ニュース
» 2018年10月02日 12時00分 公開

たとえコストがかかっても、外してはいけないプロセスがあった:アイスの動画が「凍った」!? VDI導入に失敗したハーゲンダッツ、リベンジを成功させた教訓とは (1/2)

2018年に全社員の仮想化デスクトップ環境を「NVIDIA GRID」で刷新したハーゲンダッツジャパン。情シスの竹下新一さんによれば、それは5年前に行った仮想化の手痛い失敗から学んだ結果だという。

[高木理紗,ITmedia]

情シスの席まで駆けてきたマーケティング担当者が告げた言葉は……

photo ハーゲンダッツジャパンで情報システム部マネージャーを務める竹下新一氏

 高級アイスクリームブランド「ハーゲンダッツ」の日本支社であり、全国のコンビニやスーパーに商品を展開するハーゲンダッツジャパン。ユニークなテイストの新商品を精力的に発表する同社だが、実は社員が出張先や自宅からでも仕事ができる環境を作ろうと、全社でVDI(仮想デスクトップインフラ:Virtual Desktop Infrastructure)を導入していることをご存じだろうか。

 そのハーゲンダッツジャパンは2018年、従来のVDIを、“当初予定していたよりも早く”刷新した。同社で情報システム部のマネージャーを務める竹下新一氏によれば、決断のきっかけは、ある日情シスの席まで駆け寄ってきたマーケティング担当者の一言だったという。

 「新商品のWeb動画が動きません!」

 当時、新商品「塩キャラメルマカデミア」を発売したばかりだった同社は、自社のWebサイトで、画面の奥からアイスが飛び出してくる動画を使ったプロモーションを行っていた。ところが、当時のVDIのスペック不足が原因で動画が固まってしまい、“飛び出してくるはずのアイスが出てこない”状態になってしまっていたのだ。

photo VDI環境の刷新前(左)と刷新後(右)の動画デモンストレーションの様子。従来の環境では、出てくるはずのアイスが、出てこない……

 一体、なぜこんなことが起こったのか。同社では、「社員が出張先や自宅からでも仕事ができる環境を作りたい」という目的の下、2014年に全社員のデスクトップ環境を仮想化した。現場から「どこでも仕事ができる」と好意的に受け入れられはしたものの、「Webやアプリの動作が遅いことがある」という苦情が出始めた。一方の情シスは、そうしたトラブル対応に追われつつ、VDI導入に対する“準備不足”を痛感していたという。

 「導入前に社員がPCを使う様子をモニタリングする案もありましたが、コストがかさむため、断っていました。その代わりに情シス側で『一般ユーザー』『ヘビーユーザー』の2パターンを想定し、それぞれ必要なリソース量の仮説を立てていたのです。

 しかし、導入後に現場を調査すると、『Office 365』のExcelやPowerPointのブラウザを一度に20個余り開いて作業する社員など、想定を超えるヘビーユーザーがいることが分かりました。その時点で用意していたリソースでは、到底足りないことが明らかになったのです」(竹下氏)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -