ニュース
» 2016年05月14日 07時39分 UPDATE

Amazon、「Dash」ボタンのプログラム可能版「AWS IoT ボタン」発売(即完売)

Amazon.comが、2015年秋に立ち上げたモノのインターネットサービス「AWS IoT」と接続して1プッシュでモノを制御できるボタンガジェット「AWS IoT ボタン」をAWSユーザー向けに19.95ドルで発売したが、数時間で完売した(日本はまだ)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comのワーナー・ボーゲルスCTO(最高技術責任者)は5月13日(現地時間)、ネットに接続しているモノを制御できるガジェット「AWS IoT ボタン」を発売したとツイートしたが、約4時間後には初回発売分は完売したとツイートした。

 Amazon.comの販売ページによると、日本には出荷していない。米SlashGearによると価格は19.95ドルという。利用するにはAWSのアカウントが必要だ。

 iot 1 次の入荷時期は不明

 AWS IoT ボタンは、同社が2015年10月に発表した“モノのインターネット(IoT)”システム「AWS IoT」を体験するための開発者キットという位置付け。AWS IoTは、Wi-Fi経由でネットに接続できる端末をAWSや他のIoT端末と接続し、情報のやり取りを可能にするサービスだ。同社はこれまで、開発者向けイベントなどでこのボタンのプロトタイプを無償で配布していた。

 AWS IoT ボタンは2015年4月に米国で発売した「Dash Button」がベースになっており、Dash Buttonと異なり自分でコマンドをプログラミングできる。

 あらかじめクラウド内でコーディングした命令をボタンで押すことで実行する。Dashボタンと同様に特定の商品を発注したりできる他、車のロックを解除したり、家電製品のコントローラーとして使ったり、TwitterやFacebookと連係させることも可能だ。アイデア次第で可能性が広がる。

 iot 2 AWS IoT ボタンの仕組み

 ボタンは本稿執筆現在、Amazon.co.jpでは発売されていないが、AWS IoTは東京リージョンでもβ提供しているので、日本での販売も期待できそうだ。東京リージョンでのAWS IoTの料金は、100万メッセージ当たり8ドルだ。

 なお、AWS IoT ボタンは充電はできず、ボタンを約1000回押すとバッテリー切れになり、使えなくなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -