ニュース
» 2017年02月28日 11時00分 UPDATE

日本IBM、ブロックチェーン向けクラウドサービスを提供開始

ブロックチェーンクラウドサービス「IBM Blockchain on Bluemix High Security Business Network(HSBN)」を開始。ブロックチェーンネットワークを形成し、スマートコントラクトと分散台帳を共有できるモデルの構築が可能になる。

[ITmedia]

 日本IBMは2月27日、ブロックチェーン技術の活用と高度なセキュリティが必要な業務に対応できるブロックチェーンクラウドサービス「IBM Blockchain on Bluemix High Security Business Network(以下HSBN)」の提供を同日より開始した。利用料金は月額160万円(税別、HSBNおよびIBM Bluemixの基本利用料とサポート料込み)から。

 HSBNは、取引履歴を保存、共有する「分散台帳」、取引ルールを規定する「スマート・コントラクト」、取引をシステム上で確定する「合意形成」、取引の安全性を確保および認証する「暗号技術」を提供する。これにより、特定の業界や団体単位でブロックチェーンネットワークを形成し、スマートコントラクトと分散台帳を共有できるモデルの構築が可能だという。

 HSBNは、FIPS 140-2 Level 4というハードウェア暗号化技術に準拠する暗号鍵によるデータ管理や、「IBM Secure Service Container」というセキュリティを有するメインフレームテクノロジーをベースとしたLinux専用エンタープライズサーバ「IBM LinuxONE」などの技術で構成される。ブロックチェーンネットワークの参加者は、これらの技術を採用することで、マルウェアからの攻撃やなりすましなどの内部犯行によるデータ漏えい、改ざん、不正操作を防御できるという。

 また、国内データセンターからHSBNを提供されるので、国内での保有が求められている機密データの活用や保管が可能で、データの保管場所やプライバシーに関して高まる業界の課題に対応するとしている。

 IBMは、Linux Foundationが中心となっているオープンソースのブロックチェーン技術推進コミュニティー「Hyperledger Project(ハイパーレッジャー・プロジェクト)」のプレミアメンバーとしてオープンテクノロジーを基盤とするブロックチェーン技術の開発を推進し、実用に向けた取り組みを世界各国で展開している。IBMのブロックチェーン技術は、ハイパーレジャー・プロジェクトが開発を進めるハイパーレジャー・ファブリックを採用しており、顧客企業が運用するオンプレミス環境向けアプリケーションに加えて、IBM BluemixおよびHSBNのクラウドサービスとして提供されるという。

 また日本IBMは、ブロックチェーンの実証実験や実用を視野に入れたアプリケーションの短期開発を支援するため、HSBNの提供とあわせて「IBM Bluemix Garage」を提案するとしている。IBM自らの製品開発で確立した「IBM Design Thinking」というデザイン手法とグローバルの知見を用いて、新たな顧客体験を創出するためのワークショップの開催、プロトタイプ開発やユーザーテストによるアイデアの検証、IBM Bluemixを活用する高品質なアプリケーションの短期開発などを支援するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ