ニュース
» 2015年12月30日 08時00分 UPDATE

ITmedia エンタープライズ 年間アクセスランキング 2015年版

2015年もあと2日で終わり。Windows 10登場、マルウェア感染アプリ、マイナンバ−制度など、今年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありましたが、ITmedia エンタープライズで最も反響があったのはどの記事だったのでしょうか。

[池田憲弘,ITmedia]

 「ITmedia エンタープライズ」で2015年で最も読まれた記事は、『企業版のマイナンバー「法人番号」とは?』でした。2016年1月に利用が始まるマイナンバーですが、法人にも法人番号が指定されるのはご存じですか?

 2015年は年間を通して、マイナンバ−法(番号法)に関する記事が読まれ、ITmedia エンタープライズでもさまざまな連載や記事をお届けしてきました。マイナンバー関連の記事は、以下の特集ページにまとめていますので、ぜひご覧ください。

 2位には連載『萩原栄幸の情報セキュリティ相談室』から、『iPhoneウイルスの現状――iOSの安全神話は捨てるべき』がランクイン。『Apple、マルウェア感染アプリ25本を公表』が3位になるなど、2015年も“アップル×セキュリティ”の記事には注目が集まりました。

 続いて4位に連載『ここが変だよ!? 日本のITインフラ』から『第28回 「続けてパスワード送付」欧米でまったく使われないワケ』が登場。2015年1月から始まった連載ですが、読者調査でも最も人気が高いコンテンツとなりました。年末ということで、人気の回をおさらいできる、こちらの記事も合わせてお読みください。

 2015年は「Windows 10」のリリースも大きなニュースになりました。タッチパネルを使うタブレット機器、あるいはモバイル版でのスマートフォンへの対応を進めつつ、伝統的なデスクトップ画面にも対応するなど、Windows 8.1から大きな変化を遂げています。

 しかし、企業向けという観点では、それ以上にプロダクト提供形態の変化(WaaS=Windows as a Service)や、新ブラウザ「Edge」の存在などが気になるところでしょう。ITmedia エンタープライズでは、連載「Enterprise IT Kaleidoscope」でその動向を随時追っています。ランキングにも特に人気が高かった3本が5位、6位、10位にランクインしました。

 7位と8位には、事例記事がランクイン。ITmedia エンタープライズは2015年、IT導入事例記事に注力してきました。事例記事だけのランキングもありますので、そちらも合わせてご覧ください。

 Windows 10登場、マルウェア感染アプリ、マイナンバ−制度、そして数々のセキュリティインシデントなど、今年もエンタープライズIT業界はさまざまな話題がありました。2016年はどのような年になるのか。引き続き、ITmedia エンタープライズをよろしくお願いいたします。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ