ニュース
» 2017年12月13日 09時30分 公開

Microsoft、12月の月例セキュリティ更新プログラム公開 32件の脆弱性を修正

Internet Explorer(IE)やEdge、Windowsなどに深刻な脆弱性が存在する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Microsoftは12月12日(日本時間13日)、月例セキュリティ更新プログラムを公開した。Internet Explorer(IE)やEdge、Windowsなどに存在する深刻な脆弱性が修正されている。

 脆弱性を修正する更新プログラムのうち、IE 9〜11、Edge、Windows Server 2008〜2016、Windows 7〜10、Adobe Flash Player、ChakraCoreを対象とする更新プログラムは、深刻度が同社の4段階評価で最も高い「緊急」に分類されている。

photo Microsoftは12月12日に月例セキュリティ更新プログラムを公開した

 一方、深刻度が上から2番目の「重要」指定の更新プログラムは、Exchange Server 2013〜2016、Office 2010〜2016およびOffice 2016 for Mac、SharePoint Enterprise Server 2016、Word 2007〜2016を対象とする。

 セキュリティ企業Trend Micro傘下のZero Day Initiative(ZDI)によると、今回の更新プログラムでは計32件の脆弱性が修正されている。内訳は「緊急」が20件、「重要」が12件。いずれの脆弱性も、現時点で攻撃の発生や一般への情報公開は確認されていないという。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -