ニュース
» 2014年06月19日 16時51分 UPDATE

データセンターのサーバを保護する対策システム、シマンテックが発表

シマンテックはVMwareと連携して、仮想サーバに対するサイバー攻撃を防いだり、セキュリティ対策を効率的に適用したりできる製品を発売した。

[ITmedia]

 シマンテックは6月19日、データセンター向けサーバセキュリティ製品「Symantec Data Center Security: Server」を発売した。VMwareとの連携で開発されたもので、仮想サーバに対するサイバー攻撃を防いだり、セキュリティ対策を効率的に適用したりできるという。

 新製品はWebやファイル、アプリケーション、データベースなどのサーバにおける、リアルタイムかつプロアクティブなセキュリティ対策を実現するという。具体的には仮想アプライアンスを介して、VMware NSX環境で稼働する仮想サーバでエージェントを使うことなくマルウェア防御を行うほか、セキュリティポリシーの調整やワークフローの自動化を可能にする。

 また、拡張版となるSymantec Data Center Security: Server Advancedもラインアップする。Advancedでは許可されていないプログラムの動作を抑止したり、アプリケーションデータへのアクセスを制限したりするほか、エージェントを利用してポリシーベースのきめ細かい制御や、物理サーバ環境を含む異機種混在環境の統合的なセキュリティ監視ができるようになる。

 税別参考価格は1万2900円、Server Advancedは12万9300円となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -