ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年08月19日 10時04分 UPDATE

Twitter、「通知」制限と「クオリティフィルター」機能を追加──いじめ対策の一環か

Twitterが、“品質の低い”ツイートをタイムラインに表示しないようにする「クオリティフィルター」と、「通知」を、フォローしているユーザーのものだけに制限する機能を追加した(ローリングアウト中)。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitterは8月18日(現地時間)、“ユーザー体験を制御する”ための2つの新機能を発表した。いずれもユーザーが(自分にとって)不愉快なツイートをタイムライン上に表示しなくて済むようにするための機能だ。同日から数日かけて全ユーザーに“ローリングアウト”していく。

 「通知」設定画面に、「フォローしているユーザーのみ」および「クオリティフィルター」という項目が表示されるようになる。

 notification 1

 「フォローしているユーザーのみ」をオンにすると、フォローしているユーザーと、Twitter上で会話をしたユーザー以外のユーザーからの通知は受け取らなくなる。

 「クオリティフィルター」をオンにすると、例えば自動生成されたツイートや同じアカウントが何度も同じツイートを繰り返すものなどがタイムライン上に表示されなくなる。クオリティが低いかどうかの判断は、Twitterのアルゴリズムが各アカウントの内容や行動などの複数の要因を基に判断する。この機能は2015年から承認済みアカウントでテストされてきたものだ。

 notification 2 日本語版

 これらの設定を簡易化するために、従来はプロフィールの設定にあった通知設定に、通知タブから直接アクセスできるようにもする。

 これらの新機能で、少なくとも知らない相手からのスパムツイートや、執拗に繰り返されるいじめツイートをタイムライン上で見なくて済むようになりそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.