ニュース
» 2015年06月24日 16時39分 UPDATE

暗号化ソフト「秘文」が刷新、マルウェア対策を搭載

日立ソリューションズが情報漏えい対策製品「秘文」を刷新する。

[ITmedia]

 日立ソリューションズは6月24日、情報漏えい対策製品「秘文」を刷新して8月31日から新製品を含む3種類のソフトウェアを提供すると発表した。従来の暗号化機能に加え、標的型マルウェアなどによる情報漏えいの対策機能を盛り込む。

hitsltn01.jpg 秘文 Device Controlの利用イメージ(日立ソリューションズ)

 新たに提供するのは新製品の「秘文 Device Control」「秘文 Data Encryption」と、機能を強化した「秘文 Data Protection」の3種類。

 秘文 Device ControlではPCやスマートフォン、リムーバブルメディアなどの利用を制限して、不正コピーを防止するほか、企業が許可していないネットワークへ接続すると、端末をロックさせて利用を禁止する。また、マルウェア検出ソフトと連動してマルウェア感染が検知された端末はネットワークを自動的に禁止する。ファイルへのアクセスログやネットワーク接続ログを“振る舞いログ”として取得できるようにした。

 秘文 Data EncryptionではPCやファイルサーバ、リムーバブルメディア、CDやDVDなど可搬型メディアのデータを暗号化する。秘文 Data Protectionは、アクセスログを監視して認証失敗の回数やファイル閲覧が想定外の場所や地域で行われたことを検知し、管理者にメールで通知する新機能を搭載した。場所を地図で表示することもできるという。

 製品価格は、いずれもライセンス購入型が1クライアントあたり1万円、サブスプリクション型が同年間5000円。ライセンス購入型には保守費やサーバ費用は含まれない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ