ニュース
» 2016年03月01日 09時11分 UPDATE

Googleの自動運転車、初の過失事故を報告(負傷者はなし)

Googleの自動運転車(レクサスモデル)が自動運転モードで初の過失事故を起こしていたことが陸運当局への報告書で明らかになった。大型バスの運転手とのお互いの“だろう運転”が原因だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの自動運転車が公道で初の過失事故を起こしたことが、米カリフォルニア州陸運局(DMV:Department of Motor Vehicles)に2月23日付で提出された報告書(リンク先はPDF)で明らかになった。

 dmv 1 事故を起こした自動運転車と同じモデル(Lexus RX450h)

 Googleの自動運転車はこれまで、もらい事故こそあったものの、自動運転モード中の過失事故を起こしたのはこれが初めてだ。とはいえ、報告書の内容を見ると、相手の公共バスの運転手の“だろう運転”が事故の原因の1つのようだ。

 この事故は、2月14日にマウンテンビューの公道の交差点で発生した。Googleの自動運転車は右折のために信号が赤の状態で車線の右端に寄ったが、脇に積まれていた土のうを避けるために車線の中央に戻る必要があった。信号が青に変わってから数台が自動運転車の横をすり抜けていった後、自動運転車がゆっくり(時速2マイル=時速約3.2キロ以下)中央に戻ろうとした際、時速15マイル(約24キロ)で走ってきたバスにぶつかった。けが人はなく、自動運転車の左側のフェンダー、タイヤ、センサーが損傷した。

 自動運転車のドライバー(このモデルの自動運転車には常にドライバーが乗っており、必要に応じて手動運転に切り替えている)は事故の前、ミラーでバスが近づいてきているのに気付いたが、バスが止まると予想して手動運転に切り替えなかったとしている。

 dmv 2 大型バス(New Flyer Lowfloor Articulated Bus)

 The Vergeが入手した3月1日に公開予定の自動運転車の月次レポートでGoogleは、「こうした“だろう運転”による事故は、毎日のように人間のドライバー同士で起きているものだ」と指摘しつつ「バスなどの大型車は他の車に道を譲らない傾向があることを自動運転車に理解させるようにする」と説明している。

変更履歴:時速の単位を修正しました。[2016/3/1 10:30]



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -