ニュース
» 2018年02月24日 07時51分 公開

Googleアシスタントがマルチリンガルに

GoogleのAIアシスタント「Googleアシスタント」のサポート言語が年内に30以上になり、マルチリンガルになる。まずは英、仏、独のみ対応だが、将来的には日本語と英語で命令できるようになりそうだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月23日(現地時間)、AIアシスタント「Googleアシスタント」の今後の取り組みについて説明した。サポート言語を増やし、“マルチリンガル”にする他、幾つかの新機能を提供していく。

サポート言語を年内に30カ国語以上に

 サポート言語は現在、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の8カ国語だが、年末までに30カ国語以上に増やす。まず向う数カ月中に、AndroidおよびiOS端末上のGoogleアシスタントで、デンマーク語、オランダ語、ヒンディー語、インドネシア語、ノルウェー語、スウェーデン語、タイ語をサポートする。対応端末と言語は段階的に増やしていく。

 assistant 1 現在のサポート言語

マルチリンガル化(まずは英、仏、独)

 マルチリンガル化は、まずは英語、フランス語、ドイツ語で始め、段階的にサポート言語を増やしていく。現在は設定言語を日本語にしておくと、英語で話しかけても日本語として聞き取るか、その単語の意味を翻訳するかだが、日本語で話しかければ日本語で、英語で話しかければ英語で対応するようになる見込みだ。

 assistant 2 英語として聞き取るとその翻訳を示す現在のGoogleアシスタント

ソニーモバイルやLGの端末でのGoogleアシスタント統合強化

 OEMメーカー製Android端末で、端末独自のコマンドに対応するようになる。例えば独自のカメラ機能として「ワイドアングル」があれば、「ねえGoogle、ワイドアングルで写真を撮って」と命令できる。また、AIプロセッサ搭載端末ではAIと統合でき、画面がオフになったまま「Hey Google」などで起動できるようになる。まずは、ソニーモバイル、LG Electronics、Xiaomiが対応する。

 また、通信キャリアとも協力しており、ユーザーはGoogleアシスタント経由でキャリアのカスタマーサポートを受けられるようになる。まずはSprintやVodafoneなどが対応した(日本のキャリアはまだ)。

 OEMによるGoogleアシスタント対応については、2月26日からバルセロナで開催の「Mobile World Congress 2018」で発表がある見込みだ。

定型アクションと位置情報ベースのリマインダー

 米Amazon.comのAlexaで使える「定型アクション」と同様に、1つの実行条件で複数のアクションを実行させられるようになる。まずは向う数週間中に英語で可能になる。6つまでの定型アクションを設定できる。例えば、「ねえGoogle、ただいま」と言ったら照明をつけ、音楽を再生し、家でのリマインダーを言うというように。

 位置情報ベースのリマインダーは、英語ではスマートフォンで既に使えるが、向う数週間で、「Google Home」などのスマートスピーカーで設定した位置情報ベースのリマインダーを、スマートフォンで通知できるようになる。例えば、自宅のGoogle Homeに「ねえGoogle、職場についたら○○さんにメールするとリマインドして」と頼んでおくと、同じGoogleアカウントのスマートフォンを持って職場についた時にスマートフォンにリマインダーが表示される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -