ニュース
» 2015年07月16日 12時13分 UPDATE

NEC、「顔認証技術開発センター」を新設 世界展開を強化

新たにブラジルの14の空港でも採用されることになった。

[ITmedia]

 NECは7月16日、顔認証技術の開発やソリューションの企画・開発を手掛ける「顔認証技術開発センター」の設置を発表した。同技術の世界展開を加速させる。

nec0716.jpg 顔認証の利用イメージ(出典:NEC)

 NECの顔認証技術は、米国の国立標準技術研究所の顔認証技術ベンチマークテストで3回連続の第1位の評価を得ているという。新設するセンターは、同社中央研究所で25年以上培ってきた技術をベースに、グローバル課題となっている顔認証の新技術の開発とソリューションの企画・開発を全社横断で推進する組織。社会課題の発掘や可視化を図り、中央研究所での取り組みも推進する。

 映像監視では膨大な映像データを人が目視で監視しているのが実情で、24時間の運用が求められる状況では目視による映像確認が非常に難しいという課題を抱える。顔認証技術はその改善で期待されているという。

 また同社は、顔認証技術に新たにブラジルの14の国際空港での税関業務に採用されたことも明らかにした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ