ニュース
» 2015年10月07日 07時00分 UPDATE

職場で役立つデジタル化レシピ:紙の書類を瞬時にデータ化 Android用スキャナアプリを試す(TurboScan編)

紙の書類をデジタルデータに変換する方法としてもっとも手軽なのは、スマホのカメラ機能を使っての撮影だ。こうしたスマホ向けのスキャナアプリのうち、今回はAndroid用アプリ「TurboScan」を紹介する。

[山口真弘,ITmedia]

この連載は

 保管コストの削減はもとより、劣化の防止や検索性の向上、再利用の促進などさまざまな利点が認められ、徐々に広がりつつある紙の文書や帳票のデジタルデータ化ですが、用途や目的を考慮せずにむやみにスキャンすることでかえって効率が悪くなったり、作業に手戻りを発生させてしまうことも少なくありません。

 また商法や税法で保管が義務付けられている文書の場合、電子帳簿保存法やe-文書法などのルールに則った手順を踏む必要があり、自分の判断でやみくもにデータ化するわけにいかないといった事情もあります。

 本連載ではこうした現在の状況を踏まえつつ、文書のデータ化にまつわる情報、さらにはフォーマットであるPDFや変換機器であるスキャナ、保存先となるストレージに至るまで、業務現場と情報システム部門に役立つ知識やTips、活用術を幅広く紹介していきます(著者より)


 「TurboScan」は、Piksoftが提供するAndroid用のスキャンアプリ。価格は250円で、試用時のバージョンは1.2.6。海外のアプリで、インタフェースは英語となる。

 本アプリの特徴は、同じ書類を3回撮影した中からもっとも適した画像を自動的に選ぶ機能を備えていることだ。角度を変えたり、フラッシュのオン/オフを切り替えるなどして撮影した3枚のバリエーションの中から、望ましい1枚をアプリが選んでくれるため、つねにクオリティの高いアウトプットを得られる。

 スキャンして取り込んだ画像はメールに添付して送信できるほか、PDFもしくはJPGに変換してさまざまなクラウドサービスと共有できる。なかでもメール添付での送信は、送信先のアドレスやタイトル、本文フォーマットをあらかじめ登録しておけるので、スキャンのたびに決まった宛先に送る場合には重宝する。一方でクラウドサービスとの連携はAndroid標準の共有機能を用いており、アプリ側にアカウントを登録したり、自動アップロードするなどの機能はない。

 本アプリのもう1つの特徴は、明るさの調整が自動補正に加えて、5段階での手動補正にも対応していることだ。手動調整機能を持たないアプリが多い中で、本アプリのこの機能は、少しでも高いクオリティで書類を取り込みたいユーザーには朗報だろう。カラーモードでは白黒2色をベースに特定の色を乗せたような独特の処理になるが、これとは別に「フォト」という、元の色合いに近いモードも用意されているので、好みに応じて使い分けるとよい。

 一方、自動撮影や連続撮影、リアルタイムでの輪郭検出といった、昨今のトレンド機能はなく、またクラウドとの連携も自動アップロードには非対応と、機能的には一昔前のアプリという感が強い。また、OCR機能も備えていないので、テキストを抽出する用途には使えない。画質的にはむしろOCR向きのクオリティなので、機能が搭載されていないのがむしろ不思議に思えるほどだ。

 もっとも、使い勝手はシンプルでこなれており、また試した限りでは、他のアプリに比べてフラッシュ撮影時も白飛びしにくい傾向があるようで、暗めの室内でも比較的良好なスキャン結果が得られる。明るさの手動調整機能が充実していることを考慮しても、クオリティを重視するユーザー向けのアプリといえそうだ。なお、5枚までのスキャンが可能な無料版も用意されているので、まずはそちらから試してみるのがよいだろう。

OK
  • 3枚の画像からもっとも適した1枚を自動的に選ぶ機能を搭載
  • 手動での明るさ調整機能が充実

NG
  • OCR機能がない
  • 自動撮影や連続撮影などの機能がない


■TurboScan編
項目 機能
自動スキャン ×
台形補正(自動)
台形補正(手動)
曲面補正 ×
明るさ・コントラスト調整
カラーモード変更
文字のテキスト化 ×
形式 PDF/JPG
クラウドサービスへのアップロード

Photo 同じ原稿を3回撮影し、その中からもっとも適した1枚を自動的に選ぶ機能を備える。もちろん1回だけで済ませることも可能
Photo 形状補正が自動的に行われ、あわせて白黒への変換が行われる。明るさは5段階で手動調節できる
Photo カラーモードは、白黒2色をベースに特定の色を乗せたような独特の処理。もちろん明るさの手動調節も可能だ
Photo 上記のカラーモードとは別に、元の写真を生かしたフォトモードも備える
Photo 保存したデータはメール添付で送信できるほか、PDFもしくはJPGに変換してさまざまなクラウドサービスと共有できる。また2ページ目以降を追加で撮影することもできる
Photo メール添付での送信は、送信先のアドレスやタイトル、本文フォーマットをあらかじめ登録しておける
Photo 一覧画面からもメール添付での送信およびPDF/JPGに変換しての共有メニューが利用できる
Photo 設定画面も含めてインタフェースは全て英語。OCR機能は搭載しない

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -