ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「海外展開」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

パナ、AI制御で電気代削減 2020年代後半に世界展開へ 業務用、サブスク検討
世界的な脱炭素の流れに加え電気代高騰で、業務用空調の省エネニーズが高まっており、電機各社には新サービスや製品を打ち出す動きが広がっている。(2024/1/31)

パナ、AI制御で電気代削減 2020年代後半に世界展開へ 業務用、サブスク検討
パナソニックホールディングス(HD)が人工知能(AI)で業務用空調を制御して電気代を削減するサービスを2020年代後半に海外展開することが30日、分かった。まずは今年4月から国内のオフィス・店舗向けにサービスを始め、米国や欧州などに広げていく。世界的な脱炭素の流れに加え電気代高騰で、業務用空調の省エネニーズが高まっており、電機各社には新サービスや製品を打ち出す動きが広がっている。(2024/1/30)

ロボット:
日本製の墨出しロボが海外市場に本格進出 未来機械と竹中などが開発
未来機械は、竹中工務店やレンタルのニッケンとともに開発した墨出しロボットを東南アジアなどのグローバル市場で販売に乗り出した。未来機械にとっては、中東向けソーラーパネル清掃ロボットに続く、海外進出となる。(2024/1/15)

NTT・島田明社長 海外展開、iモードの二の舞は「仲間作り」で回避
米国の巨大IT企業は「パートナー」だと指摘するとともに、ケタ違いの研究開発費を計上する巨大ITとも「戦える」と断言。(2024/1/15)

コアスタッフ 代表取締役社長 戸澤正紀氏:
PR:在庫収容規模10倍の新物流センター稼働という飛躍に向けて事業基盤を固めるコアスタッフ
半導体/電子部品通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営するコアスタッフは2024年、事業の飛躍的成長を目指して積極投資を実施する。2024年秋には現物流センターの約10倍の収容能力を誇る新物流センターを稼働させる他、2023年に稼働させたタイ倉庫などを活用して顧客の余剰在庫を保管して販売する「余剰在庫ビジネス」の海外展開も拡大。従業員のスキルアップも図り「2024年は、飛躍に向けて事業基盤をしっかり固めていく」と抱負を語るコアスタッフ社長の戸澤正紀氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/1/11)

今日のリサーチ:
日本のコンテンツ(映画、アニメ、ゲームなど)の海外市場規模は4兆6882億円、最も売り上げの大きい分野は?
ヒューマンメディアが2022年における日本の映画、テレビ番組、アニメ、家庭用ゲーム、スマホ・PCオンラインゲーム、出版(漫画)コンテンツの海外での売り上げを算出した結果です。(2024/1/6)

カタカナ・アルファベットへの社名変更が増加中、理由は?
社名をカタカナやアルファベットに変える企業が増え続けている。海外展開の強化や事業内容との整合性が主な理由だ。(2023/12/31)

日本本社と海外拠点をシームレスにつなぐ:
ERP「3カ月でスピード導入」「専任担当者なし」はなぜ実現したか 事例を紹介
海外進出を考える企業にとって基幹システムをどうするかは悩ましい問題だ。既存のシステムを使うのか、海外進出を機に一新するのか――。海外展開をスピーディーに進める企業の事例を見てみよう。(2023/12/22)

「特装型アーカックス」世界へ 「マクロス」シリーズの河森正治監督デザイン
搭乗型ロボット「アーカックス」を開発・販売するツバメインダストリは21日、映画「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」などで知られる河森正治監督がデザインした「特装型モデル」を世界展開すると発表した。(2023/12/21)

帰国先で年間90日テレワーク可 KADOKAWA、外国籍社員に新制度
KADOKAWAが外国籍社員向けに一時帰国先で年間最長90日間テレワーク可能とするリモートワーク制度を導入した。IP事業の海外展開を進める中、外国籍社員の就業環境を整備する狙いがある。(2023/11/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
356億円が消えた「クールジャパン機構」の大失態 その“楽観的すぎる計画”の中身
10月31日の国会中継では、官民出資のファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の356億円にも上る巨額の累積損失が厳しく追及された。日本のアニメ、ファッション、食品などの文化コンテンツを海外市場に展開することを目的とするファンドだが、運用上の問題や損失が度々指摘されており、その経営効率と透明性が問題視されている。(2023/11/6)

RIZINがアゼルバイジャンで開催 榊原CEOに聞く「海外進出の意味」
11月4日、格闘技イベント「RIZIN」が誕生から8年目にして初めて“海外進出”する。アゼルバイジャン・バクーで「RIZIN LANDMARK 7 in Azerbaijan」を開催するビジネス的な狙いを、榊原信行CEOに聞いた。(2023/11/2)

20年前の原体験:
ユニクロが海外展開先で聞かれた衝撃の一言「わが国に何をしてくれるのですか」
ユニクロが古着販売によって循環型ビジネスに取り組む理由は何か。背景にはファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏が20年以上前に経験した海外展開でのエピソードと、そこから得た強い思いがあった。(2023/10/26)

3Dプリンタニュース:
3Dプリント義足事業がインパクトスタートアップ育成支援プログラムに選定
インスタリムの3Dプリント義足事業が、インパクトスタートアップ育成支援プログラム「J-Startup Impact」に選定された。政府支援により海外事業の拡充を図り、現地採用などでエンジニア人材やコーポレート人材の採用を強化する。(2023/10/26)

「スイカゲーム」200万ダウンロード突破 2週間足らずで倍に 海外展開も
Aladdin Xは23日、Nintendo Switchソフト「スイカゲーム」が200万ダウンロードを突破したと発表した。(2023/10/23)

帝国データバンク調べ:
ジャニーズ問題、上場企業65社の約半数「今後起用しない」 海外事業比率に相関
帝国データバンクは9月21日、ジャニーズ事務所の所属タレントをCMに起用している上場企業65社を対象に、起用動向についての調査結果を発表した。(2023/9/27)

2週間で2億8000万時間 『ONE PIECE』の世界展開を成功させたNetflixの凄さ
Netflixが8月31日に公開した実写版『ONE PIECE』。公開以降、2週間で2億8000万時間を超える視聴時間を記録している。世界展開を成功させたNetflixの凄さとは。(2023/9/26)

ROLAND、海外事業撤退で6000万円損失は「単純に自分の実力不足」 気遣うスタッフに心境語る
マレーシア事業から撤退を決めた翌日の様子。(2023/8/17)

ROLAND、“6000万円”かけた海外事業から撤退「完全にやられた…」 日本人社長との直接対決に反響
事業は本当に大変。(2023/8/10)

とにかく明るい安村、世界進出の裏側で“スリ被害”に遭っていた 大ウケ後の行動を反省「調子に乗ってました」
かわいそうすぎる。(2023/7/27)

楽天、縦読みマンガ「R-TOON」今秋開始 海外展開も視野に少年画報社らと共同制作
楽天グループは15日、縦読みコミックの配信サービス「R-TOON」を今秋以降に始めると発表した。海外展開も視野に入れ、少年画報社、ストレートエッジ、ニトロプラスとオリジナル作品の共同制作を始めている。(2023/6/15)

大ブレイクのとにかく明るい安村、“パンツ一丁で海外進出”した決勝パフォーマンスに同期ら「日本の誇り!!」「立ち会えたことが光栄」
「ブリテンズ・ゴット・タレント」へともに参加していた同期たち。(2023/6/6)

とにかく明るい安村、“パンツ一丁の海外進出”が大成功 英番組で爆笑かっさらう「Don't worry, I'm wearing!」
日本よりウケてる説ある。(2023/4/22)

「金沢カレーブーム」の火付け役:
ゴーゴーカレー、サッカー本田圭佑氏が主要株主に 狙いは?
カレーチェーンを運営するゴーゴーカレーグループ(石川県金沢市)は4月17日、元サッカー日本代表の本田圭佑氏が運用する個人資産ファンド「KSK Angel Fund, LLC」(KSK)を主要株主に迎えたと発表した。本田氏のグローバルな知名度や人脈を生かし、海外進出に向けた足掛かりとしたい考えだ。(2023/4/17)

ルーターレンタルサービス「NETAGE」が海外展開 1日1100円から
ベネフィットジャパンは4月5日から、モバイルルーターレンタルサービス「NETAGE」のサービスを海外でも利用可能にした。海外での利用料金は日額1100円からで、通信容量は1日1GBとなる。(2023/4/10)

ダイアン津田、ゴイゴイスーが世界進出 一瞬の隙を逃さぬWBCでの動きに「抜かれてて草」「やっぱりすごい」
津田さん「世界デビューしました」(2023/3/10)

米Sensor Tower調べ:
世界で最も稼ぐ日本の版権スマホゲーム、「ドラゴンボール」を超える人気作は?
米Sensor Towerは、『2022年海外市場における日本のモバイルIPゲームインサイト』レポートを発表した。2019年から22年にかけて、日本のモバイルIPゲーム収益の37%近くは海外市場からだった。「ドラゴンボール」を超える人気作は?(2023/2/14)

「せ、世界進出っ」 かまいたち・濱家隆一、元乃木坂46・生田絵梨花との楽曲が海外人気TikTokerに見つかってしまう
すごい展開。(2023/1/19)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:世界的オンライン半導体商社への飛躍に向かい積極投資を展開するコアスタッフ
半導体/電子部品通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営するコアスタッフは2023年、本格的な海外事業展開に向けて積極的な投資を展開する。2022年12月には、これまでの物流センターの約10倍の収容能力を誇る新物流センターの建設に着手。新たな半導体/電子部品サプライヤーとのパートナーシップ締結や、真贋判定サービスやバッファー在庫管理代行サービスなど各種サポートサービスの強化も実施する。「日本発のグローバルなカタログディスティ(カタログ商社)になる」と語るコアスタッフ社長の戸澤正紀氏に2023年の事業戦略を聞いた。(2023/1/12)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「HONOR 70」はVlogの人物撮影がはかどる機能を搭載 香港では約6.7万円
Huaweiから独立したHONORも、最近では海外市場にハイエンドモデルを次々と投入しています。「HONOR 70」はミドルハイレンジモデルですが、ビデオ撮影機能を強化したVlogにも便利なスマートフォンです。香港では3699香港ドル(約6万7000円)で販売されており、これはサムスンGalaxy Aシリーズの上位モデルと同じ価格帯です。(2022/12/19)

在庫量は10倍、ZEBも実現へ:
本格世界進出に向け新物流拠点着工――コアスタッフ
コアスタッフは2022年12月8日、半導体/電子部品販売ビジネスの新たな基幹拠点になる物流センター(長野県佐久市)の建設に着工した。従来拠点に比べて10倍になる約100万点の在庫を保有できる能力を持ち、同社は新物流センター稼働後、事業の海外展開を本格化させる計画だ。(2022/12/13)

2023年に1号店オープン:
「東京チカラめし」がタイに出店、香港に続く海外展開
SANKO MARKETING FOODSは、タイのON AND ON GROUP COMPANYと基本ライセンス契約を締結。2023年1月下旬、「東京チカラめし」1号店をバンコクに出店する。(2022/11/10)

世界初、iPhone Proで豚の体重測定 「PIGI」海外展開へ
iPhone Proシリーズを使って誰でも簡単に豚の体重測定ができる養豚用AIカメラアプリ「PIGI」が海外展開へ。(2022/11/2)

中国におけるBEV普及・海外進出加速に示唆される日本自動車産業の未来
中国における国内新車販売台数は、2017年まで2桁の年平均成長率で成長し続けてきたが、 2017年以降は減少傾向に転じた。一方、NEV、BEVの販売台数は拡大を続けその傾向がより一層加速している。(2022/10/31)

医療機器ニュース:
安全な手技をサポートする開腹手術用エネルギーデバイスを海外展開
オリンパスは、開腹手術用エネルギーデバイス「THUNDERBEAT Open Fine Jaw Type X」を発売する。隣接する組織や血管への意図しない熱損傷リスクを軽減するため、先端に熱伝達を抑制するカバー「サーマルシールド」を搭載している。(2022/10/5)

「ダイソー」、インド初出店 海外店舗の展開は25カ国に
100円ショップ「ダイソー」を運営する大創産業がインド初の店舗「DAISO イランテモール店」をオープンしたと発表した。これにより、同社が海外進出した国は25カ国(地域含む)となる。(2022/9/20)

バーチャルオフィスのoViceが45億円調達 海外展開や人材採用を強化
バーチャルオフィス「oVice」を提供するoViceが45億円を調達。資金は米国への展開や人材採用、マーケティングの強化などに充てるという。(2022/8/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「コロナ禍」見誤った中国火鍋チェーン「海底撈」、海外事業切り離しで立て直し? 日本でも大量出店のち休業
中国最大の火鍋チェーン「海底撈火鍋」を経営する海底撈国際控股が、海外事業部門を分社し、香港証券取引所に上場申請した。同社はコロナ禍で大量出店する「逆張り」戦略が失敗し、直近の決算で巨額赤字を計上。国内外の同時改善は難しいと判断し、重荷の海外部門を切り離したようだ。(2022/7/21)

海外店舗1号:
「どうとんぼり神座」がハワイに 「白菜」をふんだんに使ったラーメンの今後
ラーメンチェーン店「どうとんぼり神座」が、海外展開にチカラを入れていくという。第1号店として「ハワイ アラモアナセンター店」をオープンし、今後も店舗拡大を進めていく。(2022/7/19)

海外コンビニエンス絶好調:
セブン&アイ、初の売上高10兆超えへ 競合イオンを突き放す原動力は
セブン&アイ・ホールディングスは2023年2月期第1四半期の連結決算を発表した。海外事業が絶好調で、今期の売上高「10兆超え」を見込む。競合イオンを一気に引き離し、小売業の圧倒的トップへ。(2022/7/11)

AI契約書審査のLegalForce、ビジョンファンド、セコイアなどから137億円調達し米国展開へ
AI契約審査サービスを提供するLegalForceは6月23日、ソフトバンクビジョンファンド(SVF)2をリード投資家とし約137億円を調達したことを発表した。新たに海外事業に取り組み、まずは米国に進出する。(2022/6/23)

新ブランド戦略に伴う「品質向上の効率化」の挑戦
品質と効率を両立、コード解析ツールの乗り換えの決断がもたらした効果とは
富士フイルムビジネスイノベーションは、海外進出を加速させる一方で、商品の品質向上と効率化の両立が課題だった。開発品質を高めつつ工数削減を両立させるに当たり、同社がコード開発ツールのリプレースに踏み切った理由は。(2022/6/27)

CAMPFIRE、米最大クラファン「Indiegogo」と連携 プロジェクト海外進出を支援
日米最大級のクラファンが相互連携。「CAMPFIRE」が、「Indiegogo」を通じた、国内プロジェクトの海外進出を支援。(2022/5/12)

新会社はNTTデータ傘下に:
NTTとNTTデータ、10月に海外事業統合 澤田社長「再編に終わりない」
日本電信電話(NTT)は5月9日、グローバル事業の強化を目的に、組織再編を行うと発表した。海外向け情報インフラ事業を手掛ける100%子会社のNTTリミテッドをNTTデータ傘下に移管。10月1日付けで新たに海外事業会社を設立し、リミテッドとデータ双方の海外事業を統合する。(2022/5/9)

NTTとNTTデータ、海外事業を統合へ 発表巡る株価の乱高下に澤田社長も苦笑
日本電信電話とNTTデータが海外事業を統合すると発表した。NTTでグローバルでデータセンター・ネットワーク事業を展開する「NTT Ltd.」と、NTTデータの海外事業を統合し、国際競争力の強化を目指す。(2022/5/9)

“同人ハード”が「CES」で賞を取るまで メタバース住人が愛用する「HaritoraX」誕生の軌跡
同人発のハードウェアが大ヒット。商業製品として量産化し、世界的な展示会で受賞して海外展開へ――絵に描いたような夢物語だが、VR用モーショントラッキングデバイス「HaritoraX」が叶えた実話だ。(2022/4/30)

Slack越えの最速成長、グローバル人材市場を変革するSaaS企業ディールとは
海外進出を目指す企業や、国外の高度人材を必要とする企業にとって、海外での人材雇用はこれまで大きな障壁となっていた。こうした手間のかかる一連の労務管理を、1つのプラットフォーム上で完結させるスタートアップが現れた。グローバル人材の労務管理SaaSを提供する米国発のディール(Deel)だ。(2022/4/28)

メカ設計ニュース:
ミスミが「meviy」の海外展開の加速を視野にUI刷新、作業時間が従来の3分の1に
ミスミグループ本社は、オンライン機械部品調達サービス「meviy」のグローバル展開の加速を視野に、ユーザーインタフェースを2022年4月から刷新した。初めての利用者でも直感的に操作できるよう一覧性を高めるとともに、見積もり/発注までのステップの見直しを図った。(2022/4/19)

矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが共同調査:
「コスト削減」が減り「攻めの投資」が増加 海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向調査
矢野経済研究所とビジネスエンジニアリングが、海外拠点を持つ日本企業のデジタル技術活用に関する動向を共同調査した。海外進出する日本企業の経営課題がDXにシフトしていることが明らかになった。(2022/3/28)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
インドで作られた5Gスマホ「Infinix Zero 5」に触れる 世界展開できる品質か?
Infinixというメーカーの5Gスマホ「Zero 5」を購入した。中国のTranssionが展開するブランドで、アフリカやインドで人気だ。同ブランド初の5GスマホはMade in India、インド製のスマホとなる。その実機に触れてみた。(2022/3/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。