ニュース
» 2015年12月06日 08時05分 UPDATE

Microsoft、「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」をオープンソース化へ

MicrosoftがWebブラウザ「Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」のコアコンポーネントを「ChakraCore」として来年1月GitHubでオープンソースで公開する。クラウドサービスやIoTで採用でき、将来的にはWindows以外のプラットフォームもサポートする見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは12月5日(現地時間)、同社のWebブラウザ「Microsoft Edge」のJavaScriptエンジン「Chakra」をオープンソース化すると発表した。Chakraのコアコンポーネントを「ChakraCore」として来年1月にGitHubで公開する。ライセンスについてはまだ発表していない。

 MicrosoftはChakraを2008年に開発し、WebブラウザではInternet Explorer(IE) 9から導入している。高速起動・稼働を目指して開発され、Edgeだけでなく、Azure DocumentDB、Cortana、Outlook.com、TypeScript、Windows 10 IoT CoreのNode.jsなどでも採用している。

 chakra 1

 同社によると、MozillaのFirefox(SpiderMonkey)や米GoogleのChrome(V8)などと比較して、Chakraを搭載するEdgeはECMAScript 2015(ES6)の機能を最も多くサポートしているという。

 chakra 2 ES6サポート状況比較(Kangax ES6 Compatibility Tableより)

 ChakraとChakraCoreの主な違いは、ChakraCoreにはEdgeやUniversal Windows Platformのプライベートバインディングを含まないことと、COMベースのChakraのAPIではなく、標準化できる新しいAPIをサポートすること。

 chakra 3

 1月にリリースするChakraCoreがサポートするプラットフォームはWindowsのみだが、将来的には他のプラットフォーム(LinuxやMac OS)のサポートも、外部開発者とともに目指す。Microsoftは多数の開発者がクラウドサービスやIoT(モノのインターネット)でChakraCoreを採用し、ChakraCoreの発展に貢献してくれることを期待するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -