ニュース
» 2015年04月16日 11時28分 UPDATE

SAPジャパン、DDoS攻撃対策ツールを開発へ

膨大なパケットをリアルタイムに処理して可視化するツールをA10ネットワークスと共同開発している。

[ITmedia]

 SAPジャパンは4月16日、大規模なサービス妨害(DDoS)攻撃をリアルタイムに可視化するツールをA10ネットワークスと共同開発すると発表した。

 ツール開発ではSAPのインメモリーデータベース技術とA10のアプリケーションデリバリーコントローラーを連携させて膨大なトラフィック情報をリアルタイムに処理し、SAPのデータ分析ソフトで可視化する。Webブラウザ上から攻撃者のIPアドレスや発信元などの攻撃に関する詳しい状況を即座に把握でき、管理者が迅速に対応できるようになるという。

dossapaten01.jpg 実証実験でのシステム構成(SAPジャパンより)

 SAPとA10は都内での実証実験を行い、攻撃の可視化に成功しているという。製品化は2015年中を目指す。

関連キーワード

SAP | DDoS攻撃 | A10ネットワークス


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ