ニュース
» 2016年05月18日 07時13分 UPDATE

MicrosoftとSAPがクラウドで広範な提携──Azure上にHANA、Office 365+Concur

SAPが、Appleとの提携に続けて、Microsoftとのクラウドでの提携を発表した。Microsoft Azure上でのHANAの稼働をサポートし、Office 365とSAPのクラウドソリューションを連係させる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftと独SAPは5月17日(現地時間)、SAPの年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW」において、広範な提携を発表した。

 nadella SAPPHIRE NOWの基調講演で握手するSAPのビル・マクダーモットCEO(左)とMicrosoftのサティア・ナデラCEO(右)

 「Microsoft Azure」がSAPのインメモリデータベース「HANA」をサポートし、「Office 365」とSAPの「Concur」「SAP Fieldglass」「SAP Ariba」などのクラウドソリューションをシームレスに連係できるようにしていく計画だ。

 SAPPHIRE NOWの基調講演では、従業員が人事ソリューション「SuccessFactors」に休暇を登録すると、それがOutlookの予定表にリアルタイムで反映され、ミーティングの予定が変更されるデモなどが行われた。

 sap SuccessFactorsへの休暇申請がリアルタイムでOutlookの予定表に反映されるデモ

 ナデラCEOは発表文で「Microsoftは、企業のデジタルな変革の支援に注力している。SAPと協力することで、Microsoftの企業向けコラボレーションツール、新しいデータ解析情報、大規模クラウドの新たなレベルでの統合を提供する」と語った。

 SAPは今月初旬、米Appleとの提携も発表している。

 基調講演でのSAPのビル・マクダーモットCEOとナデラ氏の対談は以下の録画の53分目くらいから、デモは70分目くらいから。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -