Tips記事
» 2003年02月14日 23時37分 UPDATE

SMTP監視のアンチウイルスソフトを使いたい〜AntiVir Mailgate〜

[木田佳克,ITmedia]

 最近ではSMTPが稼働するサーバ上に多様なウイルスが通過する。ほとんどの物はWindowsプラットフォームを目的としているため、Linuxサーバ自体には実害がない。しかし、POPサーバにアクセスするクライアントはWindowsが多いことから、なるべくであればサーバ上で駆除を行いたい。このような目的に応えるSMTP対応のアンチウイルスソフトは、商用であれば各社からリリースされている。

 ここで紹介するのは、個人利用に限り無料とされているH+BEDVの「AntiVir Mailgate for Linux」だ。定期的にワクチンも配布されており、cronでスケジュールを行えば、ほぼメンテナンスフリーの環境ができあがる。

 まず最初に、H+BEDVサイトの「AntiVir for E-Mail」から「AntiVir Mailgate for Linux」項目を探し出し、ダウンロードおよびインストールをしよう。さらに、レジストリファイルが後で必要になるため、このページで登録をしておくのがよい。場合によっては、メールの到着まで数十分から数時間かかるかもしれない。

$ wget http://www.hbedv.com/files/antivir/release/avlxmgt.tgz
$ tar zxfv avlxmgt.tgz
$ cd antivir-mailgate-2.0.1.10
$ ls -l
合計 48
-rw-r--r-- 1 ykida ykida  5535 12月 3 18:56 LIESMICH
-rw-r--r-- 1 ykida ykida  4235 12月 3 18:56 README
-rw-r--r-- 1 ykida ykida     9 12月 3 18:56 VERSION
-rwxr-xr-x 1 ykida ykida  23385 12月 3 18:56 avinstall.pl
drwxr-xr-x 12 ykida ykida  4096 2月 14 22:27 avmailgate

$ su
# ./avinstall.pl
Do you agree the LICENSE (y/n):y
Enter the path of init directory

(default is: /etc/rc.d): /etc/rc.d

Enter the path where AntiVir MailGate binaries will be located
(default is: /usr/sbin): /usr/sbin

Enter the path where scan engine and virus definition file will be located
(default is: /usr/lib/AntiVir): /usr/lib/AntiVir

Enter the path where manual pages will be located (default is: ):
The directory doesn't exists. Try again!
Should I create it? (y/n): y

The automatic internet updater will check every hour
if a new update is available. Default is yes.
Install the automatic internet updater? (y/n): y

 続けてメインの設定ファイル編集を行う。


# vi /etc/avmailgate.conf
User                  uucp
Group                 uucp
Postmaster            postmaster
MyHostName            example.jp
SpoolDir              /var/spool/avmailgate
AntiVirDir            /usr/lib/AntiVir
TemporaryDir          /tmp
SMTPBanner            "AntiVir MailGate"
# PidDir /var/tmp
PidDir                /var/run/antivir
# ListenAddress  0.0.0.0  port 25
ListenAddress localhost port antivir
ForwardTo SMTP: localhost port smtp-backdoor
VirusAlertsUser       root

 上記のリストは、設定が有効になっている行だけをピックアップし、編集を行うべき個所をまとめたものだ。「#」行はあえて変更したことを明示している。中でも「PidDir」項目は注意が必要であり、デーモン稼働フラグ(PID)を記録するディレクトリを「uucp」ユーザー(グループ)に設定する必要がある。このため、次のように/var/run/ディレクトリ下に専用のディレクトリを作成しよう。

# mkdir -m 755 /var/run/antivir
# chown uucp:uucp /var/run/antivir

 ここまででデーモンとして稼働が可能だ。しかし、すぐに停止させてSMTPサーバとの連携設定を行おう。

# /etc/rc.d/init.d/avgate start
Shutting down AntiVir MailGate service:      [ OK ]
# /etc/rc.d/init.d/avgate stop
Shutting down AntiVir MailGate service:      [ OK ]

 このTipsでは、特にPostfixとの連携方法を挙げる。なお、Postfix自体の稼働までは「メールサーバを動かしたい〜Postfix編〜」Tipsを参考にしてほしい。

 連携設定は次のようになる。挙げるそれぞれの1行を最下段にでも追加すればよい。追加させる個所は問わない。

# vi /etc/postfix/master.cf

localhost:10025 inet n - n - - smtpd -o content_filter=

# vi /etc/postfix/main.cf

content_filter = smtp:127.0.0.1:10024

 冒頭で挙げたレジストファイルがメールで到着したら、サーバ外で受け取った際にはftpやSamba経由で転送し、AntiVir MailGateのバイナリディレクトリ(/usr/lib/AntiVir/)に移動する。また、このファイルをuucpユーザー(グループ)に変更しよう。

# mv ~/hbedv.key /usr/lib/AntiVir/hbedv.key
# chown uucp:uucp /usr/lib/AntiVir/hbedv.key

 ここまでで設定が完了だ。AntiVir MailGateのデーモン起動をしよう。続けてPostfixの設定も有効にすれば、すべてが稼働状態になる。

# /etc/rc.d/init.d/avgate start
Shutting down AntiVir MailGate service:      [ OK ]

# postfix stop
# postfix start

 なお、ワクチンパターンファイルの更新はcronに設定しておけばよいだろう。定期的に最新のワクチンに更新される。ここでの例は、0/3/6/9/12/15/18/23時それぞれの2分にパターン更新を実行する指定だ。cron指定については「定期的にプログラムを実行できるcronの使い方を知りたい」Tipsを参考にしてほしい。

# crontab -e

2 0,3,6,9,12,15,18,23 * * * /usr/sbin/antivirupdater -q

 実際に処理されているかどうかは、SMTPサーバを通過したメールのヘッダを見てみればよい。次のように記録されていればOKだ。

X-AntiVirus: checked by AntiVir MailGate (version: 2.0.1.10; AVE: 6.18.0.2; VDF: 6.18.0.7; host: xxxxxxx.jp)

 ウイルスがキャッチされると次に挙げるようなメールが/etc/avmailgate.confファイル内で設定したPostmaster項目のアカウント宛に届く。

AntiVir ALERT [mail from: kokiki@d7.xxxx.ne.jp]

* * * * * * * * * * * * * * * AntiVir ALERT * * * * * * * * * * * * * * * This version of AntiVir is licensed for private and non-commercial use.

AntiVir has detected the following in a mail sent through your server:

    Worm/Klez.E virus

The mail was not delivered.

It has been quarantined with the following queue id:

    25647-579F1CED

Mail-Info:

〜中略〜

--
AntiVir for UNIX
Copyright (C) 1994-2002 by H+BEDV Datentechnik GmbH. All rights reserved. For more information see http://www.antivir.de/ or http://www.hbedv.com/

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ