ニュース
» 2015年03月31日 11時51分 UPDATE

JAY-Zの新ストリーミングサービス「TIDAL」、月額20ドルでスタート

JAY-Zことショーン・カーター氏が、買収するAspiroの有料音楽ストリーミングサービス「TIDAL」の世界35カ国での提供開始を発表した。料金はSpotifyなどの競合の2倍だが、音質は4倍としている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 音楽プロデューサーでラッパーのJAY-Zは3月30日(現地時間)、著名アーティストが参加する音楽ストリーミングサービス「TIDAL」の世界35カ国(日本は含まれない)での公開を発表した。ニューヨークで開催されたプレスイベントには、マドンナやダフト・パンクなど、多数の著名アーティストが登場した。

 tidal 1 イベントに集まったアーティスト
 tidal 2 ダフト・パンク(左の2人)とビヨンセ
 tidal 3 アーティストにTIDALのコンセプトを説明するJAY-Z

 TIDALは、スウェーデンAspiroが2014年10月に北米と英国で立ち上げたサービスだが、1月30日にJAY-Zことショーン・カーター氏がAspiroを買収することで合意している。TIDALの1月31日時点でのユーザー数は1万7000人だった。

 TIDALのサブスクリプション料は月額19.99ドルで、広告ベースの無料サービスはない。料金は競合するSpotifyYouTubeの有料プランの9.99ドルの約2倍だが、“競合サービスの約4倍のビットレート”で高品質な音楽(FLAC/ALAC 44.1kHz/16 bit - 1411kbps)と音楽ビデオを提供するという。同サービスでは、アーティストのインタビューや音楽評論記事なども読むことができる。3月25日現在で、2500万曲以上の楽曲と7万5000本以上の音楽ビデオがストリーミング可能だ。モバイルアプリ(Android/iOS)とWebブラウザで利用できる。

 tidal 4 Androidアプリ

 アーティストへの収益配分システムなどは公表されていないが、米Finantial Timesによると、JAY-Zは参加する主要アーティストらに現金とAspiroの株式を提供したという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -