ニュース
» 2018年05月09日 14時22分 公開

Google I/O:「Chrome OS」がLinuxをサポート 「Android Studio」でのアプリ開発が可能に

Googleが、ChromebookでLinuxをサポートすると発表した。これでChromebookではAndroidアプリを利用するだけでなく、開発もできるようになる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月8日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O 2018」で、「Chrome OS」を搭載する「Chromebook」でLinuxをサポートすると発表した。Chromebook上でLinuxのアプリを稼働できるようになる。

 Chromebookは立ち上げ段階ではChromeブラウザ向けのWebアプリのみ稼働可能だったが、昨年Google Play Storeで公開されている多くのAndroidアプリが稼働するようになった

 Googleは「Linuxをサポートすることで、開発者はAndroidおよびWebアプリをChromebook上で開発し、稼働テストもできるようになる」と説明する。Androidアプリ開発環境の「Android Studio」にはWindows、macOS、Linux版があり、Chrome OSがLinuxをサポートすればLinux版のAndroid Studioを使えるようになるのだ。

 linux 1 Android Studio

 Linuxは、Chromebook向けにゼロから設計した専用の仮想マシン(VM)で実行される。Linuxアプリは他のアプリと同様にアイコンをクリックすることで起動でき、開いたアプリはデスクトップを移動でき、アプリ内のファイルを直接開くことも可能だ。

 linux 2

 新ツールのプレビュー版はまずGoogleのオリジナルChromebook「Pixelbook」で間もなく使えるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -