ニュース
» 2016年06月02日 16時57分 UPDATE

Facebook、テキスト内容を理解するディープラーニングエンジン「DeepText」

Facebookは、従来の自然言語処理ではなく、ディープラーニングのアプローチでテキストの内容を理解する人工知能エンジン「DeepText」を発表した。将来的にはニュースフィード上の表示優先順位やヘイトスピーチの迅速な駆除に活用したいとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは6月1日(現地時間)、テキストの内容を“人間に近い正確さで”理解するディープランニングエンジン「DeepText」を発表した。

 20カ国以上の言語に対応し、既にFacebookメッセンジャーなどでテスト中という。

 Facebookはニュースフィード上で、ユーザーにとって関心の高い投稿を優先的に表示するようにアルゴリズムで調整している。DeepTextは将来的にはこうした調整に貢献する。

 また、著名人の投稿には瞬間的に膨大な数のコメントが多様な言語で寄せられるが、こうしたコメントから意味のあるコメントを瞬時に抽出して表示することにも役立てられる。また、スパムやヘイトスピーチの駆除にも使える。

 deeptext 現在もコメントが多い場合は「注目度が高い」ものが優先表示される

 さらに、メッセンジャー上のbotの精度向上にも役立ちそうだ。

 Facebook上の膨大な量の多国語で投稿されるテキストを理解するには、従来のNLP(自然言語処理)は適さないという。ディープラーニングであれば、NLPよりも効果的にラベル付きデータを利用し、言語を横断してコンテキストを理解できるとしている。

 メッセンジャーでのテストの例として、ユーザーの短いメッセージから車を手配したいのかどうかを判断するテストの動画が公開されている。「I need a ride」「Let's take a ride there」「Take a cab」「Take a taxi」などさまざまな表現でタクシーを呼びたいという内容を入力すると「Request a Ride」と表示され(実際にはbotによる配車ボタンの表示になるのだろう)、「I don't need a ride」「I like to ride donkeys」などのフェイントには反応しない。

DeepText on Messenger

Facebook Engineeringさんの投稿 2016年6月1日

 研究チームは現在、DeepTextと「DeepFace」などの画像認識エンジンを組み合わせた新たなディープラーニングアーキテクチャも開発中という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -