ニュース
» 2016年09月30日 08時00分 UPDATE

エンプラ週末こぼれ話:「AWSの支払いはこれで」――クラウドの普及でクレカ業界に新たなチャンス? (1/3)

クラウドの普及でビジネスが変わるというのは、よく聞く話ではあるが、どうやらクレジットカード業界にも影響を与えているようだ。クレディセゾンが新たなビジネスチャンスを見いだしたのは、AWSを利用しているベンチャー企業だった。

[やつづかえり,ITmedia]

 「カードの限度額に引っ掛かって支払いができず、サービスがストップしそうな会社があるんです……! 何とかなりませんか?」

 クレディセゾン ネット事業部 データマーケティング部の磯部泰之さんの元には、AWS(Amazon Web Services)の社員やベンチャーキャピタルの投資家からこんな相談が、頻繁に寄せられる時期があった。

 Webやスマートフォンアプリなどでサービスを展開するITベンチャーは、固定費のかかるITインフラを持たず、クラウドを利用しているケースがほとんどだ。中でもAWSのシェアが高いが、利用料の支払い方法がクレジットカードか米国の口座への海外送金に限られる。

 そのため、特に社歴が浅く、法人名義でのクレジットカードを持つことができないような会社では、社長の個人名義のカードで支払いを行い、カードの限度額が問題になるケースが増えているのだという。時代の変化で新たなニーズが生まれている――磯部氏はこの問題に目を付けた。

ビジネス用クレジットカードのニーズが高まる2つの理由

photo クレディセゾン ネット事業部 データマーケティング部の磯部泰之さん

 「ベンチャーの方から、『法人用のカードを作りたいんだけど、銀行や他のカード会社に頼んでも、ベンチャーだと審査に通らないので作れない、何とかしてくれないか』と相談されることが、すごく増えてきたんです」(磯部さん)

 磯部さんは、ネット事業部の新規事業担当として、アライアンス先となるベンチャー企業と関わる中で、このような話を聞くことが増えたという。同氏によれば、立ち上げ期のベンチャーにおいて、2つの理由でビジネス用クレジットカードへのニーズが高まっている。

 1つはAWSや各種SaaS、Facebook広告の出稿など、海外のサービスの利用が増えたことだ。大企業であれば日本の代理店に支払う場合も多いが、小さな会社の場合はカードで直接支払いをするケースが多い。

 AWSをはじめとするクラウドは低コストで導入できると言っても、新しいゲームをリリースしたときなど、「予想以上のヒットで費用が膨らんで、限度額のせいで支払いができずにサービスが止まってしまったらどうしよう……」といった悩みを持っている会社が少なくないのだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ