ニュース
» 2014年10月02日 14時01分 UPDATE

レノボ、x86サーバの国産化を検討

IBMからx86サーバ事業を継承した「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ」が発足。半年ほどかけて山形県・米沢事業所での製造について検討を進める。

[ITmedia]

 IBMからx86サーバ事業を継承したレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ(LES)は10月2日、都内で設立記者会見を開き、ロードリック・ラピン社長(レノボ・ジャパン/NECパーソナルコンピュータ社長を兼務)が山形県・米沢事業所でのx86サーバ製造について検証を開始したことを明らかにした。

 米沢事業所は、LenovoとNECが合弁でPC事業を展開するNECパーソナルコンピュータの主力工場でPC製品を製造している。ラピン氏はIBMから事業継承したx86サーバ製品について、PCと同様に国産化を進めたい考え。「Made in Yonezawa」プロジェクトと銘打ち、今後6カ月ほどをかけて製造に関する検証など進めていくと語った。

 会見後の質問で、このプロジェクトがNECのサーバ事業と競合する可能性などを聞かれたラピン氏は、「NECとのビジネスはPCの範囲であり、LESのサーバ事業がNECとのビジネスにおいて利益相反にあたるものではない」と説明した。

lnovo001.jpg x86サーバの国産化を検討しているレノボ。NECとのビジネスにおいて「利益相反にはならない」とラピン氏は説明している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -