ニュース
» 2018年05月08日 20時30分 公開

Build 2018:「Microsoft Store」アプリの開発者収益配分を95%に

Microsoftが、Windowsのアプリストア「Microsoft Store」に登録するアプリの開発者収益配分を、現在の70%から95%に引き上げると発表した。ゲームは従来通りで、Microsoftが何らかの形で売り上げに貢献した場合は85%になる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは5月7日(現地時間)、年次開発者会議「Build 2018」の開催に合わせてWindowsのアプリストア「Microsoft Store」で販売するアプリの開発者側の収益配分を95%に上げると発表した。ただし、ゲームは従来通りの配分(70%)のままだ。新配分の開始は「年内」という。

 アプリ開発者契約によると、現在はアプリの収益配分は70%、アプリ内課金の収益配分は85%だ。

 app 現在のアプリ開発者契約

 これが、アプリもアプリ内課金も95%になる。なお、Microsoftの何らかの紹介(Microsoft Storeの「おすすめ」など)経由で売れた場合は85%になる。

 app 2 Microsoft Storeの「おすすめ」

 米AppleのApp Storeはアプリおよびアプリ内購入は70%サブスクリプションの場合は1年後に85%になるシステム。米GoogleのGoogle Play Storeも、アプリおよびアプリ内購入の開発者配分は70%、サブスクリプションは1年後に85%になる(2018年1月1日より)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -