ニュース
» 2016年04月14日 17時20分 公開

日立、IoTプラットフォーム開発に1000億円投資へ

日立はデジタルソリューション事業の拡大に向け、IoTプラットフォームの開発・構築機能を強化する。

[ITmedia]

 日立製作所は4月14日、IoTプラットフォームの開発と構築のため、2016〜2018年度の3年間で約1000億円を投資すると発表した。

 米国サンタクララに新設するサービス&プラットフォームビジネスユニット(以下、プラットフォームBU)のグローバルヘッドクォーターを中心に投資し、同社の強みである産業機器や社会インフラ設備などの運用を制御するOperational Technology(OT)と、ITを結集したIoTプラットフォームの構築に充てるという。

 同社は2016年4月1日に組織体制を変えているが、プラットフォームBUは、顧客サービスを実施する12のフロントBUにIoTプラットフォームを提供する位置付けだ。開発するIoTプラットフォームはアナリティクス、AI、セキュリティなどのITと、鉄道運行管理やプラント制御などで培われたOTを融合したソフトウェア群で、これがさまざまなソリューションのコアとなり、フロントBUのイノベーション創出を後押しするとしている。

photo プラットフォームBUは、顧客サービスを実施する12のフロントBUにIoTプラットフォームを提供する(出典:日立製作所)

関連キーワード

IoT | 日立製作所


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -