ニュース
» 2016年10月19日 21時55分 UPDATE

ソラコムとKDDI、IoT向けに安価な新サービス「KDDI IoTコネクト Air」を提供

ソラコムとKDDIが、12月以降にIoT向けの安価なSIMサービスを提供する。Webベースで手軽に管理ができる「SORACOM Air」とほぼ同等のサービスをauのネットワークで利用可能になる。

[園部修,ITmedia]

 ソラコムとKDDIが10月19日、IoT向けに安価な料金体系を実現したSIM単体のサービス「KDDI IoTコネクト Air」を発表した。12月以降に提供を開始する。

 KDDI IoTコネクト Airは、1日10円の基本料金、1MBあたり0.2円からのデータ通信量など、IoTデバイスでの利用に適した新サービス。WebからSIMの申し込みや発行、管理が行え、通信速度の変更や通信の監視なども集中管理できる、「SORACOM Air」とほぼ同等のサービスがKDDIのネットワークで利用できるのが特徴だ。

 コアネットワークはクラウド上に構築された「SORACOM vConnec Core」を用いており、料金体形は、契約事務手数料(SIM送料込み)が1SIMあたり1500円、基本料は10円/日(利用中断中5円/日)。国内SMS通信料は送信が3円/回、受信は無料となっている。データ通信料は回線速度に応じて変わるが、32kbpsから2Mbpsまで適宜選んで利用できる。

KDDI IoTコネクト Air KDDI IoTコネクト Air
データ通信量
回線速度 32kbps 128kbps 512kbps 2Mbps
上り 0.2円/MB 0.22円/MB 0.24円/MB 0.3円/MB
下り 0.6円/MB 0.7円/MB 0.8円/MB 1円/MB

 なお、午前2時〜午前6時の料金は一律0.2円となるので、深夜にまとめてデータの送受信をするとコストを安く抑えられる。

 これまでの、KDDIの営業担当者を通して通信モジュールを入手し、相対契約で料金を決めて利用する、というプロセスが大幅に簡略化され、SIM 1枚でIoT機器開発のスモールスタートが可能になるのが大きな特徴だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -