ニュース
» 2016年06月30日 08時00分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:Windows 10は次の大型アップデートでどう変わるのか (1/3)

Windows 10への無償アップグレードの終了が近づいているが、Windows 10自体は8月2日に新たな大型アップデート「Anniversary Update」を控えている。目玉とされるセキュリティまわりを中心にAnniversary Updateでの変化を予習しておこう。

[山本雅史,ITmedia]

Windows 10 Anniversary Updateの機能

 Microsoftは、Windows 10の次の大型アップデートになる「Anniversary Update」(開発コードRed Stone1、以下Win10 RS1)を8月2日にリリースすると発表した(関連記事)。ここまで、順調に開発が進んでいるようだ。3月末に開発者向けカンファレンス「Build」で発表されて以降、Fast Ringを通じて2カ月間に14回も新しいビルドが提供され、5月末から6月末までの1カ月には7回ものアップデートが行われている。

 6月28日現在のビルドは14376だが、Microsoftは既知のバグがないとしている。このビルド14376では、今まで搭載されていた「Messaging everywhere」という機能が削除された。この機能がWin10 RS1のリリースに間に合わないのではなく、Skypeの新バージョンの機能とダブるため、削除されたようだ。

Microsoftの英語版サイトでは、Windows 10 Anniversary Updateの機能などをロードマップとして解説している
開発中のWindows 10 Anniversary Updateに搭載される機能の一覧。この他に開発が終了しパブリック プレビューとして提供されている機能もある
リストの左に表示されているアイコンは、どのデバイスに追加される機能かを表している
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ