ニュース
» 2017年01月11日 07時16分 UPDATE

Appleの「Swift」開発者でプロジェクトリーダーのクリス・ラトナー氏が退社

Appleのオープンソースプログラミング言語「Swift」を開発し、プロジェクトのトップを務めてきたクリス・ラトナー氏がAppleを退社する。【UPDATE】同氏はTeslaの自動運転ソフト責任者に就任する。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 swift 1 クリス・ラトナー氏(LinkedInより)

 米Appleのオープンソースのプログラミング言語「Swift」の開発者で、プロジェクトのトップを務めるクリス・ラトナー氏がAppleを退社する。同氏がSwiftコミュニティーのメーリングリストで1月10日に発表した。

 ラトナー氏は退社後の具体的な計画は明らかにしておらず、「新たな分野を開拓する目的」で退社するとしている。Appleを離れても、Swiftのコアチームのアクティブメンバーとしてとどまり、今後もSwiftにコミットしていくという。

 Swiftは、Appleが2014年のWWDCで発表したプログラミング言語。2015年にオープンソース化された。

 swift Appleは今年、Swift 4をリリースする見込みだ

 同氏の後任は、Apple生え抜きで現在は言語関連の上級マネジャーを務めるテッド・クレメネック氏。2009年からラトナー氏が立ち上げたLLVMのプロジェクトに参加している。ラトナー氏は、「Swift 4は新プロジェクトリードのテッドの下で、本当に強力なアップデートになるだろう」と語った。

【UPDATE】米Teslaは同日、ラトナー氏を自動運転ソフトの責任者に迎えたと発表した(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -