ニュース
» 2014年12月12日 07時35分 UPDATE

Exchange Serverの更新プログラムに不具合、一部を配信停止

MicrosoftはExchange Server 2010 SP3を対象とする更新プログラムの配信を停止した。既にインストールを済ませている場合はアンインストールするよう促している。

[鈴木聖子,ITmedia]
ms01b.jpg

 米Microsoftが12月9日に公開したExchange Serverの更新プログラムの一部に不具合が発覚し、ダウンロードセンターからの配信が停止された。Exchange Serverの更新プログラムはもともと11月の公開を予定していたが、直前になって不具合が見つかったため、公開が12月にずれ込んだ経緯がある。

 配信が停止されたのは、Exchange Server 2010 Service Pack 3(SP3)の特権昇格の脆弱性に対処するセキュリティ更新プログラム「2986475」。公開翌日の10日にダウンロードセンターのリンクが削除された。既にインストールを済ませている場合はアンインストールするよう促している。

 Exchangeチームのブログによれば、同プログラムがOutlookからExchangeへの接続機能に影響を及ぼすことが分かったという。問題を修正したうえで改めて配信すると説明している。

ms01a.jpg MS14-075の概要

 不具合が生じているのはExchange Server 2010を対象とする更新プログラムのみ。Exchange Server 2007と2013向けの更新プログラムは配信を続けている。

 Microsoftの月例更新プログラムでは、公開の直後に問題が発覚して配信が停止されるトラブルが相次いでいた。

関連キーワード

Microsoft | Exchange | 不具合 | 月例パッチ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -