ニュース
» 2015年09月16日 10時00分 UPDATE

面倒な経費精算、“全自動化”に大きく前進 コンカーが連携アプリ提供

電車代からタクシー代、ホテルの宿泊料金までを自動で登録、精算へ――。面倒な経費精算作業の全自動化を支援するクラウドサービス、コンカーが、連携アプリの提供を開始する。

[ITmedia]

 電車代からタクシー代、ホテルの宿泊料までを自動で登録、精算へ――。煩雑な経費精算作業の全自動化を支援するクラウドサービス、コンカーが、連携アプリ配信サービス「Concur App Center」の提供を開始する。

 コンカーは、請求書の登録やデータ入力といった経費精算時の作業を自動化し、承認の手間を軽減するクラウドサービス。鉄道の経路検索やICカード連携といった入力支援機能、出張実績の連携や法人カード連携といった明細の自動登録機能で、経費精算業務の効率化を支援する。

 交通費や出張経費にとどまらない“経費精算の全自動化”を目指す同社は、新たにアプリ配信サービスの「Concur App Center」を用意。従業員向けアプリ「Apps For Me」と、財務・経理部門向けアプリ「Apps For My Business」を提供する。

Photo 世の中のさまざまな経費を自動でコンカーに取り込めるようにするのが、Concur App Centerの狙いだ

 Apps For Meは、より幅広いシーンで経費の自動取り込みができるよう支援するアプリ。タクシー配車アプリを提供する日本交通や、グローバルWi-Fiサービスを展開するビジョン、手書き領収書の人力テキスト化サービス「STREAMED」を運営するクラビスらと提携し、順次アプリを提供する。アプリを利用することでコンカー導入企業の社員は、これらのサービスの利用料や請求書データを自動でコンカーに取り込めるようになる。

Photo 従業員の経費精算の手間を軽減するための「Apps For Me」
Photo タクシー配車アプリでは、発行された電子領収書を自動でコンカーに取り込める

 Apps For My Businessは、コンカーに取り込んだ経費データを可視化し、分析するためのアプリ。出張費最適化のコンサルティングサービスを手掛けるトップレップ、Salesforceの営業活動記録や人事データ、会計・ERPデータ、全銀ファイルとの連携自動化サービスを提供する富士ソフト、経費データを多次元解析することで企業内の課題を洗い出す分析サービスを手掛けるアビームコンサルティング、VAT(付加価値税)の還付に関わる情報抽出や手続きを代行するTaxbackなどと提携し、企業のガバナンス強化や課題解決を支援する。

Photo Apps For My Businessは財務・経理部門向けアプリ。経費データを、企業の課題の可視化に役立てようという取り組みだ
Photo アビームコンサルティングのアプリでは、経費データと営業成績の掛け合わせによる分析も行えるという

 Concur App Centerには、今後、複合機メーカーやスキャナメーカー、国内ホテルチェーン、旅行会社などがパートナーとして参画を予定している。開発したアプリはConcur App Centerを通じて世界中に配信することが可能で、2015年中には20種類のアプリが提供される予定だ。コンカーでは、2017年までに日本で100種のアプリの提供を目指すという。

Photo パートナー企業には日本交通やクラビスTaxback、アビームコンサルティング、富士ソフト、トップレップらが名を連ねる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ