成功者に聞く!  ビジネスIT活用大全2013:最新クラウドのススメ

 企業のIT環境が抱える課題は多い。ワークスタイルの多様化に対応しながらコラボレーションを促進するのはもちろんのこと、 業態によってはITによるペーパーレス支援やグローバル化への対応まで求められる。そして何より、堅牢なセキュリティやTCOの最適化も重要だ。
 そんなわがままな望みを叶えてくれるのが、クラウド化した Office アプリケーション (Office 365 ProPlus) を持つクラウドサービス「Office 365」。 本企画を通じOffice 365でビジネスを改善する取り組みを紹介していこう。

Pick Up!

Surface ProとOffice 365の組み合わせで効率アップ:
(2014年1月15日)
気鋭の緑化事業者はなぜOffice 365を選んだか?:
(2014年1月14日)
見積もりを取ったら驚いた:
(2013年12月4日)

パートナー戦略/パートナー事例

Office 365が生み出す新たな可能性:
(2013年7月16日)
これからの中堅・中小企業にはクラウドが必須:
(2013年4月18日)
NASのクラウド化やXPのサポート切れが商機になっている:
(2013年4月2日)
クラウドを通じて自社の主力商材販売につなげる:
(2013年3月28日)
新たにライセンスを仕入れ再販できるプランが登場:
(2013年3月14日)

グローバル対応

中小企業のチカラを引き出すクラウド:
(2013年7月10日)
多国語対応サイトを低コストで自製:
(2013年6月25日)

ワークスタイル多様化への対応

Office 365でワークスタイルは、ここまで変わる:
(2013年7月22日)
中小企業のチカラを引き出すクラウド:
(2013年3月25日)

ペーパーレスおよび業務効率化

使い慣れたインターフェイスで違和感なく移行:
(2013年5月29日)
人情肌の経営者はなぜOffice 365を選んだか?:
(2013年5月14日)
業務の柱“メール”の運用課題をどうやって解決したのか?:
(2013年5月8日)
中小企業のチカラを引き出すクラウド:
(2013年3月25日)

事業継続/セキュリティ

中小企業のチカラを引き出すクラウド:
(2013年5月15日)

管理の容易性/コスト削減

プロジェクト推進

Webサイト活用

ITに詳しくなくてもサポート電話がついているので安心できる:
(2013年4月2日)

関連記事

Microsoftの「Google Apps」対抗クラウドサービス「BPOS」の次世代版が、「Office 365」という新たな名称で2011年初旬に登場する。

(2010年10月20日)

Microsoftがリリースしたクラウド型オフィススイート「Office 365」のパブリックβ版について、企業向け機能などの特徴が紹介された。

(2011年4月20日)
Weekly Memo:

日本マイクロソフトが先週、企業向けクラウドサービス「Office 365」のパブリックベータ日本語版の提供を開始した。注目度の高いこのサービス、はたしてその正体は――。

(2011年4月25日)

日本マイクロソフトは、エンタープライズソーシャルに関する戦略説明会を開催。今夏に買収したYammerのロードマップなどについても言及した。

(2012年12月5日)

地方の中堅・中小企業などに対してICT活用の推進と、それに伴うワークスタイルの変革を促す日本マイクロソフトの大規模キャンペーンが始まった。

(2013年1月18日)
クラウド・サービスと社内システムとのID連携 最新トレンド:

IT管理者に求められるGoogle AppsやOffice 356などと社内システムとのID連携の導入。その実現方法は? まずは最新の概念や用語、技術を解説する。

(2012年9月12日)
クラウド・サービスと社内システムとのID連携 最新トレンド:

クラウド・サービスであるOffice 365でも、社内のActive Directoryアカウントを利用してシングル・サインオンできると便利だ。でも、その方法は? 社内ADをID管理基盤として利用する場合の環境構築手順を詳しく解説する。

(2012年11月14日)
クラウド・サービスと社内システムとのID連携 最新トレンド:

前回構築したOffice 365と社内Active Directoryとのアイデンティティ連携環境で、実際に社内あるいは社外からPC/スマートフォンでアクセスしてシングル・サインオンがどのように動作するのか確認する。

(2012年12月12日)

Officeや電子メールは、いまや必須のビジネス・ツールとなっていることに異論はないだろう。しかし管理者からすると、これらのツールを各人にそろえるためのコストや管理の手間は大きな負担となっている。

(2011年8月18日)
大塚商会、リコー、NTT Comが特別パートナーに

マイクロソフトは6月29日、日本を含む40カ国で「Office 365」を提供開始した。日本では、中小企業にこのサービスを使ってもらうことが大きな目標の1つとなる。

(2011年6月30日)

提供:日本マイクロソフト株式会社
ITmedia エンタープライズ 編集部/制作:ITmedia エンタープライズ 編集部/掲載内容有効期限:2013年9月30日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Office 365を使う

オンラインで3分ほど、3ステップで手続き完了。1名〜最大10名でお試しいただけます。

My Sales Sheet by Office 365

あなたがもし、マイクロソフトの製品になったとしたら、その企画書はどんな内容になる!?ユーザー層は?値段は?販売エリアは?Facebookでのあなたの行動や交友歴を分析して、PowerPointの企画書にしちゃいます!