ニュース
» 2016年08月10日 10時32分 UPDATE

Google、ChromeでのFlashブロックをさらに推進、12月にHTML5をデフォルトに

“Web高速化”を目指すGoogleは、Chromeブラウザの9月のアップデート(バージョン53)で広告解析などにつかわれているFlashをブロックし、12月(バージョン55)にはHTML5をデフォルト設定にすると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月9日(現地時間)、ChromeブラウザでのAdobe Flash Player利用削減の取り組みの今後の予定について発表した。

 9月に公開を予定している「Chrome 53」の安定版で、Webページの解析などのために背後で稼働するタイプのFlashをブロックするようにする。こうしたFlashは現在Web上で読み込まれるFlashの9割以上を占めており、ページの読み込みを遅くしているという。

 さらに、12月に予定している「Chrome 55」の安定版で、FlashではなくHTML5をデフォルトに設定する。

 HTML5でFlashの機能を実現できるWebサイトについてはHTML5を優先し、Flashが必要なWebサイトでは、ユーザーが初めて閲覧した際にFlashの実行を許可するかどうかを選択する画面をまず表示する。いったんFlashの使用を選択すれば、Chromeがその設定を記憶して、そのドメインではFlashを実行する。

 法人についてはポリシー設定で「常にFlashコンテンツを実行する」などのオプションを提供し、社内のユーザーにとって適切な措置を選択できるようにする。

 Googleは、「FlashはWebをリッチでダイナミックなものにすることを助けてきた。われわれは今後もAdobe Systemsと密接に協力し、ユーザーのWeb体験を可能な限り速く安全にし、WebのHTML5への移行を支援していく」としている。同社はHTML5はFlashよりもページ読み込みが速く、バッテリー消費が少なく済み、セキュアでもあるとしている。

 GoogleはChromeでの“Web高速化”の一環として、2015年9月公開の「Chrome 45」で、デフォルトでFlashを停止する設定にした。

 flash 現行Chromeでは既に初期設定でFlashを停止するようになっている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -