ニュース
» 2017年01月05日 16時50分 UPDATE

海外でもさくらのIoT Platformに接続できる「さくらの通信モジュール」発表

現在β版を提供中の「さくらの IoT Platform」に、海外からでも接続できる「さくらの通信モジュール」を用意する。スタートアップやメーカーの海外展開をサポートする子会社も設立した。

[園部修,ITmedia]

 さくらインターネットが1月5日、2017年度中に、海外でも「さくらのIoT Platform」に接続可能な「さくらの通信モジュール」を提供すると発表した。また、さくらのIoT Platform をグローバル展開するための子会社、櫻花移動電信有限公司を香港に設立。世界のIoTスタートアップやIoT事業を展開するメーカー向けに、さくらのIoT Platformを拡販するほか、海外接続に必要な規格やライセンス取得などをサポートする。

さくらのIoT Platform さくらのIoT Platform概念図

 さくらのIoT Platformは、データを送受信するための通信環境やデータの保存、処理などに必要なサーバやストレージを一体で利用できるサービス。2016年度中に正式サービスの開始を予定しており、現在はβ版が利用できる。複数の通信方式が選べるさくらの通信モジュールを製品に組み込むことで、さくらインターネットが提供するデータセンターに閉域網で接続可能だ。IBM BluemixやAWS IoT、myThingsといったサービスと接続してIoT機器が利用できる。

 海外でも利用可能なさくらの通信モジュールは、国内向けのものと共通の形状・インタフェース仕様で提供する予定で、必要に応じて選択可能だ。海外向けの新たなシステムや製品の開発は不要で、IoTサービスやIoT製品の利用範囲を簡単に海外に拡大できるという。

さくらのIoT Platform 現在β版として提供中のさくらのIoT Platform。正式サービス開始は2016年度中を予定している

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ