ニュース
» 2017年11月16日 10時15分 公開

組織を脅かす「ファイルレス攻撃」のリスク増大 従来比で攻撃成功率が10倍

従来型のエンドポイントセキュリティの隙を突くファイルレス攻撃が台頭し、攻撃が成功した事例の77%でファイルレスの手口が使われていた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 添付ファイルなどを使ってマルウェアに感染させるような、従来の手口とは異なる「ファイルレス攻撃」のリスクが増大している。米セキュリティ企業BarklyとPonemon Instituteは、このほど発表したエンドポイントのセキュリティリスクに関する2017年版の報告書で、そうした攻撃に警鐘を鳴らした。

 両社は、組織のITやセキュリティ担当の幹部665人を対象に調査を実施。その結果、回答者の7割が、過去1年の間にエンドポイントセキュリティリスクは大幅に増大したと回答した。データやITインフラが被害に遭ったという組織は54%に上った。

 中でも、従来型のエンドポイントセキュリティの隙を突くファイルレス攻撃が台頭し、攻撃が成功した事例の77%でファイルレスの手口が使われていたという。ファイルレス攻撃は、ファイルを使った攻撃に比べて、成功率が10倍になると指摘している。

photo 調査では、攻撃が成功した事例の77%でファイルレスの手口が使われていたことが判明。ファイルレス攻撃は、ファイルを使った攻撃に比べて、成功率が10倍になるという(出典:Barkly)

 こうした中で、ファイルのスキャンと定義ファイルに依存するウイルス対策プログラムなど、従来型の対策に対する信頼度は低下傾向にある。5組織中4組織は、2017年にファイルレス攻撃に対応した新しいセキュリティツールへの入れ替えまたは増強を行ったと回答した。

 一方で、ランサムウェアが重大なリスクを及ぼす状況も変わっていない。2017年中にランサムウェア関連の事案に見舞われた組織は54%に上り、被害組織のほぼ3分の2が身代金を支払ったことを認めた。支払った身代金の平均は3675ドルだった。

 大企業に対する攻撃が成功した場合、ダウンタイムや生産性消失、情報流出やインフラ破壊への対応などに伴うコストは平均で500万ドルを超えるという。

photo 大企業に対する攻撃が成功した場合、ダウンタイムや生産性消失、情報流出やインフラ破壊への対応などに伴うコストは平均で500万ドルを超えるという(出典:Barkly)

 Barklyなどはファイルレス攻撃にも対応したエンドポイントセキュリティ製品を提供する立場から、組織がリスクを低減するためには、従来型のウイルス対策製品を乗り越えて、ファイルレスの手口に対する防御策に投資する必要があると呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -