ニュース
» 2015年10月21日 21時35分 UPDATE

三井、明治安田の生保2社 キヤノンMJ開発のSFAを導入

キヤノンMJがSalesforceを活用した金融機関向けの法人営業支援システムを新たに開発し、三井生命と明治安田生命が先行導入している。

[ITmedia]

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は10月21日、Salesforceを利用する金融機関向けの法人営業支援システムを開発したと発表した。三井生命保険と明治安田生命保険が先行導入している。

 同システムは、キヤノンMJが法人向け営業活動で培ってきた販売・マーケティングノウハウを基に開発し、コンサルティングからシステム導入後の運用支援、システム活用の定着化、システムの障害対応までを提供する。同社では2003年に「金融ソリューションプロジェクト」を立ち上げ、2008年にはSalesforceを自社導入して、金融機関向けのITソリューション事業を強化してきた。

cmjfinsfa01.jpg 新開発したシステムの概要

 先行導入する三井生命保険では、団体先の属性情報や商談案件の進ちょく状況・計数を一元管理する仕組みを構築し、顧客動向の把握と的確な活動計画の立案に役立てている。また明治安田生命保険では、団体保険の営業活動に必要な契約情報、職域情報をホストから「Salesforce」に自動連携させ、企業活動や契約などの情報を一元管理させる仕組みを構築した。これにより、人間関係や団体を超えた“つながり”を可視化できるようになった。戦略検討のための「組織マップ機能」や、営業活動情報にインサイダー情報が含まれていないかを監視する「禁止文言チェック機能」などを活用している。

 同システムでは拡張性も考慮され、オフィス複合機やスキャナ、名刺管理システムなどとのシステム連携も可能。クラウド帳票印刷サービス「CanonBusiness Imaging Online 帳票・印刷サービス」と連動して提案書と報告書などの帳票を高精細に印刷できるとしている。

cmjfinsfa02.jpg 帳票の出力イメージ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ