ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海外」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「海外」に関する情報が集まったページです。

自作ゲームキューブ・ミニがすごい グミの箱を改造した海外YouTuberの動画
製品化してほしい!(2019/5/22)

「幸せは金じゃない」:
フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路
フィリピンパブで出会った女性を追い掛け、借金500万円超を残したまま現地へ渡った「脱出老人」の末路――。待っていたのは不法滞在、困窮生活……。「海外で悠々自適なセカンドライフ」という美辞麗句とはかけ離れた一人の男の人生を追った。(2019/5/22)

セブン-イレブン、コード決済に対応 PayPayやLINE Payなど5社と独自の「7Pay」
全国のセブン-イレブン店舗で7月1日から、バーコード決済サービスに対応する。独自の「7pay」(セブンペイ)に加え、「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」の国内3社、「アリペイ」(Alipay)、「WeChat Pay」の海外2社を加えた5社のサービスが利用できるようになる。(2019/5/21)

ヌード、あるいは手術体験告白で 米国で続々成立する中絶禁止法、エマ・ワトソンら海外セレブの抗議投稿相次ぐ
アラバマ州で同法案に賛成したのは25人の白人男性。(2019/5/19)

金属3Dプリンタ:
“量産”に使える金属3Dプリンタ、カギとなる技術を三菱重工工作機械が開発
三菱重工工作機械は海外市場に向けて金属3Dプリンタの展開を開始することを発表した。2019年5月20〜23日に米国デトロイトで開催される先端立体造形技術の見本市「RAPID+TCT2019」で、金属3Dプリンタ「LAMDA」を披露し、世界初となる関連技術「モニタリングフィードバック機能」や「ローカルシールド機能」などを紹介する。(2019/5/17)

自動運転技術:
日産プロパイロット2.0、ステアリング手放しの実現には高精度地図が不可欠だった
日産自動車は2019年5月16日、横浜市の本社で会見を開き、運転支援システムの第2世代「プロパイロット 2.0」の概要を発表した。2019年秋に日本で発売する「スカイライン」を筆頭に、海外市場や他のモデルでもプロパイロット 2.0を展開する。(2019/5/17)

マンホールをIoT計測しAIで異常検知など、下水道新技術9件を国交省が研究対象に採択
国土交通省は、2019年度のB-DASHプロジェクトと下水道応用技術研究の対象として計9件の新技術を採択した。B-DASHプロジェクトとは、新技術の研究開発および実用化を加速することで、下水道事業における低炭素/循環型社会の構築やライフサイクルコスト縮減、浸水の対策、老朽化対策などを実現し、企業による水ビジネスの海外展開を支援することを目的に、2011年度よりスタートした下水道革新的技術実証事業を指す。(2019/5/17)

PR:石油インフラを担うグローバル企業の「財務戦略」 海外子会社設立の“壁”を乗り越えた改革とは?
エネルギーの「上流部門」を手掛ける日本最大の石油・天然ガス開発企業である国際石油開発帝石(INPEX)。グループ財務のさらなる高度化に向け、シンガポールに金融子会社設立を決断した。しかし、既存の仕組みでは対応困難な課題に直面。解決のために白羽の矢を立てたのが、キリバのクラウド型グローバル財務管理ソリューションだった。(2019/5/16)

auから「Galaxy A30」が登場 おサイフ+防水・防塵+ストラップホールで日本仕様に【写真追加】
サムスン電子のミドルレンジGalaxyの最新モデル「Galaxy A30」がauから発売される。海外向けモデルをベースに、日本市場において求められる機能を搭載したオリジナルモデルだ。(2019/5/13)

もはやただのモノクロ版……? 海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」OPをオレオで作った動画が比較してわかるすごさ
ドラマ本編はもうすぐ最終回です。(2019/5/13)

内蔵ストレージは「64GB」:
「Xperia 1」がソフトバンクに上陸 日本仕様のハードウェアに海外仕様の外観
ソフトバンクが、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」の取り扱いを決定。おサイフケータイやフルセグ・ワンセグといった日本オリジナル機能を搭載しつつ、海外モデルとほぼ同等の外観を備えている。(2019/5/10)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
アクションカムが不要になるアウトドア向けスマホ「Trekker X4」がカッコいい
アウトドアでの利用を第一に考えたタフな性能を持つスマートフォンの専業メーカーが海外にはいくつかあります。Crosscallもその1つで、欧州などで製品を展開しています。その最新モデル「Trekker X4」はタフで強固なボディーに使いやすい工夫を加えたスマートフォンです。(2019/5/4)

「海外旅行に行く小学生をテレビで見て謎の敗北感」 「毎日でぶどり」の「大型連休あるある」が身につまされる
ほかにも「休みはあるが金がない」など……ウン……。(2019/5/2)

ZOZO株価が急落 成長ペースの鈍化に懸念?
PBの海外事業から撤退。(2019/4/26)

10連休でペットとお出かけ? お留守番? サービスいろいろ
27日から10連休が始まる。いつものゴールデンウイークより長い休みを利用して、海外旅行に出かける人も多いだろう。だが、家族の一員としてペットを飼っていて、家を空けられないという人も。家族の誰かがお出かけを我慢したり、交代で家に残ったり。そんなペットオーナーに向けて、便利なサービスが提供されている。(2019/4/26)

ZOZO通期、特損21億円 海外PB撤退費用、旧「ZOZOSUIT」製造装置の減損などで
ZOZOの通期決算(連結)は、最終益が前期比20.7%減の159億円にとどまった。プライベートブランドの海外展開からの撤退費用や、旧ZOZOSUIT製造のために購入した機材の減損などで21億円の特別損失を計上した。(2019/4/25)

世界を読み解くニュース・サロン:
海外でも議論噴出 なぜ「高齢ドライバー」の運転を止められないのか
東京・池袋で発生した高齢ドライバーによる死亡事故。ドライバーは運転能力低下を認識していたのに、なぜ運転を続けてしまったのか。私たち自身が責任を持って、高齢ドライバーへの向き合い方を考える必要がある。(2019/4/25)

東芝とKDDIが海外IoTビジネスで提携 
両社のIoT基盤を連携させ、世界展開する顧客企業向けにIoT機器の通信接続からデータ収集、分析などをワンストップで提供して、事業の拡大につなげる。(2019/4/24)

レンタルWi-Fiにはない「圧倒的な利便性」 海外SIMに注力するアイツーの戦略
アイツーは、自社ブランドの「トラベルSIM anyware」や「トラベルe-sim」に加え、「GigSky」も取り扱うなど、多彩なバリエーションの海外用SIMカードを販売している。なぜ海外用SIMカードに着目したのか? ローミング専用SIMカードの現状をアイツーのJag山本氏に聞いた。(2019/4/24)

KDDIと東芝、IoTで協業 日本企業の海外進出を支援「5G生かしたい」
KDDIと東芝がIoT事業で協業する。両社の強みを生かし、IoT通信プラットフォームで日本企業の海外進出を後押しする。(2019/4/23)

シンガポールに新業態店を展開:
ドンキが海外で焼き芋を売りまくっていた! “特化型”の小さな店も国際空港にオープン
“シンガポール版ドンキ”ともいえる「DON DON DONKI」。17年1月にオープンしてから、連日人気ができるほど人気なのが焼き芋だ。ついに焼き芋をメインにした小型店を現地の空港内にオープンすることになった。(2019/4/23)

吉本興業とNTTが新会社 国産プラットフォーム事業
吉本興業の持つエンターテインメント事業とNTTの情報通信事業技術に加え、出資に加わる官民ファンドの「クールジャパン機構」の海外事業支援のノウハウを連携させ、国内、アジアを中心とした海外向けのコンテンツ配信を目指す。(2019/4/22)

海外の設計案件を受注するカギを聞く:
PR:“二子玉川 蔦屋家電”を手掛けたアイケイジーの設計業務でAutoCAD LT for Macが必要とされる理由とは?
「二子玉川 蔦屋家電」の内装設計を手掛けたことや、国内外のアワード受賞で知られる一級建築士事務所アイケイジー。同事務所の日々の設計業務を支えているのが、2018年11月にリリースされた「Autodesk AutoCAD LT 2019 for Mac」だ。この“Mac版”のAutoCADが、海外案件の受注や設計業務を行う上で、非常に重要な役割を担っているという。その理由や導入のメリットを、アイケイジーの設計担当者に聞いた。(2019/4/22)

関西2府8県の観光PR動画に海外から「美しい」「行きたい」の声 没入感がすごいハイパーラプスを多用した8K映像に反響
海外から「お金を貯めて行きたい」といった声も上がっています。(2019/4/20)

「沢山の夢を見つけてきなさい」 つるの剛士、海外へ旅立つ長男へ“親子ショット”とともに激励メッセージ贈る
アップした写真の数々に長男との思い出。(2019/4/17)

「空飛ぶクルマ」への挑戦 日本の革新力を培う好機
都市の上空をクルマが飛び交う−。そんなSF映画さながらの未来図は、決して絵空事ではない。海外では、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな企業が「空飛ぶクルマ」の開発競争を繰り広げ、日本でも実用化に向け、官民一体の取り組みが本格化してきた。空を活用した次世代の移動手段による「空の移動革命」への挑戦は、日本経済に何をもたらすのか。(2019/4/17)

欧米で話題:
GW10連休……世界を食べ年730万円もらう旅、いかが?
皇位継承に伴い、今年は4月27日から5月6日までのゴールデンウイーク(GW)が10連休となる。めったにない超大型連休とあって、国内・海外問わず、普段のGWよりも長期の旅行を存分に楽しむ人々が多いはずだ。(2019/4/17)

SF映画さながら:
「空飛ぶクルマ」への挑戦 日本の革新力を培う好機
都市の上空をクルマが飛び交う――。そんなSF映画さながらの未来図は、決して絵空事ではない。海外では、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな企業が「空飛ぶクルマ」の開発競争を繰り広げ、日本でも実用化に向け、官民一体の取り組みが本格化してきた。空を活用した次世代の移動手段による「空の移動革命」への挑戦は、日本経済に何をもたらすのか。(2019/4/15)

ハノーバーメッセ2019:
出展規模は2倍に、ロボットソリューションの海外開拓に注力するヤマハ発動機
ヤマハ発動機は、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、2018年に続いて2回目の出展。「製造ラインの生産性向上を実現するYAMAHA ROBOT BEST SOLUTION」をブーステーマとし、ロボット関連製品のソリューション提案を行った。(2019/4/12)

KDDI、海外渡航者向けにeSIMサービス 5GB/30日間で5800円から GigSkyと連携
デュアルSIM対応iPhoneで使える、海外長期滞在者向けのデータ通信サービスをKDDIが提供開始する。(2019/4/11)

平愛梨、トルコ移住の三瓶とイスタンブール散策へ 「気の知れた友達ってホント大事」と親友の存在に安心感
心細い海外生活もこれで安心。(2019/4/11)

KDDIがiPhoneの海外データ通信向けeSIMを提供 5GBで5800円〜
KDDIが、iPhone XS/XS Max/XRで利用できる、海外のデータ通信用eSIMサービスを提供する。対象地域は米国、カナダ、メキシコなど。「30日プラン 5GB」が5800円、「30日プラン 8GB」が8900円。(2019/4/11)

角に置けるピースが多過ぎる 海外で話題の“普通の解き方だと解けないジグソーパズル”が面白そう 日本の美大生が制作
ピースの数は少ないのに、めっちゃムズい。(2019/4/9)

ハノーバーメッセ2019:
積層信号灯による「簡単見える化」で海外市場開拓へ、パトライトの挑戦
パトライトは、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、「AirGRID」など積層信号灯を活用した簡単見える化ソリューションを紹介した。インダストリー4.0などで工場内のデータ活用が広がりを見せる中、海外での販路拡大に取り組む方針である。(2019/4/8)

「アベンジャーズ/エンドゲーム」公開までにマーベル作品どの順番で見たらいい? 海外メディアが作成したカレンダーが有能
1日1本MCU。(2019/4/5)

今年度は「再スタートの年」:
スバル、揺らぐ「安全神話」 相次ぐ品質問題 海外偏重でひずみ
無資格者による完成検査、燃費・排ガスデータ改竄(かいざん)、大規模リコール……。国内自動車大手SUBARU(スバル)で、不正を含む数々の品質管理問題が噴出し、その影響が業績を直撃している。戦前の大手航空機メーカーを母体とし、品質や安全性が高く評価されてきただけに、問題の根絶は社運を懸けた取り組みだ。今年度を「再スタートの年」(中村知美社長)に位置づける同社は、ブランド復権に向け正念場を迎えている。(臼井慎太郎)(2019/4/4)

「日本の映画料金は海外よりも高い」って本当? 米国との比較で見えてくる“どの映画館も1800円”のおかしさ
料金設定はほぼ全国一律。(2019/4/1)

民放連のAM廃止要請 近隣国と軋轢生む懸念も
民放連がラジオのAM放送の廃止を目指すことについて、政府には懸念も広がっている。海外まで届くAMは超短波のFMと異なり、各国が国際機関に周波数などを登録して電波の混信を回避している。日本の民放がAMを廃止した場合、「空白地帯」となった周波数の利用をめぐり、中国や韓国などの近隣国と軋轢(あつれき)が生じる懸念がある。(2019/3/28)

次世代モビリティの行方(4):
「MWC 2019」で見えた5Gとクルマの現在地
これまでスタンドアロンな存在だった自動車は、自動運転技術の導入や通信技術でつながることによって新たな「次世代モビリティ」となりつつある。本連載では、主要な海外イベントを通して、次世代モビリティの行方を探っていく。第4回は、「MWC 2019」で注目を集めた「5G」と、そのユースケースの筆頭とされる「クルマ」の関係性をレポートする。(2019/3/26)

ZOZO前澤氏所蔵? 有名絵画がオークション出品 一方で保有株の9割が担保に……
沈黙しているはずのZOZO(ゾゾ)、前澤友作社長(43)が、ネット上をざわつかせている。自慢のコレクションとみられる有名絵画の一部が海外の競売会社で売りに出されているのではないかとの指摘があるのだ。一方、ゾゾの筆頭株主でもある前澤氏だが、保有株の約9割が金融機関の担保に差し入れられていることも分かった。(2019/3/25)

DAZN、ついに巨人と提携 読売グループ口説き落とした舞台裏と“懸念”
「DAZN」に対し、球界の盟主・巨人がついに主催試合の配信を認めた。親会社の読売新聞グループ本社を抱き込んだ、至れり尽くせりの提携案で口説き落とされた格好だ。巨人戦のテレビ中継を武器に日本に君臨してきたメディアグループが、スポーツ中継の“黒船”とも呼ばれる海外の競合他社と呉越同舟に。(2019/3/20)

日本の司法制度のあり方に厳しい視線:
「ゴーン被告保釈」を海外紙はどう報じたのか
会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告が6日、東京拘置所から保釈された。保釈金10億円を納付し、住居の出入り口には監視カメラを設置することや、インターネットの使用制限など厳しい保釈条件が付いた。だが、昨年11月の逮捕以降、身柄拘束は108日に上り、多くの海外メディアは、ゴーン被告よりも日本の司法制度のあり方に厳しい視線を向けている。(2019/3/19)

クラウドSIMスマホ「jetfon」、購入者にデータ通信容量100GBをプレゼントする1000台限定キャンペーン
MAYA SYSTEMは、3月14日からクラウドSIMスマホ「jetfon」購入者を対象とした「総量1億メガのデータ通信プレゼントキャンペーン」を開催。30日間無料で利用できる国内データ通信100GB、または海外100カ国以上で使える5GBのチャージコードを提供する。キャンペーンは1000台限定のため、早期終了する場合がある。(2019/3/14)

ドコモの「パケットパック海外オプション」で50%ポイント還元キャンペーン 3月21日から
NTTドコモは、3月21日から海外パケット定額サービス「パケットパック海外オプション」で50%ポイント還元キャンペーンを行う。エントリー受付期間中にキャンペーンサイトから2回線以上の携帯電話番号をグループ登録し、対象期間中に「パケットパック海外オプション」を利用すれば対象となる。利用対象期間は、第1弾が3月21日〜4月7日、第2弾が4月26日〜5月12日となる。(2019/3/14)

ダウンロード違法化拡大の見送りに「大変遺憾」 賛成派のコンテンツ海外流通促進機構が表明
2月には「一部の権利者の意向によってわが国の法的措置の内容が後退することがあってはならない」と意見していました。(2019/3/14)

違法DL規制拡大見送り「大変遺憾」 権利者団体・CODAがコメント
違法DL規制を拡大する政府の著作権法改正案の今国会提出が見送られことを受け、コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は3月13日、「大変遺憾」とする声明を、後藤健郎会長名で公表した。(2019/3/14)

これが最強の耐氷雪タイヤか……! 海外YouTuber、クルマに丸ノコを装着した魔改造マシンで凍った湖面を走る
おいおいおい、あいつら沈むわ。(2019/3/12)

ランサムウェア+標的型攻撃=? 新たな攻撃、被害は数百万ドル
海外で「標的型ランサムウェア」による被害が広がっている。ランサムウェアというと「脆弱性が存在するPCやIT機器を無差別に襲うもの」というイメージもあるが、違うタイプという。対策は。(2019/3/12)

損保、データサイエンティスト確保に四苦八苦 年収1200万円でも海外より割安
損害保険業界で「データサイエンティスト」の確保が課題となっている。人材の争奪戦は業種、国境を越えて激化している。雇用条件の良い国内外のスタートアップ企業や自動車業界などに人材は流れがちで、損保業界の人材確保の苦労は他業種以上だ。(2019/3/11)

架空世界で「認証」を知る:
ジャック・バウアーは暴走しすぎ? 海外ドラマ「24」にみる政府機関のハッキング
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第11回のテーマは架空世界の「政府機関によるハッキング」について。(2019/3/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。