ニュース
» 2017年04月01日 06時55分 UPDATE

Twitterの“たまごプロフィール”(画像が初期設定)が人のシルエットに

Twitterが、初期設定のままのプロフィール画像を、従来の“たまご”から中性的な人のシルエットに変更した。既存ユーザーの画像も既に自動的に変わっている。(エイプリルフールではありません。)

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは3月31日(現地時間)、初期設定のままのプロフィール画像のデザインを、従来の“たまご”から中性的な人のシルエットに変更したと発表した。

 egg 1 右が新しい初期設定のプロフィール画像

 Twitterはデザイン変更の理由として以下の3つを挙げている。

  • ダイバーシティと自己表現を重視するというTwitterの方針を反映させるための取り組みの一環として、プロフィール画像も変える時だと気づいた
  • たまごの画像を楽しく、かわいいと感じるユーザーが、気に入ってそのまま使うケースがあるが、Twitterとしてはもっと自分らしさを出してほしい
  • いじめや嫌がらせ目的のアカウント作成ではたまごのままの場合が多く、そのためたまごの画像とネガティブな行為が関連付けられてしまった

 新しい初期設定のプロフィール画像のデザインに当たっては、ダイバーシティを考慮して中性的で人種を想起させないものにし、暫定的なものであることを分かりやすくするよう留意したという。

 egg 2 デザイン案

 たまごを惜しむ声が多くなりそうだが、初期設定のプロフィール画像がたまごになったのは2010年のことだ。それ以前は、顔のようなものや、Twitterのロゴだったこともある。

 egg 3 初期設定プロフィール画像の移り変わり

 この変更は既に有効になっており、新しいアカウントを初期設定プロフィールで作成すると、プロフィール画像は人のシルエットになる。

 egg 4

 たまごのままにしてある既存アカウントも、自動的に新しい画像に切り替わっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ