ニュース
» 2014年09月25日 14時19分 UPDATE

iPhone 6(5sも)を守る3つの方法

比較的新しいiPhoneやApple IDなどのサービスを簡単な手順で安全にするセキュリティ対策方法をシマンテックが解説している。

[ITmedia]

 シマンテックは、AppleのiPhoneや同社サービスの安全性を高める方法をブログで紹介している。

手順1:Touch IDを使う

 iPhone 5s、6、6 Plusに搭載されている指紋認証のTouch IDを必ず有効にする。「設定」で後からでも有効にできる。また、こうした比較的新しいiPhoneではない場合もパスコードを必ず設定しておく。

手順2:Apple IDでは強力な固有のパスワードを使う

 iTunesやApp Store、iCloudなどで必要なApple IDのパスワードの設定は、8文字以上、小文字/大文字の英字、数字を全て含む必要がある。文字数を8文字より多くしたり、ランダムな文字を含めたりすることでパスワードを強化できる。このパスワードは使い回さず、Apple IDだけのものにする。

手順3:2段階認証を有効にする

 Apple IDを保護する追加手段であり、固有のパスワード以外の方法で認証することで、Apple IDやパスワードを盗もうとする攻撃に備える。iPhoneが手元にない状況に備えて復旧キーは印刷しておく。

symantec001.jpg iPhoneを安全にする3つの手順(シマンテックより)

 「今やスマートフォンはあらゆる場面で使われ、情報の記録、金融資産の管理、外出先での仕事、大切な人々との交流など、用途はさまざま。生活の中心にあるからこそ、スマートフォンのセキュリティは第一に考えることが重要」と同社は呼び掛けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -