Tips記事
» 2000年10月04日 00時00分 UPDATE

仮想コンソールを使おう

[木田佳克,ITmedia]

 Linuxの操作コンソール(tty)には,仮想を含め一般的に6つが用意されている。標準設定であれば,シェルの操作時に「Alt」+「F1」〜「F6」キーを押すことで,それぞれの画面を切り替えることが可能だ。

 たとえば現在の表示状態を保持したまま,ほかの操作をしたい場合などに便利な機能である。さらにgpmサービスが動作していれば,仮想コンソール間でコピー&ペーストも可能なため作業効率が上がるだろう。

 この仮想コンソールの設定は,/etc/inittabファイルの中で起動時にデーモンとして起動するように記述されている。

/etc/inittab
# Run gettys in standard runlevels
1:12345:respawn:/sbin/mingetty tty1
2:2345:respawn:/sbin/mingetty tty2
3:2345:respawn:/sbin/mingetty tty3
4:2345:respawn:/sbin/mingetty tty4
5:2345:respawn:/sbin/mingetty tty5
6:2345:respawn:/sbin/mingetty tty6

 もしも,仮想コンソールが6つも必要ないという場合には,必要な数以外はコメントアウトしておいてもよいだろう。多少ではあるが,使用メモリ量を減らすことが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -