Tips記事
» 2001年03月28日 00時00分 UPDATE

ApacheであらかじめHTMLの文字コードを指定しておく

[木田佳克,ITmedia]

 Webブラウザでホームページを見ている際,シフトJISの日本語文字コードページであるはずが,IEなどの文字コード判別でEUCコードなどに誤認識されてしまうことがある。これを防ぐ方法としては,HTMLソース内でMETAタグによってキャラクターコードを指定しておくのが一般的だ。参考:「ホームページを見るたびに文字化け(文字コード違い)が起こる」

 このコード指定は,httpd(Apache)側であらかじめ設定しておくことも可能だ。例として,Red Hat Linux 7のApache標準設定では,「/etc/mime.types」ファイルがこれに該当する。このファイル内に次の行を含めればよい。

"text/html; charset=x-sjis" html htm

 ただしこの方法での問題点は,すべてのHTMLファイルの文字コード指定が同じになってしまうことだ。

 特定ディレクトリの文字コードだけを変更したい場合には,「.htaccess」ファイルを作成して次のように指定すればコントロールすることができる。

AddType "text/html; charset=Shift_JIS" html htm

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ