ニュース
» 2017年11月08日 11時48分 公開

Facebook、リベンジポルノを未然に防ぐ機能をテスト中 メッセンジャーで自分宛に写真送付

Facebookが、拡散されたくない写真をFacebook Messengerで自分宛に送ると、AIがその写真のフィンガープリントをサーバに保存し、照合することで同じ写真の投稿を未然に防ぐリベンジポルノ対策を4カ国でテスト中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookがオーストラリア他3カ国でAI採用の新しいリベンジポルノ対策機能をテスト中だと、オーストラリアのメディアABCが11月7日(現地時間)、Facebookの担当者のコメント付きで報じた。

 revenge 1

 同社は4月、AI採用のリベンジポルノ対策ツールを追加した。これは、報告された画像のフィンガープリント(デジタルコンテンツの一意性を確認するためのデータ)を抽出し、同じ画像が投稿されそうになると阻止するというもの。

 revenge 2 投稿された写真の特定には既にAIが採用されている

 テスト中のツールはこれを一歩進めたもので、拡散されたくない写真を持つユーザーが、その写真をFacebook Messengerで自分宛に送ると、FacebookのAIがその写真のフィンガープリントを保存し、将来誰かが同じ写真を投稿しようとすると阻止する。

 Facebookのグローバルセーフティ責任者のアンティゴーネ・デイビス氏はABCに対し「Facebookコミュニティの安全と快適さはわれわれの最優先事項だ」と語った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -