ニュース
» 2017年04月10日 08時30分 UPDATE

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを4月11日に公開

Flash Playerなどの更新版が同時に公開される可能性もある。MicrosoftもWindowsの月例セキュリティ情報を米国時間の4月11日に公開する見通し。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Adobe Systemsは、Adobe AcrobatとAdobe Readerの脆弱(ぜいじゃく)性を修正するセキュリティアップデートを米国時間の4月11日に公開すると予告した。

 Adobeが4月6日に公開した事前告知によると、アップデートはWindowsとMac向けのAcrobat/Readerが対象となる。脆弱性は、Acrobat DC/Acrobat Reader DCの連続トラックが15.023.20070までのバージョンに、クラシックトラックは15.006.30280までのバージョンに、Acrobat XI/Reader XIは11.0.19までのバージョンにそれぞれ存在する。

Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog Adobe Product Security Incident Response Team (PSIRT) Blog

 優先度は「2」に指定され、アップデートの公開から30日以内をメドに適用することが推奨される。

 事前告知は行っていないものの、Adobeは同日、Flash Playerなど他のソフトウェアのアップデートを併せて公開する可能性もある。また、MicrosoftもWindowsの月例セキュリティ情報を米国時間の4月11日に公開する見通し。

Adobe Security Bulletin 脆弱(ぜいじゃく)性の情報はAdobe Security Bulletinで公開されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ