ニュース
» 2018年08月10日 10時02分 公開

Samsung、「Bixby」搭載スマートスピーカー「Galaxy Home」でSpotifyと提携

Samsungが、「Galaxy Note9」と同時に初のオリジナルスマートスピーカー「Galaxy Home」を発表した。買収したHarman傘下のAKGのサウンド技術を採用し、音楽サービスでSpotifyと提携した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは8月9日(現地時間)、米ニューヨークで開催した「Galaxy UNPACKED 2018」イベントで、うわさされていたスマートスピーカー「Galaxy Home」を発表した。発売時期は「間もなく」となっており、価格はまだ発表されていない。

 home 1 「Galaxy Home」

 同社の音声AIアシスタント「Bixby」を搭載し、2016年に買収したHarman International Industries傘下のブランド、AKGの音響技術を採用する。

 home 2 AKGの音響技術を採用

 競合のスマートスピーカーと異なり、3本の脚が付いている。スマートスピーカーとしての基本的な機能はほぼ揃っている。Samsungの一連の家電とは「Smarter Samsung」サービスでよりシームレスに連携できる。

 home 3 脚付き

 音楽サービスでは、スウェーデンSpotifyと提携し、BixbyでシームレスにSpotifyの音楽を流せる。UnpackedのイベントにはSpotifyのダニエル・エクCEOが登壇し、両社の提携について説明した。

 home 4 Spotifyのダニエル・エクCEO

 Spotifyのアカウントを持っていれば、Galaxy Homeだけでなく、すべてのGalaxy端末のセットアップでSpotifyを音楽アプリとして設定できるようになる。設定した端末では、再生中の音楽を連続して聴ける。例えば帰宅途中にスマートフォンで聴いていた音楽の続きを、家についたらGalaxy HomeやBixby搭載スマートTVで流せる。

 home 5 デバイス間連携のデモ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -