ニュース
» 2016年06月08日 08時45分 UPDATE

「Firefox 47」安定版リリース 同期タブ表示のサイドバー追加や13項目の脆弱性修正

MozillaがWebブラウザ「Firefox」をバージョン47に更新した。複数端末で開いているタブを一覧できるサイドバーの追加やVP9のサポート、「最高」2項目を含む13項目の脆弱性修正などが行われた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Mozilla Foundationは6月7日(現地時間)、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Firefox 47」をWindows、Mac、Linux、Android向けに公開した。

 このアップデートで、Firefoxアカウントでログインしている端末間で同期するタブの一覧が、履歴メニューではなく、サイドバーに表示されるようになった。

 firefox 1 サイドバー
 firefox 2 サイドバーには端末ごとにタブ履歴が表示される

 また、ビデオコーデック技術「VP9」をサポートするようになり、高速なPCであれば高解像度の動画を滑らかに再生できるようになった。例えばメインの動画プレーヤーがHTML5ベースになっているYouTubeの動画の再生が従来より快適になるという。

 Googleの「Widevine CDM」もサポートし、FirefoxにFlashなどの追加プラグインをインストールしていなくてもAmazonビデオなどのストリーミングを再生できるようになった。

 セキュリティ関連では、重要度「最高」2項目を含む計13項目の脆弱性が修正された。

 firefox 3 修正された脆弱性

 その他の変更点についてはリリースノートを参照されたい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -