ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「メイドインジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メイドインジャパン」に関する情報が集まったページです。

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

ドローン:
NTT東日本など3社が国産ドローンの新会社を設立、まずは農業分野にフォーカス
NTT東日本、オプティム、WorldLink & Companyがドローン分野における新会社「株式会社NTT e-Drone Technology(NTTイードローン)」を設立する。スカパーJSATグループのエンルートの一部事業を譲り受けて自社でドローンを開発する機能を持つとともに、ドローンサービスやドローン運用支援などの事業を展開する。(2021/1/19)

FAメルマガ 編集後記:
「国産」の意味が少し変わった2020年
2021年は国内生産も再び少し盛り上がることに期待したい。(2020/12/25)

住宅ビジネスフェア2020:
ハイブリッド耐火集成材や唐松湾曲構造用集成材の活用事例、齋藤木材工業
齋藤木材工業は、1957年に法人組織に改組し、建築土木資材の製材を開始して以降、信州唐松材を使用した集成材「唐松構造用大断面集成材」の製造や鋼材と耐火集成材を組み合わせた「ハイブリッド耐火集成材」の開発、湾曲構造用集成材の量産化技術開発などを達成しており、国産材の活用に貢献している。(2020/12/25)

FA 年間ランキング2020:
「国産マスク」にかつてない注目、COVID-19による混乱の影で進むスマート工場化
2020年に公開したMONOist FAフォーラムの記事をランキング形式で振り返ります。公開記事の1年間分のデータを集計した上位記事とそこから見えるFA業界の状況について紹介します。2020年のランキングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を色濃く受けたものとなりました。(2020/12/24)

各社は品ぞろえを強化:
セブンがプレミアムな日本製「肌にやさしい洗えるマスク」を発売 機能性の高さに商機
セブン&アイ・ホールディングスが「セブンプレミアムライフスタイル 肌にやさしい洗えるマスク」(税別880円)を発売する。首都圏のセブン‐イレブンや全国のイトーヨーカドーなどで扱う。小売りチェーン各社は機能性マスクの品ぞろえを強化している。(2020/12/18)

可用性と負荷分散以外にも魅力がある
国産クラウド、ニフクラの自社基幹システムを支えるロードバランサーの実力とは
「ニフクラ」を運営する富士通クラウドテクノロジーズ(FJCT)が基幹システムを新規構築した。この基幹システムでは可用性を担保するために、ソフトウェア型のロードバランサーを導入した。利用して分かったメリットを紹介する。(2020/12/15)

【年末の贈り物セール】マスクやアルコール消毒液など衛生用品がお買い得 保湿性のある国産マスクも登場
「日本製」または「日本国内で検品」のマスクまとめ。(2020/12/11)

シャープ、毎月マスクが届く「マスク定期便」開始 マスクの実質値下げも
シャープがマスクの宅配サービスを始める。料金は1カ月(30枚1箱)で1650円。「1日1枚、安心、安全の日本製不織布マスクを確実に提供する」としている。(2020/12/1)

可用性と負荷分散以外にも魅力がある:
PR:国産クラウド、ニフクラの自社基幹システムを支えるロードバランサーの実力とは
「ニフクラ」を運営する富士通クラウドテクノロジーズ(FJCT)が基幹システムを新規構築した。この基幹システムでは可用性を担保するために、ソフトウェア型のロードバランサーを導入した。利用して分かったメリットを紹介する。(2020/11/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
国産ジェット、EV、ドローン……この国のモノ作りを敗退させた「日本スゴイ」の病理
三菱重工の「初の国産ジェット」事業が凍結。EV、ドローンなど新技術で連敗する日本企業。その背景にある病理とは。(2020/11/26)

BIM:
“生産設計BIM”で設計と施工・BIMとCIMを繋ぐ「GLOOBE」最新版、施工BIMを新規追加
国産BIMソフト「GLOOBE」がアップデートし、設計と施工のBIMモデルの連動性を高めるべく、仮設・土工を対象にした施工BIM用の「GLOOBE Construction」のラインアップを新たに追加した。GLOOBE Constructionの土工計画では、BIMとCIMを繋ぎ、点群データの読み込みから、整地・掘削、その先にはICT建機とのデータ連携も実現させている。(2020/11/20)

旬のいちごをお腹いっぱい楽しめる! スイーツパラダイスで「国産いちご食べ放題」がスタート
いちごだけでなく、いちごを使ったスイーツも食べ放題です!(2020/11/17)

国産小麦のうどんが毎月届くサブスク「UDON LAB」 食べ比べで「小麦沼」の世界に誘われよう
ところで、うどんのサブスクって何……?(2020/11/12)

ミドルハイ日本製5Gスマホ「arrows NX9」がドコモから 12月以降に発売 税込み約7.6万円
NTTドコモの9代目「arrows NX」が、5Gスマートフォンとして登場する。2代前からのミドルハイレンジ路線は踏襲し、スペックを厳選することで手頃な価格を実現している。【画像差し替え】(2020/11/5)

三菱重工、国産ジェット旅客機「三菱スペースジェット」開発凍結を発表 「一旦立ち止まる」
開発遅れ、感染症の世界的流行による「需要消失」が追い打ちに。(2020/10/30)

「乗り心地よさそう」「料理おいしそう」 日本製の高速列車「あずま」がイギリスで活躍中
日本製の車両は英国でも好評のようです!(2020/10/30)

製造業IoT:
国産手術支援ロボット「hinotori」がIoTプラットフォームと連携、AI解析が可能に
オプティムは、メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotori サージカルロボットシステム」の運用支援などを行うネットワークサポートシステムのプラットフォームである「Medicaroid Intelligent Network System(MINS)」を、メディカロイド、シスメックスと共同開発したと発表した。(2020/10/27)

生産者らを組織:
ドンキ運営のPPIH、日本産品輸出を増やすための会員制組織を設立 「海外売上高1兆円」を目指す
PPIHは農畜水産物の輸出拡大を促進するための会員制組織「Pan Pacific International Club(PPIC、通称ピック)」を立ち上げる。海外の店舗で扱う商品を増やす狙いがある。(2020/10/24)

JR東海が国産の「N700S新幹線 フィルタマスク」を10月14日に発売 ECサイトと東海道新幹線主要駅のキヨスクで
R東海は新型車両「N700S」のロゴなどをあしらった「N700S新幹線 フィルタマスク」を販売する。価格は1パック5枚入、3パックセットで3500円(以下税込、送料込)、1箱50枚入で8500円の2種類。鉄道用品などのECサイト「JR東海鉄道倶楽部」で10月14日正午に販売を開始する。(2020/10/12)

和食さと、しゃぶしゃぶ食べ放題に「北海道産牛ロースの炙り寿司(ずし)」を追加 狙いは?
「和食さと」は、しゃぶしゃぶ食べ放題「さとしゃぶ」に、国産牛も食べ放題の新メニュー「北海道産国産牛スペシャルコース」(3690円、税別)を追加した。同日から食べ放題以外にもランチメニューやグランドメニュー、そしてテークアウト商品の新メニューも開始。その狙いを担当者に聞いた。(2020/10/12)

ServiceNowのアプリストアに日本版が登場 国産連携アプリが探しやすく
ServiceNowは、「Now Platform」向けのアプリを提供するWebサイト「ServiceNow Store」の日本版の提供を開始した。国内パートナー企業によるアプリ開発のさらなる加速と、ラインアップ拡大を目指す。(2020/10/2)

寝具の西川、日本製「スヌーピー 洗えるマスク」を10月2日に発売
寝具大手の西川は10月2日、「スヌーピー 洗えるマスク」を発売する。価格は大人用が1200円(以下、税別)で子ども用が1000円。西川公式オンラインショップと、全国の取り扱い店舗で合計10万枚の販売を予定している。(2020/9/30)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020:
スパコン性能ランク4部門首位の「富岳」が目指した「役立つスパコン」の意味
アンシス・ジャパンは2020年9月9〜11日の3日間、オンラインイベント「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020」を開催。そのスペシャルライブセッションとして、富士通 プラットフォーム開発本部 プリンシパルエンジニアの清水俊幸氏が「計算性能世界一を達成した国産スーパーコンピュータ、システム開発責任者が語る成果の陰に隠れた幾多の課題克服と技術者たちの挑戦」をテーマに講演を行った。本稿ではその内容を紹介する。(2020/9/30)

医療機器ニュース:
純国産でN95相当の医療用高性能マスクの開発を開始
国立循環器病研究センター、クロスエフェクト、ニプロ、ダイキンは、純国産のN95相当医療用高性能マスクの開発に着手した。まずは少量での国内生産販売の開始を目指す。(2020/9/14)

これは見続けてしまうやつ! 国立科学博物館が名機「YS-11」の組み立て作業をライブ配信 9月14日9時から
戦後初の国産旅客機がよみがえる……! クラファン支援もぜひ。(2020/9/10)

マスクやアルコール除菌商品の価格が約9割下落、一部ゲーム機は上昇 在庫速報.com調べ
通販サイトの在庫から最安値を検索できる「在庫速報.com」が、最新価格トレンドを発表。マスク全体や除菌ジェル・除菌スプレーの平均価格は最大9割下落するも「日本製マスク」「夏用マスク」はまだ高い水準で推移。ゲーム機はPlayStation 4が8%上昇している。(2020/9/10)

不織布メーカー前田工繊が日本製「使い捨て高性能マスク」をAmazonで発売
医療用途などで不織布を販売する前田工繊(福井県坂井市)は、自社製不織布「スプリトップ」を使用したオリジナルマスクの販売を9月7日からAmazonで始めた。マスクの消費者向け販売は初めてで、ウイルスを含んだ飛沫や微小粒子状物質「PM2.5」を99%遮断する性能をもつ。(2020/9/9)

PR:ローカル5GでWi-Fiや有線の課題を解決! 高速・大容量な5G通信を手軽に試せる、国産ベンダーのシステムとは?
(2020/9/8)

純国産の医療用マスク、国循など開発 3Dプリンティング技術で設計・改良
N95相当の純国産医療用高性能マスクを国循とニプロなどが共同開発。柔軟な素材で作られた本体と、使い捨てフィルターを入れるカートリッジを組み合わせた製品だ。(2020/9/2)

SIを封印して“なるべく作らない” NECの「政府向けクラウド」独自戦略
NECが7月から、日本政府向けのクラウド事業に本格参入している。だがこの領域には、外資系大手のAWSや、国産ベンダー数社が既に参入している。競争が激化する市場でどのように戦っていくのか、NECの担当者に聞いた。(2020/8/28)

医療機器ニュース:
国産の手術支援ロボットが製造販売承認を取得
メディカロイドの手術支援ロボットシステム「hinotoriサージカルロボットシステム」が、国産として初めて製造販売承認を取得した。同システムは、執刀医や助手の医師の負担を減らし、スムーズで低侵襲な外科手術を支援する。(2020/8/27)

日立ソリューションズの建設ITが集結:
PR:設計から維持管理、労働災害までの諸問題を一気に解決する日立ソリューションズの「建設テック」
少子高齢化が年々、深刻化する日本において、労働災害の発生率が他産業に比べて高く、3Kのイメージが根強い建設業界では、若年層の入職が低い一方で、熟練の技術者や技能者の定年退職に伴う次世代への技術伝承が喫緊の課題となっている。現場での重篤災害の未然防止をはじめ、担い手不足、生産性の向上といった業界が抱える諸問題を、解決する国産の「建設テック(ConTech)」が登場した。(2020/8/20)

開発に時間とコストがかかるバックエンドをAPIとして提供:
PR:開発パートナーに活用してほしい! 国産BaaS「Hexabase」の魅力
エンタープライズ向けに特化したBaaS(Backend as a Service)である「Hexabase」。開発の経緯や背景、活用のメリット、開発パートナーにおける活用事例などについて、同社の代表取締役CEO 岩崎英俊氏、CTO(最高技術責任者)兼チーフエンジニアのソリバ・ジェーン・ポール・バナヤット(Jeane Paul Banayat Soliva)氏にお話を伺いました。(2020/8/13)

泡ハンドソープで洗えるミリ波対応日本製5Gスマホ「arrows 5G F-51A」発売 税込み価格は12万円弱
約5年ぶりに登場するハイエンドarrowsスマートフォンが、7月30日にNTTドコモから発売される。ミリ波通信に対応し、本体を泡ハンドソープで洗ったりアルコール消毒したりできることが特徴だ。ドコモオンラインショップでは、税込みで12万円弱で販売される。(2020/7/22)

すべてメイドイン福島の冷感マスクが再販 1枚1000円
メイドイン福島社(福島県福島市)は布製冷感マスクの再販を始めた。1万枚をオンラインで販売する。福島で企画、縫製した国産の布マスクとなる。大人用マスクと子供用マスクがあり、それぞれ1000円(税込み)。(2020/7/21)

国内の工場で生産:
王子ネピアが「ネピア 長時間フィットマスク」の抽選販売を開始 素材は全て日本製
王子ネピアが「ネピア 長時間フィットマスク」の抽選販売を実施。1人1箱までとなっており、全部で3000箱を用意した。国内のクリーンルームで生産している。(2020/7/15)

入館料激減で資金不足に 国立科学博物館が戦後初の国産旅客機「YS-11」公開プロジェクトの支援募集
公開予定の「YS-11」は貴重な量産初号機です。(2020/7/14)

耳の”マスク皮膚炎”を防ぐ「耳にかけない国産マスク」登場
美容室を経営するearchは、耳にかけないで着用できる国産マスク「salone de mask(サロン・で・マスク)」の予約販売を特設サイトで開始した。type-Aの「透けるタイプ」とtype-Bの「カバータイプ」の2種類があり、それぞれ5枚組1100円(税込)から購入できる。(2020/6/29)

製造マネジメントニュース:
新たなメイドインジャパンで世界に、NTTとNECが資本業務提携
NTTとNECは2020年6月25日、革新的光・無線技術を活用したICT製品の共同研究開発とグローバル展開を目的とした資本業務提携に合意したと発表した。(2020/6/26)

スーパーコンピュータTop500、「富岳」が日本製として久々の首位奪還
スーパーコンピュータの性能世界ランキイング「TOP500」で、日本の理化学研究所の「富岳」が4部門で首位に立った。Armベースのスパコンが首位に立つのは初だ。(2020/6/23)

アイリスオーヤマ、通気性にこだわった国産「ナノエアーマスク」発売 7枚498円
アイリスオーヤマは、着用時の息苦しさや蒸れを緩和する「ナノエアーマスク」の発売を発表した。発売日は「ふつう」サイズを6月中旬、「小さめ」サイズを9月予定としている。価格はどちらも7枚入りで498円(税別)。(2020/6/12)

ウェアラブルニュース:
遠隔作業支援サービスに、高耐久性の国産ARスマートグラスが対応
オプティムの遠隔作業支援サービス「Optimal Second Sight」に、サン電子の国産ARスマートグラス「AceReal One」が対応した。迅速で的確な遠隔作業支援と耐久性の高いウェアラブルデバイスの連携により、屋内外のフィールド作業改善を支援する。(2020/5/28)

「洋服の青山」の青山商事、抗菌・消臭・抗ウイルス加工の「日本製布マスク」を抽選販売
紳士服販売チェーン「洋服の青山」を展開する青山商事は、特殊加工を施した国産布マスク「TioTioプレミアム 洗える立体マスク」を公式特設サイトで抽選販売することを発表した。サイズは3種類を用意し、1枚590円(税別)で提供する。(2020/5/27)

「ゆったり」と「密着」が選べる:
素材メーカーのアキレスが「耳が痛くなりにくい国産ウレタンマスク」を発売 60年以上の実績で社会貢献
老舗の素材メーカーが新たなマスクを発売。商品名は「耳が痛くなりにくい国産ウレタンマスク」。社会貢献が目的だという。(2020/5/26)

在庫速報.com、日本製マスクや体温計など7カテゴリーを追加
通販サイトの在庫から最安値を検索できる「在庫速報.com」が機能をアップデート。「日本製マスク」「夏用マスク」「体温計」「アルコール除菌シート」「高濃度アルコール酒類」「ハンドソープ」「リングフィットアドベンチャー」の検索に対応する。(2020/5/21)

中国依存からの脱却:
アイリスオーヤマが「国産マスク」の生産設備と工場を公開 月間1億5000万枚を見込む
アイリスオーヤマが不織布マスクの生産設備を宮城県角田工場に搬入。工場内部の写真などを公開した。(2020/5/21)

大樹町の要請で打ち上げ延期:
新型コロナで苦渋の決断――ホリエモン出資の宇宙ベンチャー・インターステラ稲川社長が“打ち上げ延期決定前”に明かしていた「人材育成と成長戦略」
北海道大樹町の要請によって延期になった国産小型ロケット「MOMO5号機」の打ち上げ――。ホリエモン出資の宇宙ベンチャー・インターステラテクノロジズは同機の打ち上げを、宇宙事業が「実験」から「ビジネス」に進化する転換点と位置付けていた。ITmedia ビジネスオンラインは4月20日の時点で稲川社長に単独インタビューを実施。同社が進める人材育成、今後の成長戦略についてのビジョンを聞いていた。延期とされた5号機の打ち上げが、同社や日本の宇宙産業にとっていかなる意味を持っていたのかを問い掛ける意図から、その一問一答を掲載する。(2020/5/13)

スピン経済の歩き方:
「日本人なら国産」のこだわりが、”マスクパニック”を再燃させてしまうワケ
「ドラッグストアでマスクを買うことができたよ。『MADE IN CHINA』だけどね」といった人が増えてきたのでは。その一方で、「マスクは国産でなければいけない」という人もいるわけだが、こうした考え方に筆者の窪田氏は警鐘を鳴らしている。なぜかというと……。(2020/5/12)

激減する競技人口:
ゲートボールがeスポーツに? 衰退する競技、“再生”に「若者」が欠かせない理由
高齢者が楽しむスポーツの代表格だったゲートボール。近年は衰退の一途をたどる。国産スポーツを再び盛り上げるため、eスポーツへの参入、偏見のない若い世代の取り込みなどが行われており、世代をこえて楽しめるスポーツとして少しずつ広がりを見せている。(2020/5/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。