま、芸人人生支えたR-1の存在に感謝
優勝した濱田祐太郎さんへの心配りも話題に。(2018/3/9)

すごい展開だった…… 鉄道むすめ人気投票No.1に「久慈ありす」 少年漫画のようなマジ激戦、あれ目から汗が
予選敗退、敗者復活、そして逆転優勝!!(2018/3/2)

ETロボコン:
パッションあふれる作品が見てみたい、ガレッジニアで優勝すればアメリカ行き! ――「ETロボコン2018」
ETロボコン2018では自由な開発テーマで作品を募る「ガレッジニア部門」をもっと盛り上げていくため、実行委員会メンバーたちは身体を張る。おなじみデベロッパー部門では、前大会でも予告されていたように走行体の仕様の一部に変更がある。ET2018では、IoTをテーマとした新しいコンテストも始まる。(2018/2/15)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
卓球王者の張本が、いまひとつ支持を得られない要因
全日本卓球選手権の男子シングルス決勝で、14歳の張本智和が王者・水谷隼を破って優勝した。最年少優勝の偉業を達成したのに、いまのところ“張本フィーバー”は起きていない。なぜ新王者がいまひとつ支持されないかというと……。(2018/1/27)

10年来の月面探査レースが終了へ 優勝賞金20億円、達成チームは無し
やはり月は遠かった。(2018/1/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。